2014-02-02 新国立競技場問題:サンティアゴ・ベルナベウは改修で生まれ変わる
新国立競技場問題:サンティアゴ・ベルナベウは改修で生まれ変わる

2014-02-02 22:14:39
テーマ:ブログ
新国立競技場問題についての情報です。
日本では国立競技場が改修で対応できるかできないかの議論もないまま
強引にザハ案による新築建て替えにまい進していますが、
サッカーチームレアル・マドリッドのホームスタジアムであるサンティアゴ・ベルナベウについて、つい先ごろ改修デザインの発表がありました。

これは、既存スタジアムを完全に取り壊すのではなく、既存構造物の一部を活かしながら、まったく新しいスタジアムに生まれ変わらせようという計画です。

設計デザインコンペによりその候補案4案が昨年発表されていましたが、

ラメラ‐ポプロウス、
ヘルツォーク‐ド・ムーロン、
ノーマン・フォスター‐ラファエル・デ・ラオス、
GMPアーキテクテン‐L35‐リバス
という4つの建築設計事務所による上記4案より
最終的にGMPアーキテクテンの提案が採用されることになりました。
しかもこの計画総工費は新国立の約4分の1の4億ユーロ(およそ550億円)。
そして、今から始めて、来年の2015年に完成予定。
そして屋根も可動式。
さらには、サッカーの試合だけでなく、他のスポーツ的・文化的イベントも開催。

スタジアムの内部にはホテルや商業施設、飲食店やレジャー施設が併設して、サッカー以外からの収益も見込まれています。

新スタジアムによって30%の収益増を確保するそうです。
(以下全文はこちら

■新国立競技場問題:サンティアゴ・ベルナベウは改修で生まれ変わる-「建築エコノミスト 森山のブログ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-02 00:00 | 2014/02
<< 2014-02-03 本庁舎に... 2014-01-31 雑記帳:... >>