2013-11-12 神宮外苑の風致・景観と新国立競技場の 建設再考のお願いについて
神宮外苑の風致・景観と新国立競技場の建設再考のお願いについて

昨2012年、新国立競技場のデザイン・コンクールが行われ、千駄ヶ谷の駅前、神宮外苑に巨大なボリュームを持つザハ・ハディド氏(イギリスの建築家・イラク出身)の案が最優秀作品となりました。これに対し、2013年8月号の『JIA MAGAZINE』での建築家槇文彦さんの問題提起にはじまり、専門家の間ではさまざまな議論が行われています。
以下は、東京の景観に深くかかわるこの問題を市民の立場から論議し、国や都に疑問と要望を伝えていくことを趣旨としています。賛同してくださり、お名前を賛同者名簿にお載せしてよい方は以下の「賛同者になる」からお名前などの記入をお願いします。
この新国立競技場は2020年のオリンピック・パラリンピック、2019年のラグビーワールドカップにも使われる予定のため、建設が急がれそうです。市民のイニシアティブ発揮にもそう時間がありません。意見や文言の修整をいただいて、事務局で論議の上、可能な限り、反映させていただきます

●賛同人になる●
お名前、肩書き(職業、参加している市民運動など。無職の場合は、○○区在住でも可)
連絡先メールアドレスもお知らせください。

●要望書pdf●
要望書の内容をpdfにしたものです。

●記名欄付き要望書pdf●
直接書き込んでいただくのに便利な記名欄付きの要望書です。

■神宮外苑の風致・景観と新国立競技場の建設再考のお願いについて
わたしたちは「いちばん」をのぞまない-「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」

2013-11-03 文部科学大臣、都知事らに提出された「新国立競技場に関する要望書」の全文

2013-10-11 シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
2013-08-01 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol295」
新国立競技場 国際デザインコンクール

2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-13 23:15 | 2013/11
<< 2013-11-20 京都府立... 2013-07-30 平成24... >>