2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
第1部 講演 槇文彦

第2回緊急シンポジウム 「京都会館のより良き明日を考える」
2011年12月18日(日)13:30~17:00  京都会館 会議場
主催:京都会館を大切にする会/京都会館再整備をじっくり考える会

第1部 講演 槇文彦
槇文彦:1928年東京都生まれ.1952年東京大学工学部建築学科卒業.1953年クランブルック・アカデミー・オブ・アート修士課程修了.1954ハーバード大学大学院修士課程修了.ワシントン大学准教授,ハーバード大学准教授を経て1979-89年東京大学教授.主な作品に名古屋大学豊田講堂,代官山ヒルサイドテラス,京都国立近代美術館,風の丘葬祭場.主な受賞に日本建築学会賞(作品賞,大賞),プリッツカー賞.


http://youtu.be/xxhXTxPhNTI
撮影/編集 榎田基明(まちづくりと交通研究室)

■第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦

■12月18日京都会館シンポジウム関連記事

2006-04-01 前川國男と現在 槇文彦-「建築家 前川國男の仕事」
槇 文彦 (1/4) 希代の名建築家を生んだ昭和10年代の家々の記憶
槇 文彦 (2/4) 世の中の潜在的な願望を建築を通じて形にする
槇 文彦(3/4) 代官山の「気分」をつくった施主と建築家の理想の形
槇 文彦 (4/4) 人が求める空間や形態は不変文化や時代を超えた建築を

見えがくれする都市―江戸から東京へ

槙 文彦 / 鹿島出版会

都市の地球学

石井 和紘 / ウェッジ



2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」配布資料公開
2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」つぶやきのまとめ
2012-02-08 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演動画アップしました。
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」報告 松隈洋
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 富永讓
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 鈴木博之
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 花田佳明
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 横内敏人
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 西本裕美
2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」開催のご案内



講演傍聴メモ(参考)-ぜひとも本講演をご覧いただくことをお勧めいたします)

現代建築がどういう状況におかれているかを自分の経験を含めてお話ししたい

近代の建築はある目的をもってつくられてきたものが多い。
コルビュジェ 「住宅は機械だ」
性能を失えば当然作り変えたり手を入れたりしなくてはいけない。
京都会館も同様。50年たっているから、機械としての性能が劣化している。

では建築というのはそういう要請にどう応えるのか。
前川國男が生きていたら、性能アップには協力しただろう
ただ、その時に、オペラまで賛成したかどうかはわからない。

〇自分の設計した事例のうち、
建築後、増改築した中で「天国と地獄」を味わった具体例を紹介

天)豊田講堂
幸運な事例として紹介
真ん中のホール(広場)を大事にしてくれて、そこに建物を建てることはしなかった。等

地)立正大学
建築家自身が知らない間に増築が行われている
「建物だけ」が残されているが、かつて、われわれが一番大事にしていた広場まで勝手に変えられている。
建物は「毎日芸術賞」をもらっているが、そういうことはなんの保険にもならない。

〇海外での経験事例
オランダでの事例を紹介

「浮かぶ劇場」

廃船の危機
オランダ市民から「オランダでは公共のものであれば、設計した建築家がノーといえば、廃船にできないので、ノーといってほしい。」と連絡があり応える。
→去年オランダの市担当者から連絡「喜んでくれ、予算がついたので、来年から使用します」

建築と社会の関係を再考する
法的に整備してゆけばもっと可能性が広がるのではないか。

〇講演後
今回の予算の使われ方で、どのように配分されるのか建築家として興味がある。
たとえば、古いものはそのままで、新しい改築にのみお金を使うというのはどうかと思う。

理想主義者でもあり、リアリストでもあった、前川國男の考えを汲んだ建築が作られることを祈っている

なぜこの場所にオペラハウスという全く異質なものを考えたのか自分には想像できない

できれば1500人くらいのホールにして皆さんが今までと同じように、この環境を楽しんでいただければと思う。

(記録者:J.K)


[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-18 00:11 | 2011/12
<< 2011-12-18 第2回シ... 2011-12-18 第2回シ... >>