2013-03-22 京都会館:解体工事住民訴訟 原告の請求棄却−−地裁判決/京都-「毎日新聞」
京都会館:解体工事住民訴訟 原告の請求棄却−−地裁判決 /京都

毎日新聞 2013年03月22日 地方版

京都会館第1ホール(京都市左京区)の解体工事で「貴重な歴史的・文化的価値が失われる」とし、文化財保護法や市の風致地区条例に違反するなどとして、市民112人が市を相手取り工事の差し止めを求めた住民訴訟の判決が21日、京都地裁であった。滝華聡之裁判長は「工事は市の裁量を逸脱したとはいえない」として請求を棄却した。

 市は、老朽化のため京都会館の再整備に着手。同ホールはいったん解体され、世界水準のオペラなど多様な演出ができるように一部の高さを約27メートルから約30メートルに引き上げる計画を進めている。

 判決は、京都会館について「(文化的に)高い評価を受けてきた」と認めたうえで、文化財保護法の規定について「訓示ないし努力義務を定めた規定」と指摘。市の対応については「建物価値の継承と機能向上という相克の中で、文化財的価値に一定の配慮をしている」と判断した。

 原告側は記者会見し「市は『建物価値継承委員会』を設置したが形だけ、実体的な配慮はされていない」と不満を述べた。【田辺佑介】
d0226819_17494547.jpg

■京都会館:解体工事住民訴訟 原告の請求棄却−−地裁判決/京都-「毎日新聞」

2013-03-21 「京都会館」解体差し止めの住民らの請求棄却 京都地裁-「MSNニュース」
2013-03-21 京都会館住民訴訟 判決文
2012-08-13 京都会館問題住民訴訟 提出訴状一式
住民訴訟に関する記事一覧
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-03-22 00:00 | 2012/03
<< 2013-03-21 京都会館... 2013-03-21 「京都会... >>