タグ:お知らせ ( 173 ) タグの人気記事
2014-03-30 日土小学校校舎見学会のお知らせ
日土小学校校舎見学会のお知らせ

春休み見学会:第17回 平成26年3月30日(日) 午前9時~午後4時
校舎案内 午後2時~ (受付:午後1時45分~ 中校舎交流ラウンジにて)
     説明:生涯学習課 学芸員

 □ 時間内は自由にご見学ください。
   ただし、校長室、職員室、および保健室等は立ち入りを制限いたします。

 □ 駐車場に限りがありますので、なるべく乗り合わせておいでください。
   また、日土小学校周辺の道路は狭いため、路上駐車はしないでください。

主  催 八幡浜市教育委員会
お問合せ先 生涯学習課 文化振興係
TEL0894-22-3111(内線8357)

■日土小学校校舎見学会のお知らせ

2013-08-23 重文の日土小設計 松村正恒紹介-「読売新聞」
2013-03-27 力強く懐かしいモダニズムの逸品を振り返る。『残すべき建築』-「Book News」
2009-01-01 日本におけるDOCOMOMO150選-「DOCOMOMO JAPAN」
2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 花田佳明
2012-10-04 日本の戦後モダニズム建築の修復・保存活動が世界の模範に:日土小学校
2012-10-05 愛媛の小学校修復、「世界のモデル」と評価-「読売新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-03-30 00:00 | 2014/03
2014-03-22 symposium&exhibition OHKI Goes on/ 鴨沂高校は、これから何が残せるだろう 開催のお知らせ
「symposium & exhibition OHKI Goes on/ 鴨沂高校は、これから何が残せるだろう」開催のお知らせ

開催日時:2014年3月22日 14:00 – 19:00
開催場所:鴨沂会館
京都府京都市上京区荒神町(荒神口通)−105
参加費:無料
主催者:「鴨沂高校の校舎を考える会」鴨沂高校卒業生有志一同 京都府立鴨沂高等学校演劇部
協賛/(公社)日本建築家協会近畿支部保存再生部会

鴨沂高校の校舎を考える会 http://coboon.jp/memory.of.ouki/
お問い合わせ先 memory.of.ouki@gmail.com

d0226819_12291265.jpg
d0226819_12292425.jpg

■「symposium & exhibition OHKI Goes on/ 鴨沂高校は、これから何が残せるだろう」開催のお知らせ

鴨沂高校の校舎を考える会 

2013-09-06 有識者会議開き、設計業者選定へ 鴨沂高校改築で府教委 京都-「毎日新聞」
2013-11-28 「八重」勤務の校舎、改築か伝統保存か 京都府教委vs専門家-「ZAKZAK」
2013-10-26 鴨沂高校への破壊行為に抗議する声明文-「鴨沂高校の校舎を考える会」
2013-10-27 シンポジウム 『鴨沂高校の校舎を考える会』開催のお知らせ
2013-07-12 鴨沂高:改築「待った」日本建築学会支部「歴史的価値高い」知事に要望書/京都-「毎日新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-03-22 00:00 | 2014/03
2014-03-14 公開口頭審査のお知らせ
公開口頭審査のお知らせ

 解体後の京都会館第1ホールの再建について、建築許可が出されましたが、私たちは岡崎公園一帯の眺望・景観、自然が壊されるとして建築審査会に取り消しを求めました。
 今回の公開口頭審査で、住民からは不服審査請求に至った思いを、弁護士の方からは取り消しを求める根拠を述べます。
 自然豊かな岡崎を守るため、京都のまちの景観を守るために、一人でも多くの方々の傍聴をお願い致します。
不服審査請求代表 吉田和義

日時:3月14日(金)午後2時~ (約1時間程度)
場所:国際交流会館イベントホール
京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1
  TEL.075-752-3010(代表)

*不服審査請求者でなくても、どなたでも自由に傍聴できます

■公開口頭審査のお知らせ

2013-12-06 旧京都会館建て替え:建築確認取り消し求め住民ら請求書 /京都-「毎日新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-03-14 00:01 | 2014/03
2014-03-14 土壌汚染問題学習会開催のご案内-「京都まちづくり市民会議」他
土壌汚染問題学習会開催のご案内

最近、京都市内で土壌から六価クロム、砒素、鉛などの有害物質が見つかったことを素材にした、土壌汚染についての学習会です。
子供を土で遊ばせて大丈夫だろうか? 地下水はどうだろうか? などいろいろご心配があると思います。
みなさま、ぜひ、ご参加ください。

日時:3月14日(金)午後3時30分~5時
場所:国際交流会館 第4会議室
  京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1
  TEL.075-752-3010(代表)

講師: 畑 明郎 先生
       (滋賀県環境問題研究所所長、日本環境学会顧問・元会長
        元大阪市立大学院教授・環境政策論)

参加費は無料です
主催:京都まちづくり市民会議、京都水と緑をまもる会、岡崎公園と疏水を考える会

■土壌汚染問題学習会開催のご案内-京都まちづくり市民会議、京都水と緑をまもる会、岡崎公園と疏水を考える会

2014-03-03 土壌汚染:京都会館工事現場で 3市民団体が市に公開質問書/京都-「毎日新聞」
2014-02-20 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.18-京都会館第1ホール跡地から有害物質検出-
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-03-14 00:00 | 2014/03
2014-03-11 まちづくり市民塾(第二回)開催のご案内-「京都・まちづくり市民会議」
まちづくり市民塾(第二回)開催のご案内

「ドイツのまちづくり・都市計画に学ぶ~樹木保存を中心に~」
講師 水原 渉氏(滋賀県立大学名誉教授)
ドイツは都市計画のなかで都市内の森林・樹木を保全することにかけて先進地です。ドイツの地区計画(B-Plan)の策定プロセスや多くの自治体がもっている樹木条例Baumzatzung の話しを伺います。

「市民参加の森の保全~観察の森づくりの事例から~」
講師 久山慶子さん(法然院森のセンター事務局長)
法然院と市民が協力して1985年にはじまった法然院森の教室。森のセンターも開設、環境学習の多彩なとりくみを展開しています。身近な自然の魅力を知るための「観察の森づくり」を紹介していただきます。

と き 3月 11日(火)午後6時30分~
ところ 法然院・書院 (京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30番地)

京都の数多くの文化財は豊かな自然環境と一体となることが魅力となり守られてきました。昨今、その自然環境が損なわれかねない事例も増えています。あらためて人間と都市内の森林とのかかわり合い方を考えます。
まちづくりについての市民に開かれた塾です。どなたでもご参加できます。
ぜひ、ご参加ください。
(参加自由、無料です)

京都・まちづくり市民会議 2014 年2月
連絡先:京都市中京区壬生仙念町30-2 ラボール京都5 階
電話075-801-2308 FAX075-812-4149 メールm―tsuji@labor.or.jp
d0226819_1493485.jpg

■まちづくり市民塾(第二回)開催のご案内-「京都・まちづくり市民会議」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-03-11 00:00 | 2014/03
2014-02-28 音楽堂建築見学会vol.6-「神奈川県立音楽堂」
音楽堂建築見学会vol.6
開館60周年 自由な視点で音楽堂の歴史と建築の魅力を再発見  ミニコンサート付き♪

公演日時: 2014年02月28日(金) 15:00開演 (14:00開場)  

戦後モダニズム建築の祖、前川國男の名建築として知られ、かつては「東洋一の音響」と賞せられた神奈川県立音楽堂の魅力を、「建築」という切り口で再発見する企画です。

今回は、住宅、公共建築、一連のルイ・ヴィトンの店舗など多岐にわたって活躍する横浜市生まれの世界的な建築家、青木淳氏が登場!
前川建築の研究で知られ、DOCOMOMOJapan代表でもある京都工芸繊維大学教授・松隈洋氏とともに、現代建築家の眼で音楽堂の魅力を再発見していただきます。
そして、大好評の「音響体感ミニ・コンサート」には、チェンバロ、ルネサンスハープを自在に奏でる稀有な音楽家、西山まりえさんが登場。
木のホールで、繊細で美しい古楽の響きをご体感ください。
この機会に皆様のご来館をお待ちしております!

*質問募集*
見学会に参加される皆様から、音楽堂の建築デザインや音響について、青木淳さんと松隈洋さんに聞いてみたいことを事前に募集します。
質問シートはこちらから
出演
青木 淳(建築家)
松隈 洋(建築史家)
西山 まりえ(チェンバロ、ルネサンスハープ)

プログラム

♪ ホール見学 開場後の45分間限定で、コース内(ホワイエ・バックステージ・舞台等予定)を自由に見学できます。
ポイントごとに音楽堂にまつわる蘊蓄(うんちく)を掲示いたしますので、どうぞお楽しみください

♪レクチャー&対談
青木 淳(建築家)×松隈 洋(建築史家)

♪木のホールの音響体験ミニ・コンサート  
西山 まりえ(チェンバロ、ルネサンスハープ)
曲目
◎レオナルド・ダ・ヴィンチ作曲「愛は喜びを与えてくれるが」
ルネサンスハープ(16世紀イタリア、ボローニャ楽器博物館モデル、ダブルハープ)
◎J.S. バッハ 「イギリス組曲第3番 プレリュード ト短調 BWV808」
チェンバロ (18世紀フランス、タスカンモデル 2段鍵盤)
ほか予定

チケット発売
01月25日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月28日 : 一般発売

料金
一般1,500円 (定員400人/全席指定)

託児サービス
要予約:定員になり次第締め切らせていただきます。
料金:お子様ひとりにつき2,000円
お申込み:(有)チャイルドサービス遊 tel.045-790-4105
受付:月~土 9:00~18:00

お問い合わせ
神奈川県立音楽堂業務課  045-263-2567

主催
神奈川県立音楽堂[公益財団法人神奈川芸術文化財団

■音楽堂建築見学会vol.6-「神奈川県立音楽堂」

[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-28 00:00 | 2014/02
2014-02-26 京都にみる近代建築の保存と活用 開催のお知らせ-「景観・まちづくりセンター」
京都にみる近代建築の保存と活用

主 催 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター
講 師 笠原 一人氏(京都工芸繊維大学大学院助教)
日 時 平成26年2月26日(水)  19:00 - 21:00
会 場 京都市景観・まちづくりセンター  ワークショップルーム
定 員 50名(先着順)
申込締切日 定員に到達次第    
費 用 無料
内容の詳細
 京都には、たくさんの近代建築が遺されています。その中には、文化財としての観点から見て、優れた方法による保存や活用の事例がある一方で、望ましくない方法による事例もあります。近代建築はどのように保存し活用するべきか。その考え方や方法について、京都や海外の事例を交えながら論じます。    
申込方法
①セミナー名、②開催日、③氏名(ふりがな)、④電話番号 を明記のうえ、
電話・FAX・E-mail にて京都市景観・まちづくりセンターまでお申込みください。
※ 取得した個人情報は、セミナーの申込み、各種セミナー案内等の送付の目的以外には使用いたしません。     
申込み及び問合せ先
(公財)京都市景観・まちづくりセンター
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)
「ひと・まち交流館 京都」地下1階
TEL 075-354-8701
FAX 075-354-8704
E-mail machi.info@hitomachi-kyoto.jp

■京都にみる近代建築の保存と活用-「景観・まちづくりセンター」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-26 00:00 | 2014/02
2014-02-07 建築史家の鈴木博之さんが死去
建築史家の鈴木博之さんが死去


d0226819_2341658.jpg


ご冥福をお祈りいたします。

・2006-04-01 前川國男の前衛性 鈴木博之-「建築家 前川國男の仕事」
http://kyoto21c.exblog.jp/14946080/

・2011-08-31 京都会館保存へ 山田洋次監督ら28人がアピール-「京都新聞」
http://kyoto21c.exblog.jp/14468367/

・2011-10-10 -京都会館保存要望書-賛同メッセージ集-直筆版(10/10到着分)-「京都会館を大切にする会」
http://kyoto21c.exblog.jp/14770728/
d0226819_07831.jpg


・2011-10-16 京都会館は保存改修に-「京都民報」
http://kyoto21c.exblog.jp/14793518/

・2011-10-24 前川國男設計の京都会館/保存改修を著名建築家ら申し入れ-「日刊建設通信新聞社」
http://kyoto21c.exblog.jp/14832546/

・2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 鈴木博之 。
http://kyoto21c.exblog.jp/15395013


・2012-09-05 京都会館の10日解体着工ノー・イコモス「警告」に従え(1)鈴木博之さん-「京都民報Web」
http://kyoto21c.exblog.jp/16761280/

・2011-10-10 「京都会館を大切にする会」賛同者からのメッセージ集より-鈴木博之
http://kyoto21c.exblog.jp/16761925/

・2012-10-04 日本の戦後モダニズム建築の修復・保存活動が世界の模範に:日土小学校
http://kyoto21c.exblog.jp/16979945/

・2012-08-08 京都会館再整備基本設計に対する意見書-「DOCOMOMO Japan」 
http://kyoto21c.exblog.jp/16591390/

東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)

鈴木 博之 / 筑摩書房

庭師 小川治兵衛とその時代

鈴木 博之 / 東京大学出版会


■建築史家の鈴木博之さんが死去
鈴木博之-Wikipedia
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-07 00:00 | 2014/02
2014-01-17 まちづくり共同研究会2014.1.17のご案内
まちづくり共同研究会2014.1.17のご案内

◆都市法制の抜本的改正をめざして◆

京都市では2007年9月に新景観政策が施行され、中心部の45メートル地域の高さ規制が31メートルに、31メートル地域が15メートルに引き下げられ、景観法に基づく景観地区(美観地区)が4大路内全域に拡大されるなど、20年以上にわたる住民・市民の運動が大きな成果を挙げました。しかしながら、現行の都市法制(都市計画法、建築基準法)は「建築自由(いかなる建築をするかは土地所有者の自由)」を原則としているかのような内容であり、景観や住環境の保全のためにも、住民参加の点でも到底不十分であり、全国的にも無秩序な開発・建築による景観と住環境の破壊は後を絶ちません。
昨今、国土交通省も人口減少に直面する中で都市計画法の抜本的改正のための検討を行っており、今後数年の間に大改正が行われる可能性が生まれています。今般の大改正の動きは都市法制を住民本位のものに転換するための大きな契機です。鞆の浦景観訴訟で景観に関わる法的利益が公共工事の差し止めの根拠として認められるなど、まちづくりを巡る法制は今大きな変革時を迎えています。


◆都市法制を、住民本位のものにするために◆

私たちは、この変革期において、住民本位のまちづくり法制が実現するよう勉強し運動したいと考え、この間、住民運動の皆さんを初め、都市計画、建築、社会学、法律等各分野の研究者、建築士、弁護士、司法書士、行政職員、議員、司法修習生、院生、学生等まちづくりに関心をもつ皆さんとの共同研究会を積み重ねています。


★次回まちづくり共同研究会日程★

日 時  2014年1月17日(金) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室(中京区烏丸二条上るインターワンプレイス京都4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分。烏丸二条東側バス停前)


★次回まちづくり共同研究会のテーマ★

1.第1部 都市法制の抜本的改正に向けて(パートⅡ)

  景観・住環境の破壊の問題とともに、東日本大震災からの復興や超人口減少社会の到来は、最早人口右肩上がりと「建築自由の原則」を前提としたこれまでの都市法制(都市計画法・建築基準法)では到底対応できないことは明らかです。

  今回のメイン報告は牛尾洋也龍谷大学法学部教授及び同博士課程西脇秀一郎氏より、「土地共同所有権論の現代的意義―歴史的変遷と現代都市・住宅法制の一断面-」と題して、区分所有法、地区計画、現代総有論、コモンズ論にふれながら、ドイツのギールケの共同所有権論を出発点として、今日の都市・住宅法制、まちづくりにおける共同所有権論の現代的意義を検討・報告いただき、 質疑応答したいと思います。

2.第2部 報告・交流
 ※メイン報告は、既に、新聞(添付)・TVでも報道されている「哲学の道ニチレイ保養所跡地開発問題」につき、隣接住民の方から報告をうけ、①銀閣寺西側特別風致地区(世界遺産銀閣寺バッファゾーン=法然院境内の山林と一体)での樹木の伐採計画の問題、②侵入道路と崖地の開発の危険性の問題の双方から都市計画法の開発許可要件を満たしていない等の問題点をそれぞれの分野の 専門家からも報告いただき、検討したいと思います。 

※また、高野カナート洛北横パチンコ店進出問題を契機とした「高野赤レンガまちづくり憲章」の採択(12月8日)や京都会館建築確認取消審査請求(12月5日)、など、この間の各地の住民運動や裁判の取組み状況の報告・交流の時間も設けたいと思います。

■まちづくり共同研究会2014.1.17のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-01-08 23:10 | 2016/01
2013-11-18 ロームシアター京都 貸館受付をいよいよ開始します-「京都市音楽芸術文化振興財団」
ロームシアター京都 貸館受付をいよいよ開始します

平成28年1月のリニューアルオープンを予定のロームシアター京都(旧京都会館)につきまして,貸館の利用受付を開始いたします。
施設により受付開始時期が異なります。(施設概要と受付時期はこちら)
一般の受付につきましては18箇月前からとし,平成26年10月からの受付開始を予定しています。
また,次の要件を満たす催物について,平成26年1月6日(月)午前9時より貸館の利用受付をいたします。

d0226819_23135724.jpg

d0226819_23141445.jpg

■ロームシアター京都 貸館受付をいよいよ開始します-「(公財)京都市音楽芸術文化振興財団」

ロームシアター京都-(公財)京都市音楽芸術文化振興財団
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-26 23:50 | 2013/11