2012-11-02 琵琶湖疏水記念館特別展「京都市水道の100年」の開催について
琵琶湖疏水記念館特別展「京都市水道の100年~これまでも,そしてこれからも,市民の皆様とともに~」の開催について
[2012年11月2日]

明治45年4月に蹴上浄水場から給水を開始した京都市の水道事業は,本年創設100周年を迎えました。

 これを記念し,京都市上下水道局では,琵琶湖疏水記念館特別展「京都市水道の100年~これまでも,そしてこれからも,市民の皆様とともに~」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 本特別展では,京都市の水道事業の創設から現在までを当時の写真や資料等を用いて解説するとともに,100年前の創設期に配水管として実際に使用された鉄管や水道メーター等と最新の設備を比較展示し,絶え間ない技術の革新について御紹介します。また,これまでの歩みを振り返ることと合わせて,現在の水道事業が抱える課題とこれからの100年に向けた展望もお伝えします。

 開催期間中には,専門員による展示内容の解説も行いますので,是非お立ち寄りください。

1 開催概要

1 期間 平成24年11月27日(火曜日)から12月24日(月曜日・祝日)まで
 ※月曜休館(月曜日が祝日の場合は翌平日休館)

2 開館時間 午前9時から午後4時30分まで(入館は閉館の30分前まで)
 ※11月30日までの期間は午後5時閉館

3 場所 琵琶湖疏水記念館地階第3展示室(左京区南禅寺草川町17)

4 内容 明治後期の京都市水道の計画,第二疏水建設工事から昭和の浄水場の建設・拡張工事を経て現在に至るまでの歴史資料を展示します。
  特に,水道創設時の水道鉄管(明治43(1910)年,久保田鉄工所製造,口径300ミリメートル)と最新のダクタイル鉄管の比較展示や御家庭の水道メーターの水道創設時から現在のものまでの変遷等,技術の絶え間ない革新の歴史を御紹介します。

5 入館料 無料
2 専門員による展示解説

1 日時 平成24年11月27日(火曜日),12月7日(金曜日),16日(日曜日),24日(月曜日・祝日) 午後1時30分から午後2時まで

3 内容 琵琶湖疏水記念館専門員が特別展の展示資料について解説します。
 参加者には,上下水道局オリジナルグッズ(クリアファイル)を進呈します。

4 その他 定員はありません。当日,直接開催場所へお越しください。
(参考) 展示写真の一例

■琵琶湖疏水記念館特別展「京都市水道の100年~これまでも,そしてこれからも,市民の皆様とともに~」の開催について-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-11-02 00:00 | 2012/11
<< 2012-11-03 京都市長... 2011-10-08 東北大学... >>