カテゴリ:2013/10( 30 )
2013-10-25 近代美術館鎌倉館の建物活用や景観保全を、建築家協会が県に要望書/神奈川-「カナロコ」
近代美術館鎌倉館の建物活用や景観保全を、建築家協会が県に要望書/神奈川
2013年10月25日

土地の貸借契約が期限を迎える2016年3月末で閉館される公算が大きくなっている県立近代美術館鎌倉館(鎌倉市雪ノ下)について、日本建築家協会は24日までに、県に建物の活用と景観保全を求める要望書を提出した。その建物は建築的観点から「国際的にも評価が高い」と指摘している。

 黒岩祐治知事などにあてた要望書は、鎌倉館について「モダニズムの代表的建築物と歴史的景観の組み合わせ、たたずまいは、国内では類を見ず重要なもの」と説明。現在の技術で建物の維持、活用は可能で、それを行う価値がある建築資産だとし、建物の活用などを求めている。

 鶴岡八幡宮の敷地に立つ鎌倉館は建築家、坂倉準三の代表作。坂倉は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジェの弟子で、国内外の近代建築史に大きな足跡を残した。

 県は、緊急財政対策の一環で、3館ある県立近代美術館の集約を検討している。それに伴い、八幡宮との間に取り交わした鎌倉館の土地貸借契約を更新しない方針を決めた。

 契約では、返還時に更地にすることが明記されている。一方、県や八幡宮は建物の価値は理解しており、今後について協議を進めている。同支部は、昨年12月にも知事らに建物保存の要望書を提出した。

■近代美術館鎌倉館の建物活用や景観保全を、建築家協会が県に要望書/神奈川-「カナロコ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-16 23:30 | 2013/10
2013-10-26 京都会館-「知らないひと日誌」
京都会館

d0226819_21173542.jpg

■京都会館-「知らないひと日誌」

2011-07-01 京都会館-「アトリエかわしろ生活館」
2012-02-01 【ここらあで謎解きぃゆうのはどうどっしゃろ?】 第三回:京都会館を守れ!(前編)
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-02 23:25 | 2013/10
2013-10-31 まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える(パートⅡ)
まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える2

【次回まちづくり共同研究会】
日 時  2013年10月31日(金) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るマニュライフプレイス京都ビル4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)

「地区計画を考える(パートⅡ)」

第1部 講演
 水原渉滋賀県立大学名誉教授(工博)

ドイツの空間計画制度とその中での地区詳細計画(Bプラン)、「計画なくして建築(開発)無し」「建築不自由の原則」の紹介と、日本の都市法制との違い、ドイツから学ぶべきもの等、縦横にお話いただき、質疑応答します。

(みずはら・わたる)  1948年、兵庫県生まれ。京都大大学院修士課程修>了。積水ハウスに入社し、西ドイツ(当時)駐在員を務める。退社後、ドイツの>アーヘン工科大建築学科に編入学。滋賀県立短大教授などや、滋賀県立大環境科学部環境建築デザイン学科教授を経て、現在、同大学名誉教授、非常勤講師。地域計画、住宅論など専攻。現在は空間論にも取り組んでいる。これまで、大津市、彦根市の建築審査会会長、大津市開発審査会会長などを務めてきた。著書に、「西ドイツの国土・都市の計画と住宅政策」(単著)、「現代社会とハウジング」(共著)、「進化する自然・環境保護と空間計画-ドイツの実践、EUの役割」(訳、日本語版共著)などがある。

第2部 報告・交流
 南区の向日市との境界付近の、キリンビール跡地の特区の飛び地で、京都市域にもかかわらず90メートルの地区計画が制定されたままになっていた土地を長谷工が取得し、14階建て、45メートルマンションが計画されていることにつき、隣接し被害を受ける桂ガーデンハイツ管理組合(8階建て。高さ制限15m/25m)より、報告を受け、関連して、キリンビール跡地問題(向日市)の現在の状況についての地元報告を受ける予定です。
 ※この間の各地の住民運動や裁判の取組み状況の報告・交流の時間も設けたいと思います。
 ※様々な住民運動に携わられた多くの皆さんのご参加をお願いします。


■まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える(パートⅡ)
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-31 00:00 | 2013/10
2013-11-06 第3回京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」の開催について-「京都市情報館」
【広報資料】第3回京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」の開催について
2013年10月17日

広報資料
平成25年10月17日
文化市民局(担当 美術館,電話771-4107)

 京都市美術館では,開館80周年を契機に,美術館が今後とも国内外の多くの人々を魅了する世界に誇れる美術館となるよう,目指すべき美術館像を明らかにするための検討を進めています。平成25年6月5日に開催した京都市美術館評議員会において,門川市長から,京都市美術館評議員会に対し,「京都市美術館将来構想の策定」について諮問を行い,京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」を設置しました。

 これを受け,平成25年7月30日と9月5日に第1回及び第2回委員会をそれぞれ開催しておりますが,引き続き第3回目の委員会を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

1 日時 平成25年11月6日 午後2時~午後4時
2 場所 京都市美術館 応接室
3 出席予定者 京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」委員(添付データのとおり)
4 議題 必要なハード整備等について
5 傍聴
(1)人数 先着10名
(2)受付
  傍聴の受付は,当日午後1時30分から会場前で行い,定員になり次第,受付を終了します。
  なお,記者席は,別途設けます。

京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」委員名簿
京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」委員名簿(PDF形式, 108.33KB)
d0226819_21481777.jpg


■第3回京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」の開催について-「京都市情報館」

2013-07-30 第1回京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」 摘録
2013-08-26 京都市美術館評議員会「将来構想検討委員会」-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-30 23:25 | 2013/10
2013-10-25 10月25日産経抄-「msn産経ニュース」
10月25日産経抄

2013.10.25 03:25 [産経抄]

 コンペとは、コンペティション(競争)の略であり、主に建築家が設計を競い合うときに使われる。日本を代表する存在の安藤忠雄さんでさえ、『連戦連敗』と題する著書があるほど、負け続けた経験をもつ。

 ▼その安藤さんが審査委員長を務めたコンペで、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の設計案を勝ち取ったのが、イラク出身の女性建築家、ザハ・ハディドさんだ。

 ▼あまりに斬新なデザインから、「建てた建築より実現しなかったプロジェクトの方が有名」と揶揄(やゆ)された時代もあったハディドさんだが、今や安藤さん同様、世界文化賞の受賞者である。ところが、UFOが舞い降りたような奇抜な設計案に、やはり世界文化賞受賞者の建築家、槇(まき)文彦さんが物言いをつけ、論議を呼んでいる。

 ▼槇さんが何より問題にしたのが、その巨大さだ。現在の国立競技場を全面的に建て替えるのは、5万4000人の収容能力を国際基準の8万人へ拡充するためだった。とはいえ総床面積29万平方メートルは、ロンドン五輪のメーンスタジアムの3倍に当たる。明治神宮の外苑という歴史と美観を保つべき地域にふさわしくない、というのだ。

 ▼ただ「臨海部に建設する案ならいい」とも語っている。実は前回の東京五輪の際、現在の国立競技場とは別に、新宿御苑内に9万人を収容する新競技場を造る構想が文部省内にあった。都民の反発が予想されるとして、立ち消えになったそうだが。

 ▼そんな最中、論議の行方を左右するような事実が発覚した。ハディド案通りにすると、当初見込んでいた総工費1300億円が、3000億円にはね上がるというのだ。もはや抜本的な見直ししか、解決の道はないのではないか。

■10月25日産経抄-「msn産経ニュース」

2013-10-28 「新国立競技場」暗礁、改築費巡り国・都が対立-「読売新聞」
2013-10-19 東京五輪:「新国立」最大3000億円に膨らむ…見直しへ-「毎日新聞」
2013-10-11 シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
2013-08-01 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol295」
新国立競技場 国際デザインコンクール

2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-29 23:27 | 2013/10
2013-10-28 「新国立競技場」暗礁、改築費巡り国・都が対立-「読売新聞」
「新国立競技場」暗礁、改築費巡り国・都が対立

2020年夏季五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の改築費を巡り、政府が都に対し、少なくとも3割の負担を求める方針であることが28日、分かった。

 協議はすでに行われ、文部科学省は「改築で最も恩恵を受けるのは都だ」として一部負担を求めたが、都はこれを拒否、協議は暗礁に乗り上げている。

 新国立競技場は、東京都新宿区にある現国立競技場を解体して跡地に建設し、19年春の完成を予定している。開閉式の屋根がついたドーム型競技場で、9レーンのトラックを敷設し、収容可能人数は8万人と設定している。文科省は新競技場のデザイン決定に際し、総工費を約1300億円と算出したが、改築が決まった当時、五輪開催地は未定で、19年のラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場としての使用が想定されていた程度だったため、政府内には巨額の費用を疑問視する声が上がっていた。
(2013年10月28日14時38分 読売新聞)

■「新国立競技場」暗礁、改築費巡り国・都が対立-「読売新聞」

2013-10-11 シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
2013-08-01 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol295」
新国立競技場 国際デザインコンクール

2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-28 23:37 | 2013/10
2013-10-26 鴨沂高校への破壊行為に抗議する声明文-「鴨沂高校の校舎を考える会」
鴨沂高校への破壊行為に抗議する声明文

2013年10月26日

京都府立鴨沂高等学校卒業生有志一同
京都府立鴨沂高等学校在校生有志一同

          京都府知事        山田啓二殿
          京都府教育委員会委員長   畑正高殿
          京都府立鴨沂高等学校長   藤井直殿
          京都府教育委員会管理課長 岩城克己殿

     「鴨沂高校への破壊行為に抗議する声明」

 2013年10月23日前後から、京都府立鴨沂高校の北門付近において、事前に告知や説明もなく、塀や階段部分の解体工事が開始されていた。

 解体現場周辺には、工事情報を記入した看板は存在しなかった。これは、どういった業者が、どのような経緯で、誰の依頼に基づいて、何のために解体工事をおこなったのか、という基礎的な情報すら府民に公開せず、密かに鴨沂高校の破壊を開始したと考えられる行為である。京都府教育委員会のWEBサイトには、工事の理由どころか、工事の存在や入札情報すら公開されていない。

 そもそも、「第二回府立鴨沂高等学校校舎等整備に係る意見聴取会議」の席で、鴨沂高校の解体・改修などの方針は、今後おこなわれるプロポーザルやワークショップにおいて決定されると確認されている。それにもかかわらず、現時点で解体工事を開始することは、非民主的かつ独善的な破壊行為と言わざるを得ない。

 今回の破壊行為は、以下の点で重大な問題がある。

①工事情報が全く公開されておらず、不透明である。

②解体か改修かの方針すら決まっていない時点での解体工事は、聴取会議の決定を無視する非民主的なものである。

③鴨沂高校の工事着工予定を1月としていながら、府民に説明なく解体を開始するなど、詐欺といえる行為である。府民を欺いた責任は重い。

 これらのことから、以下の要求をおこなう。

①鴨沂高校への破壊行為をただちに中止すること。

②今回の破壊行為に関する詳細な情報を公開すること。

③今回の破壊行為に関する説明会を開催すること。

④今後、非民主的かつ不透明な工事をおこなわないこと。

■鴨沂高校への破壊行為に抗議する声明文-「鴨沂高校の校舎を考える会」
鴨沂高校の校舎を考える会
鴨沂高校を未来に継承する会
2013-10-27 シンポジウム 『鴨沂高校の校舎を考える会』開催のお知らせ
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-27 23:35 | 2013/10
2013-10-25  旧ジョネス邸の解体始まる 神戸・垂水の洋館-「神戸新聞」
旧ジョネス邸の解体始まる 神戸・垂水の洋館
2013/10/25 18:38

地域住民の保存運動が実らず、マンションに建て替えられることになった大正期の洋館「旧ジョネス邸」(神戸市垂水区塩屋町1)で25日、建物と土地を所有する開発業者「穴吹興産」(本社・高松市)による解体工事が始まった。11月末に終わる予定。

 同邸の保存運動を展開した住民グループは、出資金や寄付金を募って同社が売却額として提示した3億6千万円を工面しようとしたが達せず、現地保存は実現しなかった。

 この日は周囲を柵で覆う作業が中心。一方で、住民グループは邸内の部材の保存や再活用のため専門業者と作業。既に家具などの調度品や建具はほぼ搬出しており、玄関の格天井を傷つけないよう慎重に取り外していた。

 専門業者の男性は「チーク材の格天井を見たのは初めて。素材へのこだわりを感じる」と驚いた様子だった。(松本寿美子)

■ 旧ジョネス邸の解体始まる 神戸・垂水の洋館-「神戸新聞」

2013-10-14 旧ジョネス邸の現地保存は残念ながら絶望的となりました-「旧ジョネス邸保存を!」

一般社団法人 旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会

2013-10-01 旧ジョネス邸を皆で残しませんか?出資第3次募集を行います-「合同会社塩屋百年舎」

2013-09-22 旧ジョネス邸保存出資希望者対象の内覧会のご案内-「合同会社塩屋百年会」
2013-08-09 カルチャーインサイド:止められるか、近代建築解体 保存活用へ新たな動き-「毎日新聞」
旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会
2013-07-11 募金・共同購入と署名のお願い-旧ジョネス邸
2013-07-02 神戸の洋館、解体3カ月延期 住民ら買い取り資金準備中-「朝日新聞」
2013-07-06 関西建築保存活用サミットのご案内-「 精華小校舎 愛好会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-26 23:15 | 2013/10
2013-10-27 シンポジウム 『鴨沂高校の校舎を考える会』開催のお知らせ
京都府立鴨沂高等学校既存建造物シンポジウム
「鴨沂高校の校舎を考える会」

日時:2013年10月27日(日)
    12:45─16:00(12:30開場)
場所:鴨沂会館
〒6020856 京都市上京区荒神町105番地
 TEL:075-231-1001
参加協力費:1口500円
 (会場・機材レンタル費及び校舎耐震診断セカンドオピニオンにかかる経費として、1口以上のカンパにご協力をお願い申し上げます。
尚、高校生以下は学生証提示にて無料。)

・講演:
笠原 一人
  (日本建築学会近畿支部近代建築部会・主査/京都工芸繊維大学大学院助教)
「文化遺産としての鴨沂高校校舎」
鴨沂高校の歴史的・文化的価値をお話頂くと共に、鉄筋コンクリート造の近代建築の保存活用の
在り方について、国内外の事例を挙げながら、その考え方や方法をご紹介頂く予定です。
西澤英和
  (日本建築学会/関西大学環境都市工学部・建築学科建築保存工学研究室教授)
「戦前のコンクリート建築について~鴨沂高校本館校舎を巡って」

・スライドショー:
写真家・神谷 潔
「鴨沂高校のスクールライフ」
「落成記念帖による新築当時写真と校舎既存建造物写真」
お問い合わせ先:「鴨沂高校の校舎を考える」実行委員会
d0226819_22391674.jpg

■京都府立鴨沂高等学校既存建造物シンポジウム 『鴨沂高校の校舎を考える会』開催のお知らせ

鴨沂高校の校舎を考える会
鴨沂高校を未来に継承する会
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-25 23:33 | 2013/10
2013-10-24 「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」の開催中止について
「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」の開催中止について

10月25日、26日に岡崎地域一帯で開催を予定しておりました「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」は両日とも中止と致します。

 大型の台風27号が太平洋岸に沿って進み、荒天が予想され、準備や運営、安全面を総合的に考慮しました結果、中止と判断致しました。

 来場を予定されていた皆様や、開催に向け御協力いただいた皆様には、何卒御理解を賜りますようお願い申し上げます。

■「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」の開催中止について-「岡崎コンシェルジュ」

2013-10-25 岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013-「岡崎コンシェルジュ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-24 00:00 | 2013/10