2013-11-29 【東京】事実上の「工事費に上限なし」に批判噴出-「IWJ Independent Web Journal」
2013/11/29 【東京】事実上の「工事費に上限なし」に批判噴出〜オリンピック新国立競技場建替えについての公開討論2日目

1月29日、河野太郎衆議院議員が座長を務める「自民党無駄撲滅プロジェクトチーム」は28日に続き、JSC(日本スポーツ振興センター)や文科省の担当者を招集し公開ヒアリングを開催。2回目のヒアリングでは、新国立競技場のオリンピック以降の利活用に議論が集中した。

 1300億円で見積もっていた工事費が一時3000億円まで膨らんだことが世間の批判を浴び、スポーツ博物館や飲食店等の商業施設面積を削減した結果、試算は1785億円に落ち着いた。しかしこの日、新たな事実が発覚。1785億円以外に、JSCビルの新築費用がかかるというのである。

「JSCのビルを新築するのはおかしい。デザインを変えればいいだけの話」

新国立競技場は、約22万平方メートルの面積に8万人規模を収容する巨大施設になる予定だが、現・JSC事務所のビルが建設地にまたがるため、移転、新築する計画がある。しかし、当初の工事費が試算よりも大幅に上回ったのであれば、コストカットは必至ではないかと河野議員は主張する。

河野議員「JSCのビルは今のまま残せばいいじゃないか」

文科省「競技場の建設予定地にかかってしまうので…」

河野議員「規模感の問題であれば、デザインを変えるべきなのではないか。税金を使った事業なんだから、誰かがメカニズムで抑えてくれないなら、与党が抑えるしかない」

 更に厳しく追求されると文科省は驚くべきことに、工事費には事実上、上限がないことを明らかにした。

■2013/11/29 【東京】事実上の「工事費に上限なし」に批判噴出〜オリンピック新国立競技場建替えについての公開討論2日目-IWJ Independent Web Journal
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-03 22:35 | 2013/11
<< 2013-12-05 京都会館... 2013-12-02 憤懣本舗... >>