2013-11-08 文化人100人が危惧 税金1兆円がみるみる吹き飛ぶ「新国立競技場」計画-「日刊ゲンダイ」
文化人100人が危惧 税金1兆円がみるみる吹き飛ぶ「新国立競技場」計画

2013年11月8日 掲載

文化人100人が無謀な計画に怒りの要望書を提出だ。世界的建築家の槇文彦氏らが7日、新国立競技場の規模縮小を文科省や都に求めた。発起人や賛同者には建築家を中心に、美術評論家の高階秀爾氏、政治学者の御厨貴氏、人類学者の中沢新一氏ら著名文化人の名がズラリと並ぶ。

 新競技場は7年後の東京五輪のメーン会場となる。五輪の開催基準に合わせ、収容人数8万人に拡大。開閉式屋根に特殊素材を用いて自然光が降り注ぐ。延べ床面積は過去の五輪大会の2~3倍というばかデカさだ。

 加えて奇抜なデザインのため、計画通りに造ると、当初見込みの総工費1300億円から最大3000億円まで膨れ上がることが判明。さらに槇氏らが問題視するのは、高額な維持費だ。

 要望後の会見で「(特殊な)屋根の清掃には特別な技術がいる」「開閉式は可動装置の維持費が膨大」「酷暑の時期に五輪を開けば、空調費も大変なコスト」とたたみ掛け、こう訴えた。

「年がら年中、設備に手を加える必要があり、維持費の累計額は数年で建設費を上回る」

建設費と合わせれば、総額6000億円。そのうえ、総工費には現競技場の撤去費や機器類、設計費、拡張する土地の取得代などは含まれていない。今の計画のまま、新競技場が建てば、何だかんだで軽く税金1兆円が吹き飛ぶ計算だ。

 それでも文科省はベラボーなコストの主因である「収容人数8万人」にこだわっている。
「五輪後も多くのナショナルイベントを呼び込み、日本の魅力を世界に発信していく。大会誘致のため、国際基準の8万人は死守したい」(文科省スポーツ青少年企画課)

 世界のスポーツ界に8万人の観客を集められる「国際大会」がどれだけあるのか。仮に招致できても、「五輪でさえ、満員になるのは開会式と閉会式の2日間だけ」(槇氏)。コンサートでの使用も可能だが、収容7万人を誇る日産スタジアム(横浜)は会場の規模がアダとなり、サザンやミスチル、Bz
’など大量動員を見込めるアーティストが年に1度開く程度だ。

 毎日サザンを新競技場に呼んでも、1兆円をペイするのは至難のワザ。今回の要望を無視するようなら、文科省の役人はオツムを疑われる。

■文化人100人が危惧 税金1兆円がみるみる吹き飛ぶ「新国立競技場」計画-「日刊ゲンダイ」

2013-11-03 文部科学大臣、都知事らに提出された「新国立競技場に関する要望書」の全文

2013-10-11 シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
2013-08-01 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol295」
新国立競技場 国際デザインコンクール

2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-08 00:00 | 2013/11
<< 2013-07-30 平成24... 2013-11-05 東京五輪... >>