2013-10-31 まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える(パートⅡ)
まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える2

【次回まちづくり共同研究会】
日 時  2013年10月31日(金) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るマニュライフプレイス京都ビル4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)

「地区計画を考える(パートⅡ)」

第1部 講演
 水原渉滋賀県立大学名誉教授(工博)

ドイツの空間計画制度とその中での地区詳細計画(Bプラン)、「計画なくして建築(開発)無し」「建築不自由の原則」の紹介と、日本の都市法制との違い、ドイツから学ぶべきもの等、縦横にお話いただき、質疑応答します。

(みずはら・わたる)  1948年、兵庫県生まれ。京都大大学院修士課程修>了。積水ハウスに入社し、西ドイツ(当時)駐在員を務める。退社後、ドイツの>アーヘン工科大建築学科に編入学。滋賀県立短大教授などや、滋賀県立大環境科学部環境建築デザイン学科教授を経て、現在、同大学名誉教授、非常勤講師。地域計画、住宅論など専攻。現在は空間論にも取り組んでいる。これまで、大津市、彦根市の建築審査会会長、大津市開発審査会会長などを務めてきた。著書に、「西ドイツの国土・都市の計画と住宅政策」(単著)、「現代社会とハウジング」(共著)、「進化する自然・環境保護と空間計画-ドイツの実践、EUの役割」(訳、日本語版共著)などがある。

第2部 報告・交流
 南区の向日市との境界付近の、キリンビール跡地の特区の飛び地で、京都市域にもかかわらず90メートルの地区計画が制定されたままになっていた土地を長谷工が取得し、14階建て、45メートルマンションが計画されていることにつき、隣接し被害を受ける桂ガーデンハイツ管理組合(8階建て。高さ制限15m/25m)より、報告を受け、関連して、キリンビール跡地問題(向日市)の現在の状況についての地元報告を受ける予定です。
 ※この間の各地の住民運動や裁判の取組み状況の報告・交流の時間も設けたいと思います。
 ※様々な住民運動に携わられた多くの皆さんのご参加をお願いします。


■まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える(パートⅡ)
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-31 00:00 | 2013/10
<< 2013-08-26 第2回京... 2013-11-06 第3回京... >>