2014-09-11 小澤さん、京都でオペラ指揮へ ロームシアター開館事業-「京都新聞」
小澤さん、京都でオペラ指揮へ ロームシアター開館事業

京都市と市音楽芸術文化振興財団は11日、2016年1月に開館するロームシアター京都(旧京都会館、左京区)のオープニング事業について、主なラインアップを発表した。小澤征爾さん指揮の喜歌劇「こうもり」をはじめ、ロシアのバレエや京都に根づく能楽、日本舞踊など23公演が1年間にわたって催される。

 開館日の1月10日は約2千人収容のメインホールで京都市交響楽団(京響)の演奏会と記念式典を開く。715席のサウスホールでは能の観世流と金剛流、狂言の大蔵流が公演する。

 以降、メインホールでは、ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーと京響が共演する「くるみ割り人形」(1月)や、京都五花街の芸舞妓と新橋(東京)、金沢、博多の芸者らによる舞踊(1月)、ワレリー・ゲルギエフさんが芸術総監督を務めるロシアのオペラハウス「マリインスキー劇場」の京都初公演(10月)などがある。サウスホールでは、京舞井上流家元の井上八千代さんプロデュースの日舞(1月)や京都会館で恒例だった市民寄席(年間5公演)などを予定。

 「こうもり」は小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトとして2月にメインホールで上演。小学生対象の入門公演も計画している。

 オープニング事業検討委員長を務めた小澤さんは「京都に(本格的な)オペラができるホールがなかったので、大変うれしい。京都市がつくったオーケストラが刺激になって日本のあちこちでオケが生まれたように、このシアターから大きな動きが出てきてほしい」と語った。

■ 小澤さん、京都でオペラ指揮へ ロームシアター開館事業-「京都新聞」
2014-09-16 ロームシアター京都の主要なオープニング事業の発表について-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-09-11 00:00 | 2014/09
<< 2014-09-16 ロームシ... 2014-08-29 申入書:... >>