<   2011年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧
2011-08-31 京都会館保存へ 山田洋次監督ら28人がアピール-「京都新聞」
京都会館保存へ 山田洋次監督ら28人がアピール

 京都市が計画している京都会館(左京区)の改修に対し、映画監督の山田洋次さんら28人が31日、会館の保存を求める共同アピールを発表した。

 アピールには、山田監督のほか、建築史家の鈴木博之・青山学院大教授、経済学者で元滋賀大学長の宮本憲一・大阪市立大名誉教授ら文化人や学識経験者、建築家らが呼び掛け人として名を連ねた。

 老朽化などを理由にした京都会館第1ホールの建て替え計画に対し、「建築家の前川國男氏が設計した日本近代建築の代表作で、市民文化の殿堂として後世に伝えていくための世論をおこすべきだ」としている。

 中林浩・神戸松蔭女子大教授(都市計画学)は「呼び掛けの輪を全国に広げ、市に京都会館の保存を要請していきたい」と話した。

【 2011年08月31日 22時55分 】

■京都会館保存へ 山田洋次監督ら28人がアピール-「京都新聞」
関連記事
2011-09-01 山田洋次監督ら著名28氏が京都会館保存アピール-「京都民報Web」
2011-09-01 日本近代建築史の重要作、京都会館の保存を アピール全文-「京都民報Web」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-31 00:00 | 2011/08
2011-08-31 Tour Sada City (18)@京都会館-「笛のおっちゃんのブログ」
Tour Sada City (18)@京都会館
8月31日
2011年さだまさしツアー「Sada City」 十八日目

京都会館には今年のアコースティックコンサートで来ているらしいが、その時はさださんと倉田さんだけだったそうだ。
 わたし的にはオケ時代には何度か来ているが最後に来たのがいつだったのか定かではない。
 高校の30周年(?)コンサートの際に、高校生たちとの合同のオケで演奏したのを覚えているが、それももう何十年も前の事になる。 ちなみに、その時はあの佐渡裕さんがまだ現役の高校生として、フルートを吹いていた。
 会館自体は昔とほとんど変わっていないようだが、建ってからもう51年に成るのだそうで、あちこちに時代を感じさせるものが有るのは否めない。
 たとえばステージの広さだが、最近出来たホールに比べると明らかに狭く、いつも使っているセットが組めなかったり、緞帳や紗幕も使えなくて、演出上も変更が有った。
 ちなみに京都会館が出来たのは1960年だが、これは上野に有る東京文化会館よりも一年先になる。
 それ以前には京都にはコンサートホールと云うようなものは存在しなかった。 日本には、と云ってもいいかも知れない。 高校生の頃だったか、N響のコンサートをなんと南座で聞いたことがある。
 
これが京都会館の客席。 キャパは2005席との事だから、各地に建てられている最新のホールにも決してひけを取らないのだが、ステージのほうは明らかに狭い。
 やはり昔とはホールの使い方が変わってしまったのだろう。
 とはいえ、北山のコンサートホールが建てられるまでは京都市交響楽団の定期演奏会がここで行われていたり、内外の有名音楽家、団体のコンサートもほとんどがここだったので、京都会館が京都の音楽文化に貢献した功績は非常に大きいと云えるだろう。110831-京都-01

天井から下がっているこの六角形のこうもり傘みたいな物体は、多分音響を考慮したものだと思われるが、出来た当時このデザインがえらく新鮮に見えたのを覚えている。
110831-京都-02

 準備中のロビーだが、この壁画と云うかレリーフも、よく覚えている。
110831-京都-03

 ホールの二階(もっと上?)から北側を見たところ。 この和風の建物は武徳殿と云って、明治28年に大日本武徳会の本部として建てられ、重要文化財の指定を受けているはずだ。 この手前の門の中のかなり広いスペースに、かつては京都市立音楽短期大学と堀川高校音楽課程、つまり我母校が有った。
 今はどうか分からないが、この武徳殿の向こう側に鉄筋三階建ての建物があって、それが校舎だった。
110831-京都-04

 東側にはちょっと斜めではあるが大文字が見える。
110831-京都-05

 なんと女子トイレの写真で申し訳無いが、この14室中洋式が2室のみ、と云う割合に注目jしてほしい。 つまりここが建てられた51年前には洋式トイレは一般的ではなく、まだまだ珍しい存在であったのだ。
110831-京都-06


■Tour Sada City (18)@京都会館-「笛のおっちゃんのブログ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-31 00:00 | 2011/08
2011-08-27 京都会館:改修で住民、弁護士会に調査を申し立て 「文化的な損失」-「毎日新聞」 
京都会館:改修で住民、弁護士会に調査を申し立て 「文化的な損失」 /京都

 京都会館(京都市左京区)を改修する京都市の計画をめぐり、文化財保護の観点や建築物の高さ規制との整合性から疑義があるとして、地元住民らでつくる「岡崎公園と疏水を考える会」が26日、京都弁護士会に調査を申し立てた。

 申立書によると、景観と調和し評価が高い現在の建築を取り壊すことを「文化的な損失が極めて大きい」と批判。建て替え後の同会館が市の現行の高さ規制を超えることについて「高さ規制を中心に伝統的景観を守ろうとする新景観政策が意味のないものになる」としている。

 会見した同会の村瀬隆也事務局長らは「計画は市民の意見が反映されているのか。住民無視の市政に憤りを感じる」と述べた。【成田有佳】
毎日新聞 2011年8月27日 地方版


■京都会館:改修で住民、弁護士会に調査を申し立て 「文化的な損失」-「毎日新聞 

関連リンク
2011-08-15 岡崎公園と疏水を考える会ニュースNo.5-「岡崎公園と疏水を考える会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-27 00:00 | 2011/08
2011-08-27 京都会館建て替え「ノー」-「読売新聞」
岡崎の住民団体 弁護士会に調査申し立て

 京都市が、施設の一部建て替えなどを計画している文化施設「京都会館」(左京区)について、住民団体「岡崎公園と疎水を考える会」は26日、「取り壊せば文化的な損失は極めて大きい」として京都弁護士会に調査を申し立てた。

 同市は6月、老朽化が進む同会館を、メーン施設の第1ホールをオペラなどの公演ができる規模に建て替え、他の施設は改修するなどとした計画案をまとめた。同団体は、日本の近代建築を代表する建築家・前川國男氏が設計した同会館は、建築物としての評価が高いとし「取り壊しには極めて慎重な判断がなされるべきだ。計画案策定に際して、こうした観点の検討が行われたか不明確」とした。

 また、同市が再整備で、2007年導入の新景観政策の高さ規制から例外的に扱い、規制を超える高さを認める方針であることに「新しい建物を建てたいから規制を緩和しては、伝統的な景観を守ろうとする政策の意味がない」と、整合性に欠けると批判した。
(2011年8月27日 読売新聞)


■岡崎の住民団体 弁護士会に調査申し立て-「読売新聞」

関連リンク
2011-08-27 京都会館:改修で住民、弁護士会に調査を申し立て 「文化的な損失」 
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-27 00:00 | 2011/08
2011-08-26 京都会館建て替え計画案の調査を 住民団体、申立-「京都民報Web」
2011年8月26日 17:53
京都会館建て替え計画案の調査を 住民団体、申立

京都市が進める京都会館の建て替え計画案に反対している「岡崎公園と疎水を考える会」は26日、京都弁護士会へ同計画案が○文化財保護の観点からの検討をしたのか、○民主的手続きを踏んだのか、などの疑義があるとして調査を申し立てました。

 申し立てでは計画案について、▽日本建築学会賞(作品賞、1960年)を受賞するなど文化財として高い評価を受けている同館の建て替えは、文化的損失が大きい▽同市新景観政策(2007年)で定められた高さ規制(15メートル)の緩和を含んでおり、同政策を意味のないものとする▽地域住民の合意を得ずに推進している―の3点を指摘しています。

 申し立て後に開かれた記者会見で同会の村瀬隆也事務局長は、「私たち住民は、岡崎公園一帯の落ち着いた京都らしい景観を守ってほしいと思っています。住民の意見をまったく聞かずに計画案を押し付けるのはやめてほしい」と訴えました。


■京都会館建て替え計画案の調査を 住民団体、申立-「京都民報Web」

関連リンク
2011-08-27 京都会館:改修で住民、弁護士会に調査を申し立て 「文化的な損失」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-26 00:00 | 2011/08
2011-08-25 ひぐち英明議員twitterより-「twitter」
d0226819_1253855.jpg

岡崎活性化ビジョンの具体化素案のパブコメは、23日現在で309通(559件)の意見提出とのこと。見直し素案についての意見が300件、京都会館再整備についてが140件・・・詳細については、後日発表とのこと。明日のまちづくり委員会で京都会館再整備については議論しようと思います。
http://twitter.com/#!/higuchihideaki/status/106358448542851072



■ひぐち英明 日本共産党 京都市会議員HP 

@higuchihideaki

関連リンク
まちづくり委員会
まちづくり委員会常任委員名簿
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-25 00:00 | 2011/08
2011-08-24 おんづか功議員twitterより-「twitter」
d0226819_1152172.jpg


おはようございます。視察最終日は千歳市の市民文化センターの視察です。ここのホールの音響は東北北海道で最も良いとのこと。京都会館建て替えの参考にしたい。
http://twitter.com/#!/ionzuka/status/106177593845350400

これより、今日二つ目の予定、「岡崎地域都市計画見直し説明会」に出席します。新景観法で市内全域が厳しい高さ規制を受けている中で、京都会館や美術館などが既存不適格ではなくなるための見直しです。公共建築物への理解が得られるかが課題です。
8月6日 TweetDeckから お気に入り リツイート 返信
http://twitter.com/#!/ionzuka/status/99641047449210880

動物園と伝統産業ふれあい館に対する視察が終了しました。動物園は年次計画に基づいて改修がなされており、完成した折には小さいけれども旭山動物園に劣らない工夫された動物園になると実感しました。伝統産業ふれあい館も京都会館の再整備に合わせてリニューアルが期待できそうです。
8月4日 TweetDeckから お気に入り リツイート 返信
http://twitter.com/#!/ionzuka/status/99012167004721152

おはようございます。議員会が始まりました。議員会では、岡崎地域活性化ビジョンの勉強会が行われます。新人議員を始め、概要すらよく認識できていない議員もいるので、推進していく立場であるために、改めての勉強会です。午後からは動物園やみやこめっせに行くことにもなっています。
8月4日 TweetDeckから お気に入り リツイート 返信
http://twitter.com/#!/ionzuka/status/98917290829021184

文化市民局から報告のあった京都会館再整備基本計画案には様々な意見が出た。私は基本計画にあるように第1ホールを建て替えることには賛成。使い勝手の悪い会議棟も改修よりは建て替える方が良いと思うが、そこまでは行えないようだ。
5月23日 TweetDeckから お気に入り リツイート 返信
http://twitter.com/#!/ionzuka/status/72614352435421184

おはようございます。今日はくらし環境委員会が開催されます。議案はありませんが、自動車環境対策計画や京都会館再整備基本計画などについて報告があります。
5月23日 Twitter for iPhoneから お気に入り リツイート 返信
http://twitter.com/#!/ionzuka/status/72465435253157888


■おんづか功 民主党 京都市会議員HP
 
@ionzuka

関連リンク
くらし環境委員会
くらし環境委員会常任委員名簿
2011-06-07 くらし環境委員会(第3回)委員会-議事録 他
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-24 00:00 | 2011/08
2011-08-24 芸術家や学者、建築家ら活写 中京で作品展-「京都新聞」
芸術家や学者、建築家ら活写 中京で作品展

京日記 各界の専門家による写真が並ぶ「現代・文人光画展」(京都市中京区・京都文化博物館)

 芸術家や学者、建築家ら各分野の専門家による写真展「現代・文人光画展」が24日、京都市中京区の京都文化博物館で始まった。

 異業種の会員たちが刺激し合いながら、時代を切り取る写真を撮ろうと「ファインド・アイ京都」が毎年開催。今年は39人が150点を出展した。

 会場には、建築家が撮影した京都会館や平安神宮の写真、博物学の学者の京都御苑の昆虫と植物の写真、仏教僧によるモスク内部の写真などが展示されている。東日本大震災を受けて「いのち」をテーマにした作品もある。28日まで。入場無料。    
【 2011年08月24日 19時10分 】


■芸術家や学者、建築家ら活写 中京で作品展-「京都新聞」

関連リンク
京都府京都文化博物館
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-24 00:00 | 2011/08
2011-08-23 高さ制限緩和に異議 市民団体が意見書提出 京都・岡崎地域-「産経新聞」
高さ制限緩和に異議 市民団体が意見書提出 京都・岡崎地域
2011.8.23 02:05

 京都市が進める岡崎地域(左京区)の都市計画制限見直し案について、住民らでつくる「京都まちづくり市民会議」(事務局代表、中島晃弁護士)は22日、建物の高さ制限の大幅緩和が景観を損なう恐れがあるとして、市に計画撤回を求める意見書を提出した。

 平成19年にできた市の新景観政策では、町家などが残る旧市街地に当たる岡崎地域の建物の高さ制限は15メートルと定められ、既に制限を超えた建物の建て替えも景観審査会など市民の意見を聞いた上で行うことになった。しかし、市が今年7月に発表した都市計画制限等見直し案では高さ制限が最大31メートルに拡大される。

 同会議は意見書で、高さ制限の大幅緩和は、京都会館の建て替え計画などに合わせたもので、新景観政策のルールを投げ捨てるに等しいと指摘。東山を背景とする岡崎公園の景観を保全するためにも15メートル制限を堅持すべきとしている。

 見直し案に対するパブリックコメントは最終日の22日までに200件以上が寄せられた。市は10月以降、各審議会に諮問、今年度中に計画を正式決定する。

■高さ制限緩和に異議 市民団体が意見書提出 京都・岡崎地域-「産経新聞」

関連リンク
2011-07-26 岡崎地域活性化ビジョンの実現に向けた都市計画制限等の見直し素案について(歴史的風致・・
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-23 00:00 | 2011/08
2011-08-22 「岡崎地域都市計画制限見直し素案」のパブリックコメント記入例-「京都市民Iさんの場合」
「岡崎地域都市計画制限見直し素案」のパブリックコメント記入例-「京都市民Iさんの場合」

「岡崎地域都市計画制限見直し素案」パブリックコメント募集期間
平成23年7月26日(火曜日)~平成23年8月22日(月曜日)

配布場所
素案を記載したパンフレットを7月26日(火曜日)から,都市総務課,都市計画課,景観政策課,市街地景観課,風致保全課,建築指導課,市役所案内所・区役所・支所,京都市景観・まちづくりセンターで配布します。また,同日から,ホームページでも掲載します

提出方法
郵送,ファクス,持参又は電子メールのいずれかで提出してください。(様式は自由です。市民意見募集用パンフレットには御意見記入用紙を添付しています。)

提出先
都市計画局都市企画部都市総務課(京都市役所北庁舎5階)

郵便の場合:〒604-8571 (住所不要)
FAXの場合: 075-222-3689
電子メールの場合: tokeika@city.kyoto.jp


御意見記入用紙 (記入例/参考) 記入用紙はこちらからダウンロードできます
d0226819_1632328.jpg

様式自由 (記入例/参考)
d0226819_17145546.jpg

d0226819_16322459.jpg


記入例(参考)
1.京都会館改築を前提とした地区計画による高さ制限の引き上げには反対です。

2.現在の高さ制限の上限15メートルを31メートルに引き上げることは、岡崎地域の景観を破壊するもので許せません。

3.岡崎通の東側を第二種住居地域に指定することは、パチンコ等をよびこみ、閑静な住環境の破壊を招くもので、認めることはできません。

4.平安神宮や武道館のある地域を第二種住居地域に変更することは反対です。


「岡崎地域都市計画制限見直し素案」のパブリックコメント記入例-「京都市民Iさんの場合」

関連リンク
2011-07-26 岡崎地域活性化ビジョンの実現に向けた都市計画制限等の見直し素案について(歴史的風致・・
2011-07-29 みなさんの声を京都市に送ってください パブリックコメント応募について
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-08-22 00:00 | 2011/08