2014-07-10 まちづくり共同研究会2014.7.10のご案内
まちづくり共同研究会開催のご案内
まちづくり共同研究会2014.7.10のご案内

日 時  2014年7月10日(木) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るインターワンプレイス京都4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)
【次回まちづくり共同研究会のテーマ】
 世界遺産銀閣寺(慈照寺)のバッファゾーン(緩衝地帯)では、半鐘山開発問題に引き続き、哲学の道ニチレイ保養所跡地(法然院横)開発問題が起こっており、同じく世界遺産醍醐寺周辺での開発問題も未決着です。

 このような世界遺産のバッファゾーンでさえ、緑地を開発する開発計画が後を絶たないということは、ユネスコの世界遺産センターからすると「驚愕すべきこと」(半鐘山開発問題での世界遺産センターバンダリン所長書簡)なのです。

 世界遺産指定から20周年を迎えて、今年こそバッファゾーンの確実な保全を実現させる必要があります。
 メイン報告はこの問題の第一人者である宗田好史京都府立大学教授(都市計画・日本イコモス国内委員会理事)にお願いしております。

 また、関係地域(哲学の道開発問題、醍醐寺周辺、半鐘山など)からのご報告や、日本イコモス国内委員会や京都弁護士会の意見書のご報告とあわせて、解決策を検討したいと思います。

■まちづくり共同研究会2014.7.10のご案内
2014-03-10 哲学の道沿いは宅地開発「NG」 反対派がシンポ 京都-「msnニュース」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-07-10 00:00 | 2014/07
<< 2014-08-29 申入書:... 2014-07-09 岡崎公園... >>