2014-04-27 ドキュメンタリー映画「メタボリズムをこえて」上映会開催のご案内
ドイツ人映画監督の見た国立京都国際会館「メタボリズムをこえて」ジャパン・プレミア上映会 開催のご案内

【開催概要】
ドイツ人映画監督の見た『国立京都国際会館』戦後日本の代表的建築『国立京都国際会館』の現代における意義を、映像を通して再検証・再評価したドキュメンタリー

日時:2014年4月27日(日)13:30~17:30(13:00開場)
会場:国立京都国際会館会議場Room A
参加者:入場無料、申込不要で当日先着200名

【プログラム】
●挨拶(公財)国立京都国際会館木下博夫館長
ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川マルクス・ヘルニヒ館長

●第一部
作品の趣旨について※日本語通訳付
フォルカー・ザッテルシュテファニー・ガウス(映画監督)

●第二部
『メタボリズムをこえて』作品上映(約40分)

●第三部
座談会『歴史を目撃した未来への文化遺産―国立京都国際会館をめぐって』※日本語通訳付

コーディネーター:松隈洋(京都工芸繊維大学教授)
参加者:フォルカー・ザッテル(映画監督)
シュテファニー・ガウス(映画監督)
山本敬則(大谷研究室代表取締役)
松本哲夫(剣持デザイン研究所代表取締役)

●第四部
建築家とインテリアデザイナーによる館内ツアー
建築コース、インテリアコース各先着30名

d0226819_215840.jpg
d0226819_2151762.jpg

■ドキュメンタリー映画「メタボリズムをこえて」上映会開催のご案内
プレスリリース

国立京都国際会館
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-04-27 00:00 | 2014/04
<< 2014-05-09 京都会館... 2014-04-25 京都会館... >>