<   2012年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
2012-05-30 平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会の開催について
平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会の開催について
[2012年5月30日]
広報資料
平成24年5月29日
都市計画局(都市景観部景観政策課 電話222-3397)

平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会の開催について

 平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

1 開催日時
 平成24年6月4日(月曜日) 午前10時から正午まで(予定)

2 開催場所
 京都市役所本庁舎1階 E会議室

3 議題
(1)京都産業大学新1号館(仮称)及び新7号館(仮称)の建築計画について(諮問)
(2)京都会館再整備に関する風致地区条例第2条第3項による協議について(事前協議)
(3)円通寺を視点場とする眺望空間保全区域内における標高規制の特例許可について(報告)

                           
4 会議の傍聴
 (1) 傍聴定員 5人
    (報道機関の方には,別に座席を設けます。)
(2) 傍聴の受付方法
    傍聴の受付は,当日の午前9時30分から午前9時45分まで,会場受付で行います。
    傍聴希望者が定員を超えた場合は,抽選により傍聴者を決定します。
 (3) その他
    当日,審議会が公開すべきでないと認めた場合は,非公開となる場合があります。
(参考)
 京都市美観風致審議会は,市街地の美観及び都市の風致の維持,伝統的建造物群の保存その他都市景観の維持及び向上に関する事項について,市長の諮問に応じ,調査し,審議する審議会です。景観専門小委員会は,その中に設置された景観専門の委員会で,学識経験者等専門家8人で構成されています。
当日,審議会が公開すべきでないと認めた場合は,非公開となる場合があります。

○京都市美観風致審議会景観専門小委員会委員
尼﨑博正 京都造形芸術大学教授
川﨑雅史 京都大学大学院教授
河邉聰 京都工芸繊維大学名誉教授 委員長
佐々木厚司 京都工芸繊維大学大学院講師
田坪良次 京都市立芸術大学名誉教授
中嶋節子京都大学大学院准教授
森本幸裕 京都学園大学教授
門内輝行 京都大学大学院教授 委員長代理

■平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会の開催について-「京都市情報館」
○京都市風致地区条例
2012-06-04 京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会 配布資料

風致地区条例第2条第3項

3 国若しくは地方公共団体の機関又は別に定める公共的団体(以下「国の機関等」という。)が行う行為については,第1項の規定による許可を受けることを要しない。この場合において,国の機関等は,その行為をしようとするときは,市長に協議しなければならない。

[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-30 00:00 | 2012/05
2012-05-29 京都市議会:広域連合加入、8月にも 27議案可決−−閉会 /京都-「毎日新聞」
京都市議会:広域連合加入、8月にも 27議案可決−−閉会 /京都

毎日新聞 2012年05月29日 地方版

 京都市議会5月定例会は28日、53億6800万円の一般会計補正予算案や市の関西広域連合への加入に必要な議案など27議案と昨夏の五山の送り火で燃やそうと岩手県陸前高田市から送られて、保管されたままになっているまきの取り扱いの早期解決を求める決議など8件の意見書・決議を可決し、閉会した。

 今議会、補正予算では、京都会館再整備事業で今後約110億円を投じることを決定。また、昨年6月、西京区の洛西ニュータウンで起こった水道管破裂によるガス管破損事故での大阪ガスへの損害賠償約9億9000万円も認められた。

 一方、現在オブザーバー参加となっている関西広域連合に神戸市とともに加入するために必要な規約改正について、京都府や大阪府、大阪市などとの協議を求める議案も可決。今後、加入自治体が議会で両市加入を認めた後、総務相の許可を得て8月ごろ正式加入の見込み。

 陸前高田市からのまきについては、昨年8月から西京区の倉庫に保管されているが、全会一致で可決された決議では、科学的に市民の安全を確保した上で早急に適切な解決方法を決定、実行するよう市に要請している。【林哲平】

■京都市議会:広域連合加入、8月にも 27議案可決−−閉会 /京都-「毎日新聞」

2012-05-28 平成24年第2回定例会 平成24年度京都市一般会計補正予算【議案・審議結果】
2012-05-07 京都会館整備 総工費110億円 京都市、想定上回る-「京都新聞」
2012-02-17 京都市一般会計7381億円 12年度当初予算案 -「京都新聞」他
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-29 00:00 | 2012/05
2012-05-28 京都市議会/一般会計補正予算案等に対する反対討論-「とがし豊/子育て市議奮戦記」
京都市議会/京都会館の解体・新築に反対し、改修にとどめるよう求め討論
テーマ:気になる京都のニュース
2012年05月28日(月) 11時30分01秒

京都会館の解体・新築を狙う京都市の補正予算案が賛成多数で可決成立しました。

自民・民主・公明・京都党・みんな・無所属が賛成。

日本共産党は反対。

私は、日本共産党を代表して、補正予算案への反対理由を述べるとともに、京都会館再整備については、解体・新築をやめ、改修を基本とした計画にたちかえることをもとめました。

以下討論

日本共産党京都市会議員団は、議第78号平成24年度京都市一般会計補正予算案および議第80号平成24年度京都市基金特別会計補正予算案について反対の態度を表明しておりますので、その理由を述べます。

<広域連合加入問題>

第一に、道州制に道を開く関西広域連合に正式加入するための分担金が含まれている点です。今後の府県からの行財政権限の委譲や国の出先機関の移管に伴う業務拡大によって、大幅な分担金が課せられることが予想され、市財政にも大きな負担となりうるからです

<京都会館再整備>

第二に、住民や専門家の意見を聞き入れることなく強引に京都会館再整備を推し進めるための予算や債務負担行為の設定をおこなっている点です。

昨年六月に京都市の示した京都会館再整備基本計画では、総工費は解体も含めて89億円と説明されていましたが、すでに議決されている解体予算と合わせ約114億円と大幅に膨張しました。

京都市自身が設置した「京都会館の建物価値継承に係る検討委員会」から、景観への配慮から高さやボリュームを抑えることなど多岐にわたる「提言」がだされました。

ところが、基本設計の図面も議会には未だに示されず、検討委員会の指摘が基本設計に反映されているかどうかもわからないまま、とにかく必要となる事業費だけは議会で議決してくれとはあまりにひどい話です。

京都市が建物の高さを規制し眺望などを守る景観政策を進めながらも、地区計画の手法を使って、専門家や住民のチェックをうけることなく、自らは規制緩和で景観政策に反する方向に進もうとしていることは重大です。

京都会館再整備をめぐっては、京都市の文化行政や景観政策に大きな影響をあたえる課題であるにもかかわらず、これまでも議会や市民に必要な情報が提供されてきませんでしたが、この期に及んでもこの姿勢は正されていません。

我が党は、改めてここで、京都会館再整備は、改修を基本とした計画にたちかえることを強く求めるものです。

岡崎の静かで落ち着いた雰囲気に溶け込んでいる現在の京都会館の建物価値をしっかりと継承しつつ、音響・客席・バリアフリーの改善やトイレ増設など多くの市民のもとめる水準での施設改善は、第一ホールの解体新築ではなく、改修で十分に対応できます。

しかも、改修の範囲であれば、工事費は数十億円単位で少なくできますし、今議案が想定する3ヵ年もの歳月をかけず、短期間で工事を終え、京都会館利用者の文化活動や周辺商店への影響も最小限に抑えることができます。

なお、基本計画は京都会館改修後の課題として「適切な維持管理」を掲げていますが、過大な設備をつくるほどその維持管理費は膨張するのであり、このことが文化行政全般を圧迫あるいは歪めるのではないかという文化関係者の危惧の声は当然であるという点を指摘しておきます。

■京都市議会/京都会館の解体・新築に反対し、改修にとどめるよう求め討論-「京都市議・とがし豊/子育て市議奮戦記」

一般会計補正予算案等に対する反対討論 とがし豊-「日本共産党 市会報告」
とがし豊HP

2012-05-28 5月28日議会【賛成討論】発言内容 森川ひさし-「みんなの党・無所属の会」
2012-05-29 京都市議会:広域連合加入、8月にも 27議案可決--閉会 /京都-「毎日新聞」
2012-05-07 京都会館整備 総工費110億円 京都市、想定上回る-「京都新聞」
2012-02-17 京都市一般会計7381億円 12年度当初予算案 -「京都新聞」他
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-28 00:01 | 2012/05
2012-05-28 5月28日議会【賛成討論】発言内容 森川ひさし-「みんなの党・無所属の会」
5月28日議会【賛成討論】発言内容

皆様は京都会館の建替えに、新たな市民の借金、30億も費やす予定である事をご存知ですか?

森川ひさし議員は、5月議会の最終日、この事を指摘するために、討論に登壇いたしました。

詳細は添付ファイルのとおりです。

ポイントは、100億以上もお金をかけて30億もの新たな借金をして、赤字事業を行うな!
民間感覚をもって経営し、将来負担を大きくするな!
というものです。

<一部抜粋>
最後に、京都会館については、老朽化がすすんでおり、また、他都市のホールと比べ、舞台装置が大きく、見劣りしていることから、より素晴らしい演劇やコンサートを実施させるように改良を加えることは、文化首都京
都を目指すためにも必要です。よって、これらの補正については、いずれも、この時期に行う必用性があると認められ、賛成いたします。
そのうえで、我々は、京都会館の再整備について市長と関係当局に要望します。それは、建替えられた後の京都会館の姿、100億円もの大金、そのうち30億円以上は借金です。これほどのお金をつかって、どのような会館になるのか、借金に見合う価値のある、将来性のある内容であるのかどうか。この事を、ぜひ、早急に議会と市民にお示しいただきたいという事です。

文化・芸術だからといって、赤字が許される時代ではありません。少なくともこの是非は市民が判断すべきです。
文化・芸術が仮に公が担う事業であったとしても、会館経営が、それを理由に赤字で仕方ないとはいえません。もっと言えば、われわれは公の仕事でも、民間にも担えると思います。民間会社のように、しっかりとカットするべきはカットし、儲けるところは儲け、差額の儲けた分は、使用料の値下げや、文化にかかわる基金として、将来に備え、持続可能な文化・芸術の発展に努めるべきである、と思います。

京都会館の運営については、平成22 年度決算では6,800 万円の赤字です。
さらに今回の建替に要する借金と金利負担までを加えると、赤字額がさらに膨らみ、市民へ大きな負担として会館があり続ける限り重くのしかかる恐れがあるにもかかわらず、建替後の収支計画についてはいまだに市民に説明されていません。

添付ファイルpdf

d0226819_16441495.jpg

■5月28日議会【賛成討論】発言内容 森川ひさし-「みんなの党・無所属の会」
森川ひさしHP
みんなの党・無所属の会 ブログ
2012-05-18 京都会館再整備に関する審議予定について-「京都市会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-28 00:00 | 2012/05
2012-05-28 平成24年第2回定例会 平成24年度京都市一般会計補正予算【議案・審議結果】
平成24年度京都市一般会計補正予算
市長提出議案 提出月日 5月14日 /議決月日 5月28日/議案番号 議78/
審議結果 可決 自民○ 共産× 民主○ 公明○ 京都○ み・無○ 付帯決議等 無
第2表
京都会館再整備事業費 期間平成25年度から平成27年度まで 限度額 11,010,000千円(110億1千万)

第3表
市債補正 補正前の額1443,000千円 補正額29,000千円(2900万) 補正後の額1472,000千円(147億2千万) 利率8.0以内

d0226819_1273556.jpg
d0226819_1274952.jpg
d0226819_1211086.jpg
d0226819_12124541.jpg

■平成24年第2回定例会 平成24年度京都市一般会計補正予算【議案・審議結果】-「京都市会」
■平成24年第2回定例会 【議案・審議結果】
■定例会・臨時会の審議


2012-05-29 京都市議会:広域連合加入、8月にも 27議案可決--閉会 /京都-「毎日新聞」
2012-05-07 京都会館整備 総工費110億円 京都市、想定上回る-「京都新聞」
2012-02-17 京都市一般会計7381億円 12年度当初予算案 -「京都新聞」他
2012-05-28 京都市議会/一般会計補正予算案等に対する反対討論-「とがし豊/子育て市議奮戦記」
2012-05-28 5月28日議会【賛成討論】発言内容 森川ひさし-「みんなの党・無所属の会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-28 00:00 | 2012/05
2012-05-26 京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く(2)-「京都民報web」
京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く(2)

2012年5月26日 09:00
(1)のつづき

 
京都市が進める京都会館(左京区岡崎)の全面建て替え計画を検討してきた市の諮問機関「京都会館の建物価値継承に係わる検討委員会」(岡﨑甚幸・武庫川女子大学教授)は、「建物の歴史的な価値や周辺の風致を損なわないよう」、高さを抑えることなど異例の14項目の提言を発表(4月23日)しました。同委員会副委員長を務めた石田潤一郎・京都工芸繊維大学教授に、委員会の議論や提言の内容について聞きました。

──「京都会館建物価値継承に係わる検討委員会」での議論の中身を教えて下さい。

石田 
高さと景観問題が大論議となりました。岡崎一帯の建物の高さ規制は15メートルです。ところが、京都会館再整備基本計画では、建物を高さ約31メートル(現行27.5メートル)にするもので、景観への影響が市民的にも問題となっていました。
 委員会では、そのことが一層明白となりました。同計画に基づくシミュレーション(図参照)を市が委員会で公開したからです。委員の求めでようやく提出されましたが、これを見たら多くの市民が驚くのではないでしょうか。
 東山を借景に広がる岡崎地域に、高さにすれば8階建てマンションが屹立(きつりつ)しているイメージです。ボリュームも、最頂部が疏水側に現在よりも20メートルもせり出してくるので、相当あります。
 なぜこれだけのものが必要か。市は、現在のホールの標準が、舞台の天井の高さ27㍍(現行12~15.5メートル)であり、これを下回ると使ってもらえないというのです。これまで、世界的オペラ誘致のためにもこの高さが必要と言ってきました。ところが、委員会では、改築の狙いが、ポピュラー音楽の巨大コンサートと大型のミュージカルにあると説明しました。

──これでは、大議論になるのも当然ですね。

石田 
そうです。景観面の配慮が必要であるという意見が強く出されました。
 例えば、道家駿太郎委員(日本建築家協会近畿支部京都会会長)は、京都の多くの建築家や設計者が京都の将来を考え、高さ制限を守る努力をしてきたことを強調し、再考を求めました。それでも、市がいう「舞台内の天井の高さ27メートル程度」という再整備基本計画をくつがえすにはいたりませんでした。
 シミュレーションにしても、判断材料としては不十分だと私やほかの委員からも指摘がありました。

──こうした論議を踏まえ、どんな提言になったのでしょうか。

石田 
市の諮問機関としては、相当踏み込んだ提言となりました。
 このままの計画であれば、岡崎地域の風致に重大な影響を与えると指摘し、「高さとボリュームを抑えるべき」と提起しました。計画の根本にかかわる重要な内容です。
 委員が提言の実行を強く迫ったことも大事です。中川理委員(京都工芸繊維大学教授)は「提言に従って設計案の検証が必要だ」と述べ、設計のやり直しを求めました。橋本功委員(前川建築設計事務所所長)も「提言を重く受け止めるべきだ」と指摘しました。
 これに対して、平竹文化芸術担当局長文化市民局が「提言をより生かしていけるようにしていく」と答えたことも重要です。
 また、提言では、精緻(せいち)な景観シミュレーションを行うことを求めました。私は、シミュレーションについては、少なくともやり直すべきだと考えます。その上で、ヨーロッパでは一般的に行われている様に、シミュレーションや設計模型、CGを市民に公開し、再度市民の意見を聞き直すべきだと思っています。
(「週刊しんぶん京都民報」2012年5月27日付掲載)

d0226819_14375725.jpg

■京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く(2)-「京都民報web」


2012-06-10 京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く(4)-「週刊京都民報」

2012-06-03 京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く(3)-「週刊京都民報」
2012-05-26 京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く(2)-「京都民報web」
2012-05-17 京都会館検討委員会異例の「提言」の真相 石田潤一郎氏に聞く -「京都民報web」

■京都会館の建物価値継承に係る検討委員会関連記事
2012-06-05 京都会館再整備工事に係る基本設計について-「京都市情報館」
2012-06-22 検討委員会提言を受けた基本設計内容/景観シミュレーション-「京都市情報館」
2012-06-22京都会館再整備工事 入札公告について-「京都市情報館」

■京都会館の建物価値継承に係る検討委員会関連記事

2011-04-27 京都会館の建物価値継承に係る検討委員会提言について-「京都市情報館」
2011-06-24 「京都会館再整備基本計画」の策定について-「京都市情報館」
2012-03-06 京都会館建物価値継承委員会 第4回会議 傍聴メモ(3) 増築予定の共通ロビーと景観検討写真
2012-01-16 京都会館建物価値継承委員会 第3回会議 傍聴メモ(4)意見交換:フライタワー高さについて
2012-03-28 京都会館建物価値継承委員会 第5回会議 傍聴メモ(6) 提言案について、委員会総括
2012-03-06 京都会館建物価値継承委員会 第4回会議 傍聴メモ(5) 景観検討写真 石田氏発言
2011-03-08 第20回 くらし環境委員会記録-その3-「京都市会会議録」 高さ規制の解除について
2011-02-18 新・京都会館 高さネック 規制は15メートル、オペラ上演30メートル必要-「京都新聞
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-26 00:00 | 2012/05
2012-05-26 芸術家の魂を奪わないで 女優・奈良岡朋子さん-「Web民報」
芸術家の魂を奪わないで 女優・奈良岡朋子さん
2012年5月26日 12:00
京都市が進める京都会館(左京区岡崎)の建て替え計画に対して、建物を守れの声が全国から上がっています。市民団体が中心となって取り組む「保存を求めるアピール」に賛同した劇団民藝の女優、奈良岡朋子さんに会館への思いを語ってもらいました。

1950年、劇団民藝の旗上げ公演は『かもめ』ですが、東京で上演できず、兵庫県西宮と京都でわずか10回だけの公演でした。創立間もないヨチヨチ歩きの民藝を文字通り支えてくださったのが京都の街でした。1950年代はほとんどの作品を京都で上演したのではないでしょうか。
 当時、演劇のための設備の整った劇場がなく、ついに1960年5月、念願の新劇場・京都会館を得た時の高揚感、まるで自分たちの劇場を持てたような誇らしさは忘れることができません。
 今回の全面改修のことを知り、私の個人的なノスタルジーからだけでなく、日本という国の文化に対する考えの脆弱さを情けなく思いました。
 外観には手を付けないで、劇場の内部機構を改修すればよいと思います。本来劇場とはそういうものです。
 古い劇場には、その舞台に立った俳優、音楽家など数多くの芸術家の魂が生き続けています。また何代にもわたる市民がそれを語り継ぎ、守り続けています。ヨーロッパを旅する多くの人が、劇場の外観から、シェークスピアを夢想し、ベートーベンを聞くのはなぜでしょう。
 世界の誰もが愛し、憧れる京都の街はどうあるべきか。答えは考えるまでもないでしょう。(「週刊しんぶん京都民報」2012年5月27日付掲載
d0226819_11584369.jpg

■芸術家の魂を奪わないで 女優・奈良岡朋子さん-「Web民報」

2011-11-25 小田和正 京都会館について語る-「FAR EAST CAFE PRESS」
2011-11-19 京都会館の建物価値継承に係る検討委員会 第2回会議 傍聴メモ(1)伊藤氏発言
2011-11-19 「京都文化芸術都市創生計画改定に関するワークショップ」録画-「USTREAM」
2011-10-23 国際都市京都に文化劇場を 三浦基-「京都新聞」
2011-07-05 〈7〉京都会館建て替え案に異議アリ 能楽師 味方玄さん-「京都民報Web」
2011-07-03 〈6〉京都会館建て替え案に異議アリ 振付家 石井潤さん-「京都民報Web」
2011-06-30 〈5〉京都会館建て替え案に異議アリ 日本音楽ペンクラブ会員、中原昭哉さん-「京都民報Web」
2011-06-28 〈4〉京都会館建て替え案に異議アリ 建築家 山﨑泰孝さん-「京都民報Web」
2011-06-21 (2〉京都会館建て替え案に異議アリ 京都バレエ専門学校 有馬えり子校長-「京都民報Web」
2011-02-25 京都会館再整備検討委員会の「意見書」について・その9-「saiseiの京都日記」
2011-02-24 「意見書」を直接提出しました-「2020年の京都の舞台芸術環境を考える会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-26 00:00 | 2012/05
2012-05-25 平成24年度スマートシティ京都プロジェクト支援業務の受託候補者選定に係る公募型プロポーザル
平成24年度スマートシティ京都プロジェクト支援業務の受託候補者選定に係る公募型プロポーザルについて
[2012年5月25日]
お知らせ委託業務の受託候補者を公募致します。(6月6日(水曜日)まで。)

 平成24年度スマートシティ京都プロジェクト支援業務の受託候補者を公募型プロポーザル方式により選定するため,受託希望者を下記のとおり募集します。
目的

 平成24年度業務として,京都ならではのスマートコミュニティの構築に向けた「スマートシティ京都プロジェクト」の検討に際して,研究会等の運営,事業化可能性調査・実証実験の実施に向けた支援,「スマートシティ京都プロジェクト」の具体化に向けた調査分析等を,専門知識を有する業者に委託することとしました。つきましては公募型プロポーザル方式により,本業務の遂行に必要な能力を有する業者を募集します。
内容

 本委託業務の内容については,次の平成24年度スマートシティ京都プロジェクト支援業務の受託候補者選定に係る提案書作成に関する説明書(以下,「説明書」という。)に示すとおりとします。
文書

pdf説明書(ファイル名:24FY_proposal_manual.pdf サイズ:204.10 キロバイト)
スマートシティ京都プロジェクト支援業務の受託候補者選定に係る提案書作成に関する説明書です。

doc様式(ファイル名:24FY_proposal_form.doc サイズ:84.00 キロバイト)
提案書作成に必要な様式です。
委託業務名
平成24年度スマートシティ京都プロジェクト支援業務

契約期間
 委託契約締結の日から平成25年3月31日まで

委託予定額
 4,900,000円を限度とします(消費税及び地方消費税相当額を含む)。

■平成24年度スマートシティ京都プロジェクト支援業務の受託候補者選定に係る公募型プロポーザルについて-「京都市情報館」

地球温暖化対策室-「京都市情報館」
京都岡崎ゼロエミッションパーク事業化可能性調査実施主体:財団法人京都高度技術研究所)

2011-08-09 京都市、岡崎地区に「ゼロエミッションパーク」を計画-「日本経済新聞」
2011-06-10 名称「スマートシティ京都」に 次世代エネルギー研究会-「京都新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-25 00:00 | 2012/05
2012-05-23 島津製作所三条工場敷地 地区計画について地元説明会のご案内-「京都市」
※この説明会はすでに終了していますのでご注意ください。
d0226819_1150230.jpg

d0226819_11494686.jpg
d0226819_11495432.jpg

d0226819_11501197.jpg

■島津製作所三条工場敷地 地区計画について地元説明会のご案内-「京都市」

2012-05-02 民間初、高さ規制緩和案 島津製三条工場で京都市-「京都新聞」
2012-01-20 岡崎地域の高さ規制緩和を決定 京都市都計審、京都会館再整備へ-「京都新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-23 00:00 | 2012/05
2012-05-21 京都会館の解体中止を 775人が住民監査請求-「京都民法Web」
京都会館の解体中止を 775人が住民監査請求
2012年5月21日 10:05

京都市が進める京都会館(左京区岡崎)の全面建て替え計画について、地元住民ら775人が17日、建物の解体中止を求めて住民監査請求をしました。
 住民の代表ら8人が監査委員会を訪れ、同請求書を提出しました。請求では京都会館の歴史的、文化的価値は極めて高く、取り壊しは「財産の効率的運用」を定めた地方財政法8条に違反すると主張。建て替えのため、高さ制限を15メートルから31メートルに緩和したことも、市眺望景観創生条例に違反するとしています。


■京都会館の解体中止を 775人が住民監査請求-「京都民法Web」

2012-05-18 京都会館:「解体工事差し止めを」市民団体が監査請求/京都-「毎日新聞」
2012-05-18 京都会館全面改修撤回求め住民監査請求-「産経新聞」
2012-05-17 京都市に京都市職員措置請求(監査請求)、要望書、署名等を提出してきました
2012-05-17 住民監査請求を提出してきました-「京都会館再整備をじっくり考える会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-05-21 00:00 | 2012/05