カテゴリ:2006( 5 )
2006-04-01 前川國男の前衛性 鈴木博之-「建築家 前川國男の仕事」
建築家 前川國男の仕事
前川國男の前衛性を考えることは、日本の建築における前衛性そのものを問うことになる。

 建築家としての、言い換えるならば建築造形面での前川の前衛性はどのように捉えられるべきであろうか。それを戦後の前川の軌跡のなかに探ってみよう。戦後の前川の姿勢をもっともよく示すものが「テクニカル・アプローチ」という言葉であろう。ここには工業化時代の技術基盤を建築の中に取り入れてゆく態度が鮮明に現れている。

 だが、造形の源泉を見てゆくなら、そこに彼が学んだル・コルビュジェのモチーフが現れるのは当然であるが、それ以外には予想以上にアルカイックなモチーフが現れることに気づく。(中略)ここには、彼が自らの造形を求めたときに何を拠り所にしたかが現れている。彼は西欧の近代建築の直写を抜け出て、自らの独創性を求めたとき、日本の伝統、そして西欧文化の埒外にあるアルカイックな建築に何物かを求めたのであろう。そこに彼の立脚点が窺われる。彼は根源的な建築をインスピレーション源として、自らの拠り所としたのではなかったのか。それは「根源的」という言葉の語源的意味において文字通りラディカルな態度であるが、逆に言えば彼は一挙に根源的でアルカイックな造形に自らを同化せざるを得なかったのである。ここに日本の建築の強さとともに脆弱さがある。

 このことを指摘したのは槙文彦(1928-)である。彼は日本には前衛はないという。なぜなら日本には前衛が敵とすべき確固たるアカデミズムの伝統がないからだ、と。これはまさしく前川が直面した状況ではなかったではないだろうか。

 前川自身、戦後日本において近代建築の語法を確立しようとするとき、対立すべき対象を措定することに困難を感じたのではないか。そこで彼は構造的・材料的な側面で近代を表現することに拠り所を見いだしてゆく。「ブリュッセル万国博覧会日本館」がそうした前川の意欲をもっともよく示す作品となるが、その造形も構造的には破綻を来している。本来は大胆な片持ち梁の構造であるはずのものが、結局は先端に支えの支柱を持つことになっているからである。彼は安定した構造形式、耐久性のある外装による建築の追及へ向かう。そこにもまた彼の剛直な倫理観が見て取れるのである。


■前川國男の前衛性 鈴木博之-「建築家 前川國男の仕事」

建築家・前川國男の仕事

生誕100年前川國男建築展実行委員会 / 美術出版社


鈴木博之:1945年東京都生まれ.1968年東京大学建築学科卒業.同大学大学院博士課程を経て,1974年東京大学専任講師.1974-75年ロンドン大学コートゥールド美術史研究所留学.1978年東京大学助教授を経て,1990-2009年東京大学教授.2009年-青山学院大学教授.近年の単著に『都市のかなしみ、建築百年のかたち』,『場所にきく、世界の中の記憶』,『建築の遺伝子』.主な受賞にサントリー学芸賞,日本建築学会賞(論文).


2011-11-15 シンポジュウム「地元住民と専門家が語る京都会館と岡崎の保存を求めて」開催のご案内
2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」開催のご案内
1965-12-01 京都会館:前川國男-「京都会館五年の歩み」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-11-15 12:45 | 2006
2006-12 京都会館再整備の基本的な方向性に関する意見書-「京都会館再整備検討委員会」
平成18年12月
■京都会館再整備の基本的な方向性に関する意見書-「京都会館再整備検討委員会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2006-12-01 00:00 | 2006
2006-07-09 日曜少年のつどい-催しはなんでもかんでも京都会館だった-「京都彷徨」
日曜少年のつどい-催しは、なんでもかんでも京都会館だった。

京都市内で育った人なら、かならず一度は行ったことがある(と思う)京都会館。何度も通ったからか、大好きな場所です。建物内のどこに居ても寛げて、風も視線も妨げられなくて、コンクリートなのに重苦しくない、なんて素敵な建物だろうと思います。

小学生の頃、京都会館で催された「日曜少年のつどい」へよく連れて行ってもらいました。私が見た頃は、今でいう「親子劇場」「子ども劇場」に似た催しで、劇や、音楽ステージ、映画などでした。合唱コンクールなどに入賞した小学校のお披露目などもあったように思います。

映画館では、ポップコーンもコーラもOKだけど、京都会館では同じ映画でも飲食はダメ。気取ってるなあと思いました。今でもステージは飲食とセットで楽しみたい。
予算の関係かどうか、上映されるのは古い映画が多かったですね。「大魔神」は、ここと紅葉パラダイスでしか見たことがありませんし、「白蛇伝」は東映でしたっけ?動きが流れるようにきれいで、キャラクターの顔も美しく、原色べったりじゃない繊細な画面はとてもウェットな印象だったのを覚えています。「モスラ」も見たような記憶があります。

ずっと頭の片隅に残っていた「白蛇伝」について少し調べてみたら、「はくじゃでん」なんですね。ずっと「びゃくじゃでん」と思い込んでいました。驚いたことに日本初の2時間規模のカラー長編アニメ映画なんだそうです。製作期間2年をかけて、1958年に完成したもので、日本のアニメ界においては、記念すべき画期的な作品だったようです。この作品が生まれなかったら、宮崎駿も「ルパン三世」もきっと生まれていなかったでしょう。

「仮面ライダー」の時代の「白蛇伝」だったので、かなり古臭いと感じましたが、大人になっても印象に残っているほどいい作品だったのですね。深夜テレビで放映されていたのを見た記憶がありますが、最近はさすがに見ませんね。きっと探せばDVDなどで販売されているのだろうと思います。

この「日曜少年のつどい」は昭和30年代後半から、少なくとも昭和53年までは行われていたようです。月1回だったのか、季節に一回だったのかも覚えていません。京都市の主催だったのでしょうか、すべて朧な記憶です。ご記憶の方がおられましたら、掲示板に「日曜少年のつどいに行ってたよ~。」などと書いてくださると喜びます。

催しが終わって京都会館の外へ出ると、疏水の西側、道路の北側(今の細見美術館)に喫茶店があり、道路の南側に駄菓子屋がありましたが、そこへ行くまでにホットドックのワゴン車に吸い寄せられていました。いつも2台駐車していたように思います。これも「日曜少年のつどい」の大きな楽しみでした。
写真:ホットドック

車の後部のドアが跳ね上げられて、コンロのフライパンにはカレー味の細切りキャベツが山盛り、パンにウィンナーと一緒に挟んで、オーブントースターに入れて暖めて、ケチャップとマスタードをつけて、紙袋に入れて手渡される。寒い頃は嬉しい暖かさでした。1個じゃ足りなかったなあ、でも我慢だった。家でホットドックをつくると、いつも思い出します。

ホットドックを頬張りながら、そういえば、発表会も京響もユーミンも山口百恵のラストコンサートも京都会館で、京都音協、民音などよく電話したなあ、と遠い目。何でもかんでも、特に大きな催しは京都会館でした。京都のお客さんはノリが悪く、演者にとってはやりにくいのだとか。
2006年07月09日 制作


■日曜少年のつどい-催しはなんでもかんでも京都会館だった-「京都彷徨」
[PR]
by 2011-kyoto | 2006-07-09 00:00 | 2006
2006-06-26 京都会館-「同人用語の基礎知識」
京都会館
歴史ある都市の、歴史あるイベント会場 「京都会館」


「京都会館」 とは、京都府京都市左京区にある、緑に囲まれた大型の劇場・会議施設会場です。

 この地域 (岡崎地区) は美術館や図書館、イベント のためのコンサートホールなどが集まり、京都市民の憩いの場、文教地区としての性格が強いのですが、そうした施設群の中心として長い歴史を歩んできたのが、この京都会館でしょう。

 なお二条通を挟んではす向かいとなる場所には、同人イベント の開催される イベント会場 として知られる みやこめっせ (京都市勧業館) や、府立図書館などの 公共施設 も整然と並んでいます。

 地下1階、地上3階の建物には、2,015名収容の第一ホール、939名収容の第二ホールをはじめ、音楽コンサートのための設備が充実しており、各種コンサートや京都市の成人式が行われる会場として、京都市民にはおなじみの施設でしょう。

 竣工は1960年3月31日、開館は同年4月29日。 京都に新しい市民のための創造拠点を作るとの掛け声のもと、戦後最初の大型文化施設として全国にさきがけ建設され、以来50年以上にわたって親しまれています。

 なお本館の設計は昭和の日本近代建築に大きな足跡を残した前川國男 (1905年5月14日~1986年6月26日) の手によるもので、西洋風の合理主義を大幅に取り入れ荘厳ながら親しみのあるデザインは、とても評価が高いものとなっています。 現在見ることができる姿は、歴史の重みを加え重厚なイメージが強い物となっていますが、圧迫感などはなく、近隣や敷地内の緑とも調和して、近づくにつれ温かみを感じる建物となっています。

d0226819_825039.jpg

■京都会館-「同人用語の基礎知識」
[PR]
by 2011-kyoto | 2006-06-26 00:00 | 2006
2006-03-24 京都会館の再整備 意見書素案を示す 増築・改修中心に検討 京都市-「建築タイムズ」
京都会館(左京区)の再整備のあり方を考える京都市の検討委員会(会長・中原昭哉元京都女子大教授)が二十三日、会館会議室で開催された。これまで開いた四回の会合での議論をまとめた再整備の方向性に関する意見書の素案を示した。

 京都会館(左京区岡崎最勝寺町)は昭和三十五年四月に開館。規模はRC造(一部SRC・S造)地上4階、地下1階建。延床一万四、五四七㎡(美術館別館除く)。第一ホールは、府下最大の規模で二、〇一五人を収容。設計は前田国男建築設計事務所、施工を大成建設が担当した。

 京都市民の文化センターとして、音楽、演劇、舞踊などの公演と文化的催物、講習会、会議などが開かれている。老朽化が進んでおり、市では、開館五〇周年を契機に大規模ホールに求められる今日的な機能を満たせるよう再整備を検討することとなった。

 京都会館再整備検討委員会は、学識経験者やプロモーター、公募市民らを委員とし、昨年七月に設置された。来場者や利用者に対して行ったアンケートなどを踏まえ、再整備基本構想に盛り込む内容の検討を行っており、意見書として検討結果をまとめる。

 老朽化した建物と狭隘な舞台など設備の改善を目指した検討が進められており、施設整備は、地上躯体部分の増築無しの改修「A案」、舞台部分等を拡張する改修「B案」、建て替え「C案」の三つの方向性を打ち出している。

 このほど示した意見書の素案では、三案の総合評価として「改修でも舞台周りの改善は高い水準で可能」「建築面積や高さ規制など現行の法規制では、現状の二、〇〇〇席を確保できない可能性がある」「財政面から事業費の増大は避けなければならない」などとし、AもしくはBを中心に計画立案すべきとした


■2006-03-24 京都会館の再整備 意見書素案を示す 増築・改修中心に検討 京都市-「建築タイムズ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2006-03-24 00:00 | 2006