2012-09-21 日本で唯一京都会館に設置されているヴィンテージ・サウンド・システム-「ProAudio_yota」
日本では唯一京都会館に設置:ヴィンテージ・サウンド・システム-アルテック・ランシング

ディズニーランドは1955年にロスアンジェルスに誕生しました。
  アルテック・ランシングも長い間ロスアンジェルス・ディズニーランドに隣接したアナハイムに本社機構と工場を置いていました。
  アナハイムではそれ以上の工場設備の増設が難しかったために現在は4万エ-カの敷地を持ったオクラホマシティに本拠地を置いています。
  先日ソニーのエンジニアの方がアメリカのディズニースタジオに行ったところちょうど<ライオンキング>の録音をしていたそうです。
  そこで使われていたモニタースピーカがアルテック・ランシングの製品だったのですが、非常に古い<A1スピーカシステム>だったそうです。<A1 スピーカシステム>が5セットスタジオの中に設置されて使われていたとのことでした。
  <A1 スピーカシステム>というシステムは高さが2メートル以上ある<210エンクロージャ>を4台つなげシステムです。
  <210 エンクロージャ>は縦にして使うように設計されていますが、これを横型にして使えるよう<211エンクロージャ>が用意されていました。
  <210 エンクロージャ>には<515シリーズの15 インチウーハ>を2個組み込んで使います。
  日本では<A1 スピーカシステム>が京都会館に唯一納入されています。
  <210 エンクロージャ>を1本と高域ホーンを1本組み合わせた2ウェイシステムが<A4スピーカシステム>で1950年半ばにできたシネラマ劇場を始めとして、<70 ミリフィルム>を再生する多くの映画館で使われていました。
  日本劇場を見に来たTHXの技術担当者がTHXシステムよりも良いサウンドがしていると言って帰ったという話があります。
  マルチ駆動をしたらどのようなサウンドがしていたのでしょうか
  ディズニースタジオの話を続けましょう。
  ソニーのエンジニアの方はスピーカの大きさにびっくりしただけでなく、昨年世界で一番ヒットをして最高の興行収入を稼ぎ出した映画に何故こんな古いモニタースピーカを使っているのかということに疑問を持ちました。
  この疑問をスタジオの責任者の方に聞いたところディズニースタジオのサウンド製作のポリシーに合うスピーカシステムは<A1>しかないから使っているのだと言っていたそうです。

d0226819_1019223.jpg

写真はhttp://hwm8.gyao.ne.jp/nao-sakamoto/yota/yota/altec_kk.htmより転載させていただきました

■日本で唯一京都会館に設置されているヴィンテージ・サウンド・システム-「ProAudio_yota」
アルテック・ランシング
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-09-21 00:00 | 2012/09
<< 2012-09-22 <... 2012-09-17 長崎和平... >>