2012-06-12 京都…崇仁(すうじん)にて-「人権(同和教育)のページ」
京都…崇仁(すうじん)にて

歴史のある多くの寺社が立ち並び、多くの観光客を集める京都。しかし、そのほとんどは支配者側からの視点で観光客を呼び込んでいます。一方で、そんな華やかさを陰で支えてきた被支配者、被差別者の視点で見ると、違った京都が見えてきます。

銀閣寺の庭や竜安寺の石庭には、山水河原者(せんすいかわらもの)と呼ばれた被差別の人たちがかかわっているとされています。

また、京都は、水平社に代表される解放運動でも有名です。京都最大の被差別部落である崇仁(すうじん)地区では、当時の町長明石民蔵が、町民とともに町内の皮革業者らに融資し、産業の育成のため柳原銀行を設立しました。町の改善だけでなく、他の部落とともに、改善運動をひろめようとしていったシンボルでした。

以前マイダイアリーに掲載していたものから紹介します。

京都に行ってきました。京都といえば、水平社創立大会が開かれた場所です。当時水平社宣言が読まれた岡崎公会堂は現在京都会館として形を変え、今は碑が残るだけです。

 また、同和教育を進めてきた先進校も多く、歴史的にも水平社にかかわる場所やオールロマンス事件の舞台でも知られるなど全国を引っ張る運動を展開してきた地です。しかし一方、法切れに伴い、同和行政からいち早く撤退していった地でもあり、最近の運動体の不祥事など、同和教育や運動が極端にしづらくなってきている、そういう落差のある場所でもあります。

■京都…崇仁(すうじん)にて-「人権(同和教育)のページ」


2012-05-14 「地図で読む 京都・岡崎年代史」の発行・販売開始について-「京都市情報館」

2011-08-10 「時を超え、光り輝く京都の景観づくり」の精神は何処へ 中島晃-「ねっとわーく京都9月号」
2010-07-14 資料4 参考資料≪歴史から見た岡崎≫-「京都市情報館」
2012-04-14 能勢克男の8ミリ映画「疎水(1934年制作)」-「よい子の目と耳」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-06-12 00:00 | 2012/06
<< 2012-03-26 住民監査... 2012-06-03 京都会館... >>