<   2011年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧
2011-12-31 幸せの風船日和 for 京都会館-よいお年をお迎えください
幸せの風船日和 for 京都会館-

ヘリウムガスでどんどん風船が好日居の玄関に浮かんでいきます。

風船は…京都会館へ…

出前されていきます。

総数200余個…

どうか。

京都と京都会館がたくさんのみんなの幸せな方向へ向いますように…

過剰な内需拡大の時代はもうお仕舞いです。
もったいない精神で
シフトダウンしながら
ゆるやかな豊かさを求める時代へ…

幸せの風船日和 for 京都会館-「日々是好日居」


風船Love-シンポジウムの準備風景


先日の2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」の会場飾りつけにのための風船を準備作業中の一こまです。
シンポジウムの成功を祈って用意された風船は、シンポ­終了後、会場の方々と写真撮影の後、ご来場いただいた方や京都会館の他の催しに参加したたくさんの子供たちにもらわれていきました。
ご協力いただいた皆様どうもありがとうご­ざいました。

来年こそは、京都にとっても京都会館にとってもよき一年となりますように。。。
みなさまどうぞ、よいお年をお迎えください。

■幸せの風船日和 for 京都会館-よいお年をお迎えください

2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」開催のご案内 

■12月18日京都会館シンポジウム関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-31 00:00 | 2011/12
2011-12-29 ひと「岡崎公園と疏水を考える会」事務局長村瀬隆也さん(46)-「京都民報Web」
ひと「岡崎公園と疏水を考える会」事務局長村瀬隆也さん(46)
岡崎をいろてもうたらあかん
事の発端は1月、市の諮問機関が、発表した岡崎地域についての「中間報告」。同地域は、市や国の美術館、府立図書館などが並ぶ京都を代表する文化ゾーン。ところが、「報告」は▽民間活力や規制緩和で「再開発」▽京都会館を再整備する──という方針を打ち出したのです。市は以降、「報告」に基づく再開発計画(3月)、京都会館全面建て替え計画(5月)、同地域の高さ規制緩和(現行15メートルを最高31メートル)計画(7月)と矢継ぎ早に発表してきました。
 「中間報告」を知った村瀬さんは怒りがこみ上げてきました。「景観そっちのけやないか。岡崎をいろてもうたらあかん。役所にどなりこみに行ったる」 そんな矢先、「報告」の問題点を学ぶ勉強会に誘われます。村瀬さんは、勉強会に集まった地元住民5人と相談して「会」を立ち上げ、事務局長を買って出ました。「会」は直ぐに、「岡崎の景観守れ」の署名や市への申し入れを開始しました。

かけがえのない宝もの
 京都会館の保存を求める集まりで、村瀬さんが必ず話すのは岡崎の思い出です。
 村瀬さんは岡崎に程近い左京区吉田の生まれ。母親が40年前、喫茶店を開業。当時小学生だった村瀬さんは、学校が終われば店へ直行し、岡崎公園や京都会館を遊び場にして育ちました。中学生ころには店の手伝いを始め、12年前に店を継ぎました。
 岡崎には、家族の思い出が一杯つまっています。子どもの頃、父親と手をつないで散歩した疏水沿いの道。京都会館を背に、父親と2人、暮れゆく空を見たこと。美術館の裏庭で、家族そろってお弁当を広げたこと。母と妹と3人、おしゃれして京都会館前で記念写真を撮ったこと。
 大人になって、喫茶店を切り盛りするようになってからは、京都会館は商売と切り離せない存在に。その一方で、建物の周囲はふらりと散策する場にもなりました。京都会館の中庭を抜けると目の前に広がる東山。伸びやかな景観が気分転換には最適の場でした。
 母親は12年前に難病を患い1年前に他界。父親も介護が必要な体。もう2度と作れない思い出。
 村瀬さんは訴えます。「みんな一人一人に、岡崎に思い出がある。その場所を壊さないでほしい」
 「会」事務局の小岸久美子さん(63)は、村瀬さんの役割をこう話します。「私たち住民は最近、見慣れた京都会館の建築的価値を知りました。多くの人がそうやと思うんです。でも、その前に、京都会館と岡崎の風景が市民の宝ものになっていることを、村瀬さんは気づかせてくれたんです」。

10キロ減った体重
 村瀬さんの毎日は多忙です。店の営業時間は、午前8時~午後8時。村瀬さんは、朝7時には開店準備を始め、店のかたづけが終わるのはたいがい深夜。その合い間に、父親を近くに住む妹と交代で世話をしています。
 その上、「会」の仕事が加わりました。事務局会議や集会、シンポジウムの開催。「会」のブログの更新。午前2時、3時になるのはざら。「会」の署名をお願いした店の客は300人を超えます。体重は、半年で10キロ減ってしまいました。
 村瀬さんらの頑張りが、世論を動かしてきました。日本建築学会、京都弁護士会など専門家団体が相次いで京都会館の保存を要望。映画監督の山田洋次さん、建築史家の鈴木博之・東大名誉教授、宮本憲一・大阪市立大名誉教授らそうそうたる文化人、研究者が保存を求める声明を出しました。

地元の誇りにかけて
 来年1月。運動は正念場を迎えます。岡崎一帯の高さ規制緩和のための都市計画審議会が開催予定です。
 店自慢のコーヒーは、サイフォンだての繊細でキレのいい味。村瀬さんの左胸には、難関を突破して合格したコーヒーマイスターのバッジが光ります。「これと思ったら頑固なんですわ。地元の人間の誇りにかけて、岡崎を守りたい」。岡崎への思い出と愛着を原動力に、たたかいを続けます。

「週刊しんぶん京都民報」2011年12月18日付掲載)


■ひと「岡崎公園と疏水を考える会」事務局長村瀬隆也さん(46)

岡崎公園と疏水を考える会 公式ブログ 京都会館再整備No!
2011-12-11 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.7-京都会館の保存を願う文化人ら続々
2011-11-28 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.6-11月15日開催シンポジウムのご報告
2011-08-15 岡崎公園と疏水を考える会ニュースNo.5-「岡崎公園と疏水を考える会」
2011-08-10 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.4-「岡崎公園と疎水を考える会」
2011-06-23 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.3-説明会参加のご案内
2011-06-10 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.2
2011-03-28 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.1
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-29 00:01 | 2011/12
2011-11-29 脱原発市長を京都から 勝手連が記者会見-「京都民報Web」
脱原発市長を京都から 勝手連が記者会見

中村和雄さんを市長にしよう!勝手連 来年1月22日告示の京都市長選に向けて結成された、「中村和雄さんを市長にしよう!勝手連」は28日、京都市内で記者会見し、「勝手連」発足の経過と1月8日に行う集会について発表しました。

 事務局を務める田中愛子さんが、「勝手連」について「10月、脱原発を明確にして行動してくれる中村さんを市長にしたいと仲間が集まって発足した。原発問題だけでなく、格差教育、非正規雇用、京都会館建て替えを進める市政を変えたいと200人を超える賛同者が集まっている」と説明。1月8日午後1時半から、東山いきいき市民活動センター(東山区)で開催する「こんな京都をつくりたい」と題した集会について、「一人でも多くの人に参加してもらい、中村さんのことを知ってほしい。そのチャンスを作っていくのが、私たちの役割」と述べました。

 原発問題の講演会を各地で行っている、フリーライターの守田敏也さんは「脱原発のうねりを京都から発信したい。中村市長実現で市政を変えるとともに、国のあり方も変えていきたい」と訴えました。
 同席した中村氏は、「新しい市政を作りたいと願っている市民が数多くいる。脱原発、公契約条例、市役所改革の3つを重点にした市政刷新プログラム実現へ、市民と力を合わせたい」と述べました。


■脱原発市長を京都から 勝手連が記者会見-「京都民報Web」

2011-11-07 京都市長選、2月5日投開票-「京都新聞」

■かどかわ大作 京都市長公式HP
■門川大作-Wikipedia
門川大作マニュフェストムービー
■京都の未来をつくる会HP
■中村和雄 HP
中村和雄マニュフェスト
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-29 00:00 | 2011/12
2011-12-27 岡崎文化芸術・交流拠点地区の区域内における建築物の制限の緩和の緩和に関する条例
岡崎文化芸術・交流拠点地区の区域内における建築物の制限の緩和の緩和に関する条例
[2011年12月27日]
条例の名称

京都都市計画(京都国際文化観光都市建設計画)特別用途地区(岡崎文化芸術・交流拠点地区)の区域内における建築物の制限の緩和に関する条例

公布平成23年12月21日京都市条例第26号

施行:岡崎文化芸術・交流拠点地区に係る都市計画の決定の告示があった日
特別用途地区を定める目的

岡崎文化芸術・交流拠点地区内における文化芸術活動及び交流の拠点としての機能の維持増進を図り,もってにぎわいのある魅力的な市街地の形成に資することを目的とする。

※特別用途地区とは,都市計画法及び建築基準法に基づき,地域の特性に応じた特別の目的から,建築物の用途の制限又は緩和を定める地区をいいます。


対象の区域
岡崎地域のうち,文化・交流施設が集積する下図の区域とします。

※下図は参考図です。対象地区は,都市計画法第20条第1項(同法第21条第2項において準用する場合を含みます。)の規定に基づく岡崎文化芸術・交流拠点地区に係る都市計画の決定の告示があった区域となります。
d0226819_1213271.png


条例

(平成23年12月21日条例第26号)
京都都市計画(京都国際文化観光都市建設計画)特別用途地区(岡崎文化芸術・交流拠点地区)の区域内における建築物の制限の緩和に関する条例

(目的)
第1条 この条例は, 建築基準法第49条第2項の規定に基づき、京都都市計画(京都国際文化観光都市建設計画)特別用途地区(岡崎文化芸術・交流拠点地区) (以下「岡崎文化芸術・交流拠点地区」 という。)の区域内における建築物の用途に関する制限の緩和に関し必要な事項を定めることにより,文化芸術活動及び交流の拠点としての機能の維持増進を図り,もってにぎわいのある魅力的な市街地の形成に資することを目的とする。

(適用区域)
第2条 この条例の適用区域は,都市計画法第20条第1項(同法第21条第2項において準用する場合を含む。)の規定に基づく岡崎文化芸術・交流拠点地区に係る都市計画の決定の告示があった区域とする。

(建築物の用途に関する制限の緩和)
第3条 「岡崎文化芸術・交流拠点地区」、地区の区域内においては, 建築基準法第48条第6項本文の規定にかかわらず,次に掲げる建築物を建築することができる。
(1)劇場、映画館、演芸場又は観覧場
(2)自動車車庫(地階の部分をその用途に供するものに限る。)
(3)展示場

(委任)
第4条 この条例の施行に関し必要な事項は。市長が定める。
 附 則
この条例は,岡崎文化芸術・交流拠点地区に係る都市計画の決定の告示があった日から施行する。

pdf岡崎文化芸術・交流拠点地区の区域内における建築物の制限の緩和に関する条例(ファイル名:okazakitokubetuyoutochikukennchikujyourei.pdf サイズ:86.30 キロバイト)


施行日
 岡崎文化芸術・交流拠点地区に係る都市計画の決定の告示があった日

お問い合わせ

都市計画局建築指導部建築指導課
電話: 075-222-3620 ファックス: 075-212-3657
E-mail: kenchiku-sidou@city.kyoto.jp


d0226819_1244591.jpg

■岡崎文化芸術・交流拠点地区の区域内における建築物の制限の緩和の緩和に関する条例-「京都市情報館」

2011-11-18 補正など25議案提案へ 京都市、京都会館改修関連も-「京都新聞」
2011-06-29 市の岡崎地区活性化ビジョン 住民「静けさ維持を」-「京都新聞」
2011-07-26 岡崎地域活性化ビジョンの実現に向けた都市計画制限等の見直し素案について(歴史的風致・・
2011-09-08 岡崎地域活性化ビジョンの実現に向けた都市計画制限等の見直し素案に関する市民意見募集の結果
2011-07-29 みなさんの声を京都市に送ってください パブリックコメント応募について
2011-08-22 「岡崎地域都市計画制限見直し素案」のパブリックコメント記入例-「京都市民Iさんの場合」
2011-05-02 「岡崎地域活性化ビジョン」ができました!-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-27 00:00 | 2011/12
2011-12-26 京都会館のホール利用団体等に対する再整備事業説明会の実施について-「京都市情報館」
京都会館のホール利用団体等に対する再整備事業説明会の実施について

広報資料
平成23年12月22日
文化市民局(文化芸術企画課 電話366-0033)

 昭和35年の開館以来多くの方々に愛されてきた京都会館は,平成22年に開館50周年を迎え,施設全般の老朽化が著しく,近年の利用者ニーズに応えられない状況が顕著になる中,「京都会館再整備基本計画」を策定し,現在,基本設計を進めているところです。

 京都市では,これまでに京都会館のホールを多く御利用いただいた団体の皆様をはじめ,文化芸術活動を行っておられる団体の皆様を対象に現在の取組状況等を御説明させていただき,また再整備後の舞台機構,舞台サイズ等について意見交換をいただく場として,以下のとおり説明会を実施します。

日時・場所
平成24年1月15日(日曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで
京都会館 第1会議室 
(住所:京都市左京区岡崎最勝寺町13番地 TEL:075 -771-6051)

参加対象
・京都会館開館50周年記念式典に係る表彰団体
・一般募集団体15団体程度
※団体での参加のみ。個人での参加は不可。

一般募集団体枠参加申込方法

1 応募方法
別紙の参加申込書に必要事項を記載のうえ,下記「6 申込書送付先」まで郵送,FAX,又は電子メールにより送付してください。応募多数の場合は,抽選させていただくことがあります。

2 受付期間
平成23年12月26日(月曜日)~ 平成24年1月6日(金曜日)【※消印有効】
議題(予定)

1 京都会館再整備に係る取組状況について

2 舞台機構,舞台装置等の整備内容に対する御希望・御意見について

3 意見交換
説明会の一般傍聴
8名(説明会開始の15分前までに会場までお越し願います。多数の場合抽選とします。)


申込送付先
1 あて先
文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課 京都会館再整備担当

2 住 所
〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

3 電 話
075-366-0033

4 FAX
075-213-3181

5 電子メール
bunka@city.kyoto.jp

その他
説明会に御参加頂けない場合は,別紙の参加申込書で御意見をお寄せいただいても結構です。

広報資料等
pdf広報資料(ファイル名:kohoshiryou.pdf サイズ:219.68 キロバイト)
pdf参加申込書(pdfファイル)(ファイル名:sankamoushikomisho.pdf サイズ:121.55 キロバイト)
doc参加申込書(wordファイル)(ファイル名:sankamoushikomisho.doc サイズ:235.50 キロバイト)

d0226819_18145655.jpg
d0226819_18152469.jpg

■2011-12-26 京都会館のホール利用団体等に対する再整備事業説明会の実施について-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-26 00:01 | 2011/12
2011-12-26 回顧2011 きょうと-「読売新聞」
回顧2011 きょうと

2011年もあとわずかとなった。東日本大震災で、人と人、また人と地域との「絆」の大切さを再認識させられた、この1年。被災地に向け、府内からも様々な支援が送られた一方、故郷を離れ、年末を京都で過ごしている被災者も少なくない。「来年は京都、そして日本中を良いニュースが駆け巡りますように」。そんな願いを託しながら、この1年を4回に分けて振り返る。(年齢、肩書は当時)

 1月  10日 全国高校サッカー選手権大会で、府立久御山高(久御山町)が準優勝。府勢による43大会ぶりの優勝はならなかったが、高い技術力からパスを回す久御山スタイルを全国に知らしめた。松本悟監督は「国立(競技場)が盛り上がってくれたことには満足。一歩及ばなかったのは私の力のなさで、またここに戻ってきたい」

 29日 鴨川を見渡せる風情から、俳優・勝新太郎さん(故人)を始め多くの著名人に親しまれたホテルフジタ京都(中京区)が閉館。総支配人の福井三千男さん(60)は「お客さんの深い思いで、ホテルを育ててもらった」。跡地には米国系高級ホテルチェーン「ザ・リッツ・カールトン」が進出する。

 2月  6日 舞鶴市長選で新人で前舞鶴共済病院長の多々見良三さん(60)(無所属)が、再選を目指した現職に大差をつけて圧勝し、初当選した。

 7日 京都市が、改修を計画中の文化施設「京都会館」(左京区)の命名権(ネーミングライツ)を、半導体大手「ローム」(右京区)に52億5000万円で売却することで合意したと発表。契約期間は改修工事後、50年間で「異例の長期契約」。契約は9月に締結。

 22日 ニュージーランド・クライストチャーチ地震が発生。ビルが倒壊した語学学校では多くの日本人が犠牲となり、浜崎有希さん(23)(山科区)も亡くなった。浜崎さんの遺族は留学生の交流施設を現地に建設する計画を進めており、父親は「有希が大好きだった国で、留学生が触れあう場を作れば、きっと天国で喜んでくれるはず」。

 26日 京都大の入試問題が試験時間中にインターネットの質問掲示板に投稿されていたことが発覚、その後、他の3大学でも同様の投稿があったことがわかった。府警は3月、偽計業務妨害容疑で男子予備校生(19)を逮捕。予備校生は「生活が苦しいため母親に迷惑をかけられず、どうしても京大に合格したかった」。京大の松本紘学長は「自らの行為を深く反省し、更生してもらいたい」。

 3月  7日 京都選出の前原誠司外相が、在日韓国人の支援者から政治献金を受け取っていた問題の責任を取って辞任。6日の辞任表明の記者会見で前原氏は「外国や国民から疑心暗鬼の目で見られ、日本の外交の信頼性を揺るがせるようなことになれば本意ではない」

 11日 東日本大震災が発生。直後から府内でも義援金や支援物資を募ったり、医師や看護師を派遣したりする動きが本格化。旅行中に震災が起き、京都市内で開かれた犠牲者を悼むイベントにスタッフとして急きょ参加した宮城県角田市の会社員小林司さん(30)は「今、僕にできるのは、義援金の依頼とともに現地のことを伝えること。みなさんの温かさに感謝しながら、少しでも被災地の助けになるよう頑張りたい」
(2011年12月26日 読売新聞)

■回顧2011 きょうと-「読売新聞」

2011-02-08 「京都会館」命名権 50年で52億円ローム獲得-「読売新聞」
2011-02-08 京都会館命名権、ロームに 公募せず売却、市会委紛糾-「京都新聞」
2011-09-13 京都会館命名権売却 市、ロームと50億円一括納入契約-「京都新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-26 00:00 | 2011/12
2011-12-26 京都市の総合特区の指定について-「京都市情報館」
京都市の総合特区の指定について

 本年9月に本市が国に申請した「地域活性化総合特区」及び「国際戦略総合特区」の2件の総合特区について,国の審査の結果いずれも採択され,本日付で内閣総理大臣による指定を受けましたので,お知らせ致します。
1 指定された総合特区の名称・概要等

(1)地域活性化総合特区

ア 名  称  
 京都市地域活性化総合特区 豊かな文化と自然のもと,世界中から人々が集う,「ほんもの」に出会う京都 ~5000万人感動都市へ~

イ 申請主体  
 京都市・京都府

ウ 概  要  
 日本文化の原点である京都の奥深い,“ほんもの”の魅力に更に磨きをかけ,「世界の人々が日本文化の神髄と美しい町並みを求めて集う国際観光拠点の形成」,更には「世界の芸術家,文化人,研究者や職人が自由に集い,学び,はばたく文化自由都市の創造」を実現する。これにより,地域経済の活性化を図るとともに,国全体の観光立国の実現を先導する。(詳細は別紙1) 

エ 指定区域  
 京都市域

(2)国際戦略総合特区

ア 名  称  
 関西イノベーション国際戦略総合特区

イ 申請主体  
 京都市・京都府・大阪市・大阪府・神戸市・兵庫県

ウ 概  要  
 医薬品・医療機器,バッテリー・エネルギー等の産業分野において,産学官のポテンシャルをフル活用し,先端研究から実用化・市場化のスピードアップやイノベーションを次々と創出する仕組みづくり,アジア等への海外展開,国際競争力の強化などに,府県域を超えたオール関西で取り組む。(詳細は別紙2)

エ 指定区域  
 京都市・京都府・大阪市・大阪府・神戸市・兵庫県の区域の一部
 (京都市内は,京都大学医学部,京都大学病院及び京都府立医科大学の区域)

2 今後の予定
平成24年1月~ 

・「国と地方の協議会」が設置され,具体的な規制緩和・税財政支援等の特例措置に関して協議
・総合特別区域計画(特例措置の対象事業を記載)の作成・認定

3 全国の指定状況
(1)国際戦略総合特区  7件(指定申請は11件)
(2)地域活性化総合特区 26件(指定申請は77件)

(参考URL) http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/sogotoc/index.html

別紙
pdf別紙1 京都市地域活性化総合特区の概要(ファイル名:bessi1.pdf サイズ:857.66 キロバイト)
pdf別紙2 関西イノベーション国際戦略総合特区の概要(ファイル名:bessi2.pdf サイズ:342.97 キロバイト)
d0226819_1115015.jpg

■京都市の総合特区の指定について-「京都市情報館」

社会資本整備総合交付金(仮称)-「国土交通省」
2011-12-28 総合特別区域の第一次指定申請書に関する関係府省庁からの意見について-「国土交通省」
2011-12-28 京都市地域活性化総合特区(申請書別表・規制の特例措置等の提案書等)への各府省からの意見について
2011-09-30 総合特区「豊かな文化と自然のもと世界中から人々が集う「ほんもの」に出会う京都-「京都府」
2011-10-03 京都市・京都府の総合特区申請について-「京都市情報館」
2011-12-22 府・京都市 国の「総合特区」に 産業、観光を活性化へ-「京都新聞」
2010-09-22 「総合特区制度」に関する提案募集における提案内容について-京都市
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-26 00:00 | 2011/12
2011-12-22 「京都会館建て替えは白紙撤回に」 文化フェスタで中村さんが力説-「京都民報Web」
「京都会館建て替えは白紙撤回に」 文化フェスタで中村さんが力説

京都市長選で中村和雄市長を実現しようと、「京都市政を刷新する会・文化の会」は21日、京都市左京区の教育文化センターで文化人によるステージを開きました。300人が参加しました。

 詩人やシンガーソングライター、シャンソン歌手らが東日本大震災被災者への思いを込めてパフォーマンスを、また松下悦子、角田奈央両氏がピアノと歌曲、早田彩子氏がピアノ独奏をそれぞれ披露しました。

 中村和雄氏がステージに上がり、同日発表した「市政刷新プログラム」の内容を報告。京都会館の建て替えについて、「内装を改善する必要があるものと住民が10年間議論してきたが、現市長がいきなり企業と提携し全面建て替えを決定した。住民無視のとんでもないやり方だ。私が市長になれば、白紙撤回にする」と強調。参加者から激励の花束を受け取りました。

 中村氏は洛北青年合唱団員の青年労働者・佐藤大介さんと対談し、「一度仕事を辞めると次の仕事につけない」「青年が自由に表現できる場所がなくなっている」などの意見について、ていねいに答えました。


■「京都会館建て替えは白紙撤回に」 文化フェスタで中村さんが力説-「京都民報Web」

■京都市政を刷新する会・文化の会

■京都の未来をつくる会HP
■中村和雄 HP
中村和雄マニュフェスト
中村和雄京都市長候補の市政刷新プログラム(全文)
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-22 00:00 | 2011/12
2011-12-22 府・京都市 国の「総合特区」に 産業、観光を活性化へ-「京都新聞」
府・京都市 国の「総合特区」に 産業、観光を活性化へ

 政府は22日、国の経済成長の拠点にする「国際戦略総合特区」に京都府をはじめとする「関西」など7件、地域力向上のための「地域活性化総合特区」に京都市など26件を指定した。指定地域では規制緩和による産業活性策や法人税減免による企業誘致など、地域の特色を生かした取り組みが始まる。(3面に関連記事)

 総合特区は、政府が新成長戦略の柱に位置付ける取り組み。両特区の計33地域で2015年度には経済効果を計9兆円、雇用創出効果を計37万人と試算している。

 京都府が大阪府、兵庫県、京都市などと提案した「関西イノベーション国際戦略総合特区」は、環境や新エネルギー、医療・健康産業などの一大研究開発エリアを目指す。厚生労働省が管轄する旧「私のしごと館」(京都府精華町、木津川市)を研究開発拠点として活用することなどを盛り込んでいる。

 京都市と京都府が提案した「京都市地域活性化総合特区」は、文化財保護や観光振興の推進を目指す。

 具体的な規制緩和や税制優遇措置は、各地域ごとに年明けにも設ける「国と地方の協議会」で、提案団体と規制などを所管する関係省庁が議論しながら実現を目指す。

 総合特区には、全国から計88件の提案があり、事前選考に残っていた長浜市と京都大の「生涯カルテ特区」は選ばれなかった。

 また、国が支援する「環境未来都市」には、岩手県釜石市など東日本大震災の被災地6件を含む計11件を選んだ。


府・京都市 国の「総合特区」に 産業、観光を活性化へ-「京都新聞」

2011-10-01 京都府・市、観光振興へ特区申請 京町家の転用基準緩和-「日本経済新聞」
2011-09-30 総合特区「豊かな文化と自然のもと世界中から人々が集う「ほんもの」に出会う京都-「京都府」
2010-08-18 岡崎地域を総合特区に、京都市、国に提案へ-「京都新聞」
総合特区・構造改革特区-「京都府」
2011-10-03 京都市・京都府の総合特区申請について-「京都市情報館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-22 00:00 | 2011/12
2011-12-21 京都会館建て替えに異論続出(3)第2回シンポジウム開く--「Jan Jan Blog」
京都会館建て替えに異論続出(3)第2回シンポジウム開く

12月18日午後京都会館会議室で第2回目となるシンポジウムが開かれた。会場となった会議室は会館の設計の時に国際会議開催も意識したものといわれていて、南北に大きな窓がある。冬場となった当日はよく晴れてその窓から太陽光が差し込んでいた。さらには北側窓からは大文字山が、南窓には二条通りの紅葉が見れた。この環境の中で300人と満席で会議は始まった。

シンポジウムの第一部で会館のお隣でもある国立近代美術館の設計者・槇 文彦さんが自らの設計した名古屋大学豊田会館と立正大学との改築に触れた。前者を「良い改築」、後者を「悪い改築」としてその理由を明らかにし「悪い改築は設計者の気持ちを全く相談することなく施工してしまうことだ」と言い切った。会館が設計者の中になかった「オペラハウス」ありきを改築で言い出したことに「信じられない」という言葉に通じるようだ。

ついで京都信用金庫の設計で京都と縁の深い富永 譲さんがマイクを握り「建築物は劣化を防げないので直すことは仕方がない。しかし施主と施工後の交流がないことが多いので断絶してしまう。」「法政大学でもお堀にマッチした建物が壊された。」「今あるものを大事にして最小限度のものにとどめるべきではないか」と話した。

最後に、いち早く京都会館の改築に当たって「モダニズム建築の最高峰京都会館の改築は現在の形を充分に残こすべきだ。」と京都市に申し入れたDOKOMOMOJapannの鈴木 博之さんが登壇した。

第二部では10年もかけて地元での話し合いの中で改築に取り組んできた高知県日土小学校の木造校舎を例えに花田 佳明さんが苦労話を披露した。とくに会館と同じ川沿いに建つ校舎との共通性を示しながら地元の方が最終的には喜んでいると結んだ。

次いで地元大学で教鞭をとる横内 敏人さんは入学してきた1回生を京都会館と近代美術館を歩かせて「どちらの建物が気にいったか」とアンケートを取ると、圧倒的に会館の方が多いという。また、ある女子大生の回答を引用して「会館は何度も舞台に立っている。比較できるような建物ではない。生活の一部が染みついている」と地元ならではの気持ちを書いたという。

最後に12月13日に行われた京都市会議員(民主党)、京都市都市計画局公共建築部(課長)、京都市市民局文化芸術都市推進室(課長)との意見交換会に参加した西本 裕美さんがその内容を報告した。
(以下略)


京都会館建て替えに異論続出。シンポジウム開く(1)
http://www.janjanblog.com/archives/52829
京都会館建て替えに異論続出(2)当初は自民党議員が怒った
http://www.janjanblog.com/archives/53335
京都会館改修で景観条例規制はずす
http://www.janjanblog.com/archives/44414 


■京都会館建て替えに異論続出(3)第2回シンポジウム開く--「Jan Jan Blog」

堀内隆喜記者のプロフィール

京都在住。写真家。京都の伝統行事、文化、風景の取材で市内を動き回る。京都の最新写真ニュースはhttp://kyopht.staff-forone.com/ でご覧下さい。なおアーカイブはhttp://kyoto-shashin.blog.so-net.ne.jp/ をご利用ください。janjan記者歴5年。


■12月18日京都会館シンポジウム関連記事

2011-12-18 第2回緊急シンポジウム「京都会館のより良き明日を考える」開催のご案内 

2011-06-25 京都会館改修で景観条例規制はずす-「Jan Jan Blog」
2011-10-12 京都会館建て替えに異論続出。シンポジウム開く(1)堀内隆喜-「JANJANブログ」
2011-10-16 京都会館建て替えに異論続出(2)当初は自民党議員が怒った堀内隆喜-「JANJANブログ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-12-21 00:00 | 2011/12