タグ:お知らせ ( 173 ) タグの人気記事
2015-10-02 京都まちづくりシンポジウムのお知らせ-京都・まちづくり市民会議
<京都まちづくりシンポジウムのお知らせ>

“京都のまちづくり運動の今を考える”
   故木村万平さんのとりくみにも学んで

日時:10月2日(金)午後6時30分~
場所:ウイングス京都セミナー室B(蛸薬師東洞院上る)

片方信也氏(日本福祉大学名誉教授)
  「京都のまちづくり運動をふりかえる
      故木村万平さんと都心部の景観を守るとりくみ」

中林 浩氏(神戸松蔭女子学院大学教授)
  「新景観政策の実現とその後」

下村泰史氏(京都造形芸術大学准教授)
  「高野から京都のまちづくりを考える」


参加費無料
どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。


d0226819_15471186.jpg

■京都まちづくりシンポジウムのお知らせ-京都・まちづくり市民会議
[PR]
by 2011-kyoto | 2015-10-02 00:00 | 2015/10
2015-03-06 まちづくり共同研究会のご案内
まちづくり共同研究会2015.3.6のご案内

【次回まちづくり共同研究会のテーマ】

 「近代建築物の保存の必要性・実情・問題点・課題・方向性」

講 演:松隈洋(京都工業繊維大学教授、dokomomoJAPAN会長)
日 時:2015年3月6日(金) 18時30分~
会 場:京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るヤサカ烏丸御所南ビル4階/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)
★次回のメインテーマは、「近代建築物の保存の必要性・実情・問題点・課題・方向性」です。
松隈洋氏(京都工業繊維大学教授、dokomomoJAPAN会長)に、国立競技場問題も 含めて、ご講演頂きます。
 20世紀以降の各時期(明治、大正、戦前、戦後を含む)の近代建築物については、我が国の都市計画では位置付けられておらず、文化財保護法も原則50年以上で「厳選主義」のため、保存を求める声が寄せられても、所有者の一存で取り壊されてしまいます。
  近時裁判にまで発展したケースとしても、大阪中央郵便局や京都会館がありますが、住民訴訟で仮処分が認められなくなったため、かっての豊郷小学校の保全のようにはいかず、司法の壁も極めて厚いのが現状です。
  このままでは、我が国では将来世代に近代建築物遺産の承継の断絶をもたらすことにさえなりかねません。
  他方、近代建築物は神社仏閣などと異なり、「凍結保存」ではなく、使いながら保存する(リビング・ヘリテージ)ことが基本となります。

☆また、次のとおりのそれぞれの取り組みの関連報告を受けて、議論したいと思います。

※建築基準法3条条例(建築基準法適用除外条例)の活用と問題点~龍谷大学町家キャンパスの取り組みから/牛尾洋也氏(龍谷大学法学部教授)
※三条通界隈の近代建築物の状況と保存の取り組み/内藤郁子氏(京都景観フォー ラム理事長・建築士)
※塩屋・ジョネス邸保存の市民運動/信森徹氏(旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会)
※弁護士会の取り組み
  近畿弁護士連合会の2014年度人権擁護大会シンポジウム「建築物の保存とまちづくりを考える~どのような建物を、どのように保存するか~-近代建築を中心に-」(11月28日)実行委員会より
 ・オランダ調査報告 竹中由佳理弁護士(京都、シンポ実行委員)
 ・人権擁護大会決議「将来世代に継承すべき歴史的建造物等の保存・活用のために制度改革を求める決議」の解説 奥村太朗弁護士(大阪弁護士会、シンポ実行委員会事務局長)


■2015-03-06 まちづくり共同研究会のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2015-03-05 00:01 | 2015/03
2015-01-23 「まちづくり市民塾(第五回)開催のご案内
まちづくり市民塾(第五回)開催のご案内

「近代建築の保存、いま何が問われているか」
講師 中川 理氏(京都工芸繊維大学教授)
と き 1月23日(金) 午後6時30分~
ところ ウイングス京都2階 会議室1 ・2
(中京区東洞院蛸薬師上る東側)
(参加自由、無料です)
中川理さんは都市計画や近代建築の歴史の研究者で、『風景学-風景と景観をめぐる歴史と現在』や『偽装するニッポン-公共施設のディズニーランダゼイション』など多数の著書をおもちです。

まちづくりについての市民に開かれた塾です。どなたでもご参加できます。
この間、京都会館の解体をめぐって、いろいろな議論がまきおこりました。明治・大正・昭和の近代建築の保存問題も、日本でも数十年の歴史をもつようになりました。
今回のまちづくり市民塾では、戦後の近代建築の保存について、その歴史をさかのぼりながら何が問われてきたのかをお話しいただきます。
ぜひ、ご参加ください。

京都・まちづくり市民会議 2015 年1月
連絡先:京都市中京区壬生仙念町30-2 ラボール京都5 階
電話 075-801-2308 FAX075-812-4149 メールm-tsuji@labor.or.jp
d0226819_15174985.jpg

■ 「まちづくり市民塾(第五回)開催のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2015-01-23 00:00 | 2015/01
2014-12-21 第6回関西建築保存活用サミットのお知らせ
第6回関西建築保存活用サミットのお知らせ

◆第6回関西建築保存活用サミット◆
     神戸塩屋 旧後藤邸にて

日時 2014年12月21日(日)13:00~19:00(12:30開場)
集合 旧後藤邸 神戸市垂水区塩屋町3-1-3 
内容 第1部 塩屋地区の見学会:13:00~15:00
          旧後藤邸~塩屋駅周辺~ジェームス山周辺

    第2部 サミット:15:00~17:30 
         場所:旧後藤邸にて
         参加各団体から状況報告

    第3部 講演会:17:30~19:00 
         場所:旧グッゲンハイム邸にて
       「塩屋における歴史的建築物の利活用 – ジェームス邸・旧グッゲンハイム邸を中心に」
       松隈章氏(聴竹居倶楽部代表・一般社団法人住宅遺産トラスト幹事)
       森本アリ氏(旧グッゲンハイム邸・一般社団法人旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会代表)

       特別見学会 美容室 BRIST jonas 旧ジョネス邸移植プロジェクト
       希望者のみ 11:30 JR垂水駅東口改札前に集合(申込不要)

参加費 無料
    (当日カンパを受け付けます。出来ましたら運営費にご協力ください)

申込 先着50名
   A. 申込フォーム
   B. メール ; infoアットマークkanken-summit.net
   C. FAX ; 078-202-9033
     お名前(ふりがな)・ご連絡先電話番号・メールアドレス・懇親会の出欠を書いて

サミット終了後19:00~ 「食堂しろちゃん」で懇親会があります
    会費実費(2,000円程度)参加申込時に要予約

※旧後藤邸は暖房がありません。防寒にご留意ください。

問い合わせ 関西建築保存活用サミット事務局
     mail:infoアットマークkanken-summit.net または tel:050-3631-4510(窪添)
主催 関西建築保存活用サミット実行委員会
共催 一般社団法人旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会

d0226819_224849.jpg

■第6回関西建築保存活用サミットのお知らせ
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-12-21 00:00 | 2014/12
2014-12-04 まちづくり共同研究会2014.12.04のご案内
まちづくり共同研究会開催のご案内
まちづくり共同研究会2014.12.04のご案内

日 時  2014年12月04日(木) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るインターワンプレイス京都4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)
【次回まちづくり共同研究会のテーマ】

・メインテーマは、「新景観政策7年を経て~到達点、問題点・不十分点、課題」です。三村浩史先生(京都市景観まちづくりセンター前理事長/京都大学名誉教授)に講演をお願いしております。

・三村先生の講演を受けて、中林浩氏(神戸松蔭女子学院大学教授・都市計画)
 からは問題点・不十分点・課題を、また、新景観政策を生み出した住民運動(明倫学区、姉小路界隈など)や地区計画の濫用の問題の住民運動(京都会館建替え問題など)からの報告も受けながら、今後の方向性まで議論できたらと思います。

・この間の住民運動・まちづくりの取り組み(亀岡スタジアム建設に関わる亀岡駅北区画整理事業認可取消訴訟の提訴〔12/4〕、髙野パチンコ店建築確認不適合処分に対する業者側の建築審査請求裁決、景観と住環境を考える全国ネットワークフォーラム〔12/1〕など)の報告・交流の時間も設けたいと思います。


■まちづくり共同研究会2014.12.04のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-12-04 00:00 | 2014/12
2014-07-10 まちづくり共同研究会2014.7.10のご案内
まちづくり共同研究会開催のご案内
まちづくり共同研究会2014.7.10のご案内

日 時  2014年7月10日(木) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るインターワンプレイス京都4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)
【次回まちづくり共同研究会のテーマ】
 世界遺産銀閣寺(慈照寺)のバッファゾーン(緩衝地帯)では、半鐘山開発問題に引き続き、哲学の道ニチレイ保養所跡地(法然院横)開発問題が起こっており、同じく世界遺産醍醐寺周辺での開発問題も未決着です。

 このような世界遺産のバッファゾーンでさえ、緑地を開発する開発計画が後を絶たないということは、ユネスコの世界遺産センターからすると「驚愕すべきこと」(半鐘山開発問題での世界遺産センターバンダリン所長書簡)なのです。

 世界遺産指定から20周年を迎えて、今年こそバッファゾーンの確実な保全を実現させる必要があります。
 メイン報告はこの問題の第一人者である宗田好史京都府立大学教授(都市計画・日本イコモス国内委員会理事)にお願いしております。

 また、関係地域(哲学の道開発問題、醍醐寺周辺、半鐘山など)からのご報告や、日本イコモス国内委員会や京都弁護士会の意見書のご報告とあわせて、解決策を検討したいと思います。

■まちづくり共同研究会2014.7.10のご案内
2014-03-10 哲学の道沿いは宅地開発「NG」 反対派がシンポ 京都-「msnニュース」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-07-10 00:00 | 2014/07
2014-06-28 まちづくり市民塾第三回開催のご案内-「京都・まちづくり市民会議」
まちづくり市民塾第三回開催のご案内

6月28日(土)午後2時~
法然院・書院 アクセス

世界遺産登録20年記念企画
「建築・遺跡をめぐる世界遺産の最近の動向」
講師 上野 邦一氏(奈良女子大名誉教授・元奈良文化財研究所調査室長)

現地ウォッチング
旧ニチレイ保養地跡地などをウォッチングします
午後1時集合 (銀閣寺・今出川鹿ケ谷通入口浄楽会館前) アクセス
d0226819_16103932.jpg

■まちづくり市民塾第三回開催のご案内-「京都・まちづくり市民会議」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-06-28 00:00 | 2015/06
2014-04-27 ドキュメンタリー映画「メタボリズムをこえて」上映会開催のご案内
ドイツ人映画監督の見た国立京都国際会館「メタボリズムをこえて」ジャパン・プレミア上映会 開催のご案内

【開催概要】
ドイツ人映画監督の見た『国立京都国際会館』戦後日本の代表的建築『国立京都国際会館』の現代における意義を、映像を通して再検証・再評価したドキュメンタリー

日時:2014年4月27日(日)13:30~17:30(13:00開場)
会場:国立京都国際会館会議場Room A
参加者:入場無料、申込不要で当日先着200名

【プログラム】
●挨拶(公財)国立京都国際会館木下博夫館長
ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川マルクス・ヘルニヒ館長

●第一部
作品の趣旨について※日本語通訳付
フォルカー・ザッテルシュテファニー・ガウス(映画監督)

●第二部
『メタボリズムをこえて』作品上映(約40分)

●第三部
座談会『歴史を目撃した未来への文化遺産―国立京都国際会館をめぐって』※日本語通訳付

コーディネーター:松隈洋(京都工芸繊維大学教授)
参加者:フォルカー・ザッテル(映画監督)
シュテファニー・ガウス(映画監督)
山本敬則(大谷研究室代表取締役)
松本哲夫(剣持デザイン研究所代表取締役)

●第四部
建築家とインテリアデザイナーによる館内ツアー
建築コース、インテリアコース各先着30名

d0226819_215840.jpg
d0226819_2151762.jpg

■ドキュメンタリー映画「メタボリズムをこえて」上映会開催のご案内
プレスリリース

国立京都国際会館
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-04-27 00:00 | 2014/04
2014-04-10 まちづくり共同研究会2014.4.10のご案内
まちづくり共同研究会2014.4.10のご案内

【次回まちづくり共同研究会の日程】
日 時  2014年4月10日(木) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るインターワンプレイス京都4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)
★次回まちづくり共同研究会のテーマ★

1.第1部 都市法制の抜本的改正に向けて(パートⅢ)
「信託を使った新しいまちづくり支援スキームの構築をめざして」

~アメリカ・カナダにおけるパブリックトラストの視察報告と京町家での実践例
京都まちづくり承継研究会 代表・まちづくり司法書士事務所 石田光曠

 現行法制の中で、信託を利用して町家の承継や所有と使用・収益を分離したまちづくりの実践を目指す動きの最先端をアメリカ・カナダの調査報告とともに、報告していただき、議論したいと思います。
※パブリックトラストとは、公益性の高い信託契約を実現する非営利の信託受託機関のこと

2.第2部  歴史的市街地で初の3点セット(建築協定、地区計画、景観協定)の実現へ~姉小路界隈での取組の到達点と課題

姉小路界隈を考える会事務局長 谷口親平

近隣でのマンション建設反対を機に運動を1995年に開始。都心部で同時に発生した3棟のマンション建設に対抗するため、「建築協定」を締結し、10年目の更新で5軒を追加し現在88軒。昨年7月には「地区計画」も実現させ、景観法に基づく景観協定にも取り組んでいる。
都心部商業地域での今までの運動経緯と次なる目標を語っていただく。
事前にご関心ある方はhttp://www.aneyakouji.jp/をご覧下さい。

※その他、哲学の道ニチレイ保養所跡地開発問題のその後の展開などこの間の各地の住民運動や裁判の取組み状況の報告・交流の時間 も設けたいと思います。

※様々な住民運動に携わられた多くの皆さんのご参加をお願いします。

■まちづくり共同研究会2014.4.10のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-04-10 00:00 | 2014/04
2014-04-04 「異議あり! 新国立競技場」 刊行のお知らせ
異議あり! 新国立競技場
―― 2020年オリンピックを市民の手に ――


2014年4月4日発売

森 まゆみ 編
岩波書店刊

ずさんで不備の多いコンペから生じた新国立競技場建て替え計画問題.このまま計画案が進めば,神宮外苑の緑は奪われ,莫大な建設費や維持費のかかる巨大競技場が建ってしまう.そして 50年後,100年後の子孫への巨大なツケとなる…….いま私たちに何ができるのか.この問題を市民の目で見つめ直し,五輪と都市計画に市民が関わる道を探る.

異議あり! 新国立競技場――2020年オリンピックを市民の手に (岩波ブックレット)

岩波書店


■「異議あり! 新国立競技場」 刊行のお知らせ
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-04-04 00:00 | 2014/04