2011-11-19 京都会館の建物価値継承に係る検討委員会 第2回会議 傍聴メモ 概要
d0226819_13421333.jpg

会議開始前の委員会会場にて撮影

委員会の大まかな流れ
1.前回欠席の伊藤久幸委員の自己紹介と舞台裏方からみた京都会館改築への要望発言
2.岡崎委員長より、各委員への確認-本会議は「京都会館再整備基本計画」を前提とし建物価値を検討していく委員会であることを共通認識とするが、それでよいか?
3. 上記確認について、意見多数 特に景観問題も含めた、「高さ」について論議
4.結果、「高さ」問題も含めた検討は第3回で行うということで、今回は持ち越し

(ここまでで約1時間)

5.事務局より:前回委員より要望された検討材料となる「試案」について紹介 資料2-6、模型参照 

pdf資料2 京都会館と他ホール施設との比較表 
舞台機能の向上の必要性を解説

pdf資料3 配置図・平面図案

第1回の委員会での意見を考慮した点
1)二条通りからピロティをへて中庭に至る動線
2)第一ホールのエントランスから冷泉通りから見通せる抜けをしっかりと確保
3)中庭の価値を継承
4)冷泉通りに面した第一ホールの壁面位置は継承
5)第一ホール、第二ホールを会議棟をつなぐ共通ロビーを設ける
6)現況の意匠は基本的に保存する方向

pdf資料4 立面図・断面図

1)第一ホールの壁面は第二ホールの壁面位置にあわせることとする
2)大庇とその陰影を守ることも検討
3)舞台の高さを27mとしている、建物の最高高さは30.5m
さらに継続して検討していきたい。

香山氏(基本設計受託者)
理想的な劇場を設計するというよりは
既存の建物の輪郭を守りながら最高のものをつくるにはどうしたらよいかという考えで検討中

6.基本設計業務受託者香山氏もまじえた委員全員との意見交換 


以 上


■京都会館の建物価値継承に係る検討委員会 第2回会議 傍聴メモ 概要

■京都会館の建物価値継承に係る検討委員会関連記事
関連リンク
2011-06-24 「京都会館再整備基本計画」の策定について-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-11-19 00:01 | 2011/11
<< 2011-11-19 京都会館... 2011-11-19 「京都文... >>