<   2011年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧
2011-05-31 「5月定例市会を終えて」 共産党京都市議団-「京都民法WEB」
「5月定例市会を終えて」 共産党京都市議団
2011年5月31日 21:39
(中略)
 また、会期中に京都会館第一ホールの全面建て替え案を公表しました。市民と議会には、増改築案だけを示し、命名権を取得したローム株式会社にはこれとは別の建て替え案を提案していたことが明らかになりました。この間、トラブルを繰り返し、ムダな公共事業として運転中止を求めてきた焼却灰溶融施設の試運転を5月20日に再開しましたが、強く抗議するものです。



■「5月定例市会を終えて」 共産党京都市議団-「京都民法WEB」

[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-31 00:00 | 2011/05
2011-05-30 京都会館保存訴え 左京、再整備計画で専門家ら催し-「京都新聞」
京都会館保存訴え 左京、再整備計画で専門家ら催し

京都会館(京都市左京区)の建築としての価値を考えるイベント「京都会館ウオッチング」が29日、京都会館やみやこめっせで開かれ、専門家が自然環境と融合した近代建築として、保存を訴えた。
 同会館は建築家・故前川國男氏の設計。京都市が再整備を計画するが、市民から保存を求める声が上がっている。イベントは、周辺住民らでつくる「岡崎公園と疏水を考える会」が主催し、約80人が参加した。
 京都工芸繊維大の中川理教授(近代建築史)が「多湿に対応する日本の住建築と西欧のモダニズムを融合させ、周辺の環境と調和するところに価値がある。会館の空間構成を乱す改修は許されない」と指摘した。
 その上で「老朽化による機能面での改修は求められる。自由に意見を出し合う場が必要」と話した。参加者はその後、中川教授の解説を聞きながら、会館の外観などを見て回った。【 2011年05月30日 10時13分 】

d0226819_10361911.jpg

京都会館や中庭を見学する参加者ら(京都市左京区)=撮影・梶田茂樹


■京都会館保存訴え 左京、再整備計画で専門家ら催し-「京都新聞」
関連リンク
■2011-05-29 京都会館・ウオッチング-「岡崎公園と疏水を考える会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-30 00:00 | 2011/05
2011-05-30 京都会館建て替えは岡崎の歴史的環境乱す-「民法WEB」
京都会館建て替えは岡崎の歴史的環境乱す
2011年5月30日 14:40

京都会館ウオッチング 京都市が京都会館(京都市左京区)第1ホールの全面建て替え案発表(5月23日)したなか、同館の保存を求めている「岡崎公園と疏水を考える会」は29日、建物の歴史的価値を学ぶ「ウオッチング」を京都会館と周辺で開き、市民ら80人が参加しました。

 中川理・京都工芸繊維大学教授(近代建築史)が建物について解説し、「長年、岡崎のシンボルとなってきたのは、周辺の環境と調和した造形と空間構成のすばらしさにある。老朽化による改修は必要だが、商業施設導入による再開発計画『岡崎活性化ビジョン』とセットにした市の建て替え案は、岡崎の歴史的文化的環境を乱すもの。認められない」と訴えました。

 参加者は、中川教授の説明を受けながら、同会館を見て回りました。
 日本共産党の光永敦彦京都府議、樋口英明、宮田絵里子、冨樫豊の3市議が参加しました。

d0226819_1583591.jpg


■京都会館建て替えは岡崎の歴史的環境乱す-「民法WEB」


関連リンク
■2011-05-29 京都会館・ウオッチング-「岡崎公園と疏水を考える会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-30 00:00 | 2011/05
2011-05-30 京都会館はめちゃ賑わっていた!@雨の日曜日-「右舷日記」
29日の日曜は、京都会館の見学会があって、出かけて参りました。丁度台風が来ていて酷いどしゃ降りで、岡崎界隈はきっと閑散としてるだろうと思って呑気に出かけたら・・・・なんと人の波!波!波!人混みがすご過ぎて見学会ご一行を見つけられないどころか、集合場所である会議室前にも近寄れない状態です。すいません、休日の岡崎をナメてました。

折角だから、見学会と合唱祭を両方堪能して帰りましたが、ここでも驚きの発見がありました。京都会館は音響が悪い悪いと言われていて、そのつもりでいたのですが、その印象は大ホールに入った瞬間に覆されました。どこぞの女子中学校の合唱部の出番だったのですが、音がすこーんと真っ直ぐこちらに飛んでくること飛んでくること!ものすごくいい状態です。少なくとも、声楽に関しては、かなりよい状態だと思いました。もっとも声楽ってのは、器楽に比べてドライな状態が向いているので、声楽向き=器楽では響きが足りないということかもしれません。

これ経験して私はかなり考え込んでしまってですね、というのは、日本のホールの評価(素人による評判、音響の専門家はまた違う)って、どうも、よく響けば良いという価値観があるように私には感じられるのです。音量感があることが重視されるので、そんなんだったらロックコンサートに行っとけよと思うことすらなきにしもあらず。

ただ、ここは、ステージに立った経験のある人に言わせるとよくないらしいです。自分達の発している音が響いている感じがしないとのことです。

あといまさらこんなことを言っててすみませんが、京都会館は建築としてかなり面白いですね。大ホールの客席から出てロビーに降りて来る間の視界なんて、どこで切っても面白いです。これは壊したら、このレベルのものは絶対に建ちませんね。ホールの内部も、空間として面白いです。同じ前川建築でも、私は東京文化会館より好きです。建築の紹介はそのうちしようと思います。


■京都会館はめちゃ賑わっていた!@雨の日曜日-「右舷日記」
■「右舷日記」-「京都会館」関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-30 00:00 | 2011/05
2011-05-29 京都会館・ウオッチング-「岡崎公園と疏水を考える会」
文化遺産としてのモダニズム建築・ 前川國男の代表作品 京都会館・ウォッチング
    
日時:5月29日(日) 1時30分 京都会館入り口前集合
    解説 中川理教授(京都工芸繊維大学) 
    参加自由 無料

京都市は京都会館再整備計画の中で建築の本質を失うような改築を計画しています
今一度現地で、建築家・前川國男の京都会館について学ぼう
主催 岡崎公園と疏水を 考える会
連絡先  事務局   京都市左京区最勝寺町2 村瀬隆也    ☎075-751-9841




■関連リンク
前川國男の代表作ー京都会館ウォッチング-「京都・環境ウォッチ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-29 00:00 | 2011/05
2011-05-29 京都会館の公開縁側感の湯加減のよさは



d0226819_17273055.jpg

[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-29 00:00 | 2011/05
2011-05-28 いつのまにか「改築」 京都会館再整備-「ぼちぼち そこそこ」
2011-05-28 いつのまにか「改築」 京都会館再整備
京都会館問題です。京都市から建て替え案が示されました。

オペラ誘致へ建て替え案有力 京都会館再整備(京都新聞)
京都市は23日、京都会館(左京区)の再整備基本計画案を発表した。世界一流のオペラ誘致に向けて第1ホールの天井を高くするなど舞台機能を拡充する方針で、ホール部分を建て替えた場合と増築した場合の2案を示し、機能面の充実を考慮し建て替え案が「望ましい」とした。両案とも建物の高さが現状27・5メートルから3メートル程度高くなる見込みで、15メートルの高さ規制を超えるため、高さ規制の緩和を検討し、2014年度中の完成を目指す。
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110523000056


これですが、当初は「改修」といってたはずです。改修というと建物は残して内部を改造するイメージです。京都会館は音響が悪いというし、きっとそのあたりを改造するのかと思っていました。

ところが記事では「再整備」とちょっと言葉遣いが変わってきていて、その内容として建て替え(部分改築)と増築の2案が出てきています。そしてご丁寧に市側は「建て替えが望ましい」としています。

これは巧妙なやり方ですよね。「改修」でスタートしておきながら、フタをあけたら事実上の改築じゃないですか。

もう一点、重要なことが書いてありました。

京都会館一帯は07年9月の新景観政策で高さ規制が強化された。建物改修の際は15メートルに下げる必要があるが、会館再整備は市が目指している岡崎地域活性化の核になるため、高さ規制を緩和していく。

当初の改修だと逆に高さを下げないといけないが、市が打ち出した「再整備」だと高さ規制が緩和できるというじゃないですか。

なんだか都合よくできてるんですね、この計画は。ちょっとなんでもありだな、京都市は。
余談ですが、毎日新聞のレポートがなかなかおもしろいです。
http://mainichi.jp/select/opinion/newsup/news/20110504ddn013040015000c.html

要点は、
1.計画が唐突やろ

2.近くにびわ湖ホールがあるやん(当欄も以前指摘)

3.「世界水準のオペラ」は、ロームが支援している公演をびわ湖ホールからとってくるのかなあ

あたりでしょうか。
それと、日経で読んだような気がしますが、ロームは50億一括払いなんですね。すごいです。

■いつのまにか「改築」 京都会館再整備-「ぼちぼち そこそこ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-28 00:00 | 2011/05
2011-05-27 壊より活だろう、「京都会館」-「MARINA CHANNEL」
壊より活だろう、「京都会館」

5月22日、ブログで採りあげた京都にあるコンサートホール「京都会館」の話。
まだまだ続きの情報があるのだそうです。
丁重にもお知らせいただきました。

さて、偶然というか、
やはり広島市民球場と同じような歳月を経てきています。
当時の建築は、奇抜さこそないもののオシャレなデザインが多く、
京都会館自体も岡崎公園の風情とはとてもマッチしています。
広島市民球場にしても同じです。

そこを壊すというのです。

その経緯をわかりやすくいえば、
高さ規制があるけど、無理やり規制外して15mから30mで改修!!という計画出してたけど、
まあ、建て替えた方が予算かからないってことだから、建て替えちゃおう!!
もちろん、資金とか、税金とか、民意なんて、どっかに置いといて・・・。
どこからかの天の声により、
ホールの老朽化とか音響設備がどうとかを口実にしてきたから、
とにかく改修じゃなくぶっ壊そうぜッ!!っていう思考。

あ~あッ!京都会館も市民球場と同じようなことになっちゃうのかな・・・。
私は想像してしまいます。


壊より活だろう、「京都会館」-「MARINA CHANNEL」


関連リンク
似たような話-「MARINA CHANNEL」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-27 11:32 | 2011/05
2011-05-27 「京都岡崎の文化的景観調査検討委員会」の開催について-「京都市情報館」
広報資料(教育同時)                              [2011年5月20日]
平成23年5月19日 文化市民局(文化芸術都市推進室文化財保護課 電話075-761-7799)

「京都岡崎の文化的景観調査検討委員会」の開催について

 京都市では,琵琶湖疏水の開削によって形成された岡崎地区の優れた景観を次の世代に継承することを目的として,同地区の文化財保護法に基づく重要文化的景観への選定を目指した調査検討事業を,平成22年度から実施しています。
 この度,本事業の一環として,岡崎地区の文化的景観の調査や保全,活用について審議するため「京都岡崎の文化的景観調査検討委員会」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

                 記

1 日時 平成23年5月27日(金曜日)午後1時30分~午後3時
2 場所 京都会館第一会議室(京都市左京区岡崎最勝寺町13番地)
3 委員 別紙のとおり
4 付議案件 京都岡崎の文化的景観の調査,保全・活用方針について
5 傍聴
(1) 定員 10名
(2) 申込方法
 当日,午後1時から午後1時15分まで整理券を配布します。(定員を超えた場合は抽選とします。)
 報道関係者の席は,別途設けます。
(参考)文化財保護法に基づく重要文化的景観の選定について
 地域における生活や生業によって形成された優れた景観を重要文化的景観として選定する制度です。景観法等による規制と,重要な構成物件の修理・修景に対する国庫補助等の優遇措置によって,その保護を目指します。

d0226819_15481892.jpg



「京都岡崎の文化的景観調査検討委員会」の開催について
pdf「京都岡崎の文化的景観調査検討委員会」の開催について(ファイル名:230519-01.pdf サイズ:79.55 キロバイト) <発表日 23.5.19 >
pdf京都岡崎の文化的景観調査検討委員会委員名簿(ファイル名:230519-02.pdf サイズ:60.33 キロバイト)

お問い合わせ
文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課
住所: 〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13 京都会館内
電話: 075-761-7799 ファックス: 075-761-7780


■「京都岡崎の文化的景観調査検討委員会」の開催について-「京都市情報館」

関連リンク
■文化財保護法
第8章 重要文化的景観
(重要文化的景観の選定)
第134条 文部科学大臣は、都道府県又は市町村の申出に基づき、当該都道府県又は市町村が定める景観法(平成16年法律第110号)第8条第2項第1号に規定する景観計画区域又は同法第61条第1項に規定する景観地区内にある文化的景観であつて、文部科学省令で定める基準に照らして当該都道府県又は市町村がその保存のため必要な措置を講じているもののうち特に重要なものを重要文化的景観として選定することができる。


■重要文化的景観-Wikipedia

[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-27 00:00 | 2011/05
2011-05-27 平成23年第3回定例会会議録(速報版)代表質疑等-「京都市会会議録」
・とがし豊議員 最後に,京都会館再整備についてお聞きします。京都会館の第一ホール部分を全面的に建て替えて,高さを30メートルに引き上げることを含む京都会館再整備の基本計画案が今議会に示されました。市民意見募集が行われた1月の時点では,当局の内部では既に改修ではなく建替えを行う案が固まっていたにもかかわらず,市民にはこの事実が伏せられたまま意見募集が行われていました。一方,ロームにだけは,第一ホールの全面建替えを前提にした図面を提供し,命名権売却の交渉を行っていたことが明らかになりました。実は,京都市は元々現状の高さを守ったうえで,市民やプロモーターから出されている多様な要望にこたえる案を3,150万円もの費用を掛けて1年前に作成していました。その案はなぜか闇に葬られ,議会にも市民にも公表せぬまま突如として全く別の建替え案が浮上してきたのです。
京都会館の再整備を巡っては,様々な意見があり簡単な事業ではありません。それだけに市民の文化活動を巡る要望にこたえること,岡崎地域のシンボル的な存在である京都会館の近代建築としての値打ちをどう守るのか,高さ規制など京都市の新景観政策との整合性をどう確保するのかなど,市民や専門家と真剣に話し合い,一緒に合意を形成しながら進めるべきではありませんかいかがですか。以上で質問を終わります。
御清聴ありがとうございました。(拍手)

◎副市長(細見吉郎) 京都会館再整備についてお答えいたします。本市では,京都会館の再整備につきましては,平成14年度以来耐震調査をはじめ利用者や市民代表者等による京都会館再整備検討委員会における検討や,市民アンケート調査の実施など様々な取組を積み重ねてまいりました。基本計画案の策定に当たっても,パブリックコメントを行い市民の皆様の御意見を広くお聴きしたところであります。この度の再整備基本計画案は,これまでの9年間にわたる取組やローム株式会社との間で50億円の命名権の基本合意に至ったことを踏まえまして,京都市として現時点で考え得る最適な再整備の案をお示ししたものであります。
今後,市民の皆様に基本計画案の内容を丁寧に説明するとともに,基本設計に当たっては建設等の専門家の御意見をしっかりとお聞きして,現在の京都会館の建物の価値を継承することはもとより,高さも含め,国の都市景観100選に選ばれた現在の優れた岡崎地域の景観にふさわしい建物となるよう,新しい京都会館の再整備を進めてまいります。以上でございます。


■京都市会会議録速報版
■平成23年第3回定例会会議録(速報版)代表質疑等-「京都市会会議録」

関連リンク
2011-02-28 平成23年第2回定例会会議録(速報版)代表質疑等-「京都市会会議録」
2011-03-15 平成23年第2回定例会会議録(速報版)議案処理等-「京都市会会議録」
2011-03-01 平成23年第2回定例会会議録(速報版)代表質疑等-「京都市会会議録」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-05-27 00:00 | 2011/05