タグ:お知らせ ( 173 ) タグの人気記事
2014-02-23 人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三-「国立近現代建築資料館」
人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三
2013.11.27[水]-2014.2.23[日]
開館時間 9:30〜16:30
休館=年末年始[12/29-1/3]

アクセス:文化庁 国立近現代建築資料館

日本の建築の多くが、この半世紀、木造から鉄筋コンクリート、鉄骨造に変わり、私たちの生活空間はモダンムーブメントの潮流の上につくられてきた。そのデザインの源流をつくったのが、巨匠・ル・コルビュジエ[1887-1965]であり、パリで彼に師事し、その後、日本国内に多くの作品を手がけた建築家が坂倉準三[1901-1969]である。

坂倉準三は、東京帝国大学で美術史を学び渡仏し、ル・コルビュジエのアトリエで5年間働いた後、1937年にパリ万国博覧会日本館[Exposition internationale des Arts et Techniques dans la vie moderne, Expo 1937]で建築界に華々しくデビューする。帰国後は、大戦からの復興期の1951年に世界的に知られる鎌倉の神奈川県立近代美術館を生み出した。本展では、同館のデザインへいたる足跡とその後の広範囲にわたる多様な作品群について、原図や当時の写真、建築資料によって紹介し、デザインの中心に人間を据える坂倉準三の考え方とその大胆な発想と調和の感覚へ迫る。 更に、坂倉作品が社会に与えた影響と建築の文化の豊かさについて、シンポジウム等を開催し検証する。

d0226819_2355841.jpg
d0226819_23551533.jpg

■人間のための建築 建築資料に見る坂倉準三-「国立近現代建築資料館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-25 23:58 | 2014/02
2013-12-18 「近代建築の記憶」展開催のお知らせ-「大阪歴史博物館」
第89回 特集展示 近代建築の記憶

平成25年12月18日(水)~平成26年2月3日(月)
毎週火曜日休館、年末年始(12月28日~1月4日)休館
会場 大阪歴史博物館 8階 特集展示室 アクセス
時間 9:30~17:00(金曜は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
観覧料 常設展示観覧料でご覧いただけます
主催 大阪歴史博物館

大阪歴史博物館では、平成25年12月18日(水)から平成26年2月3日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「近代建築の記憶」を開催します。

大阪では、明治・大正・昭和初期の各時代、都市の発展にあわせて優れた近代建築が数多く建てられました。近年、これらの近代建築が注目を浴びる一方、建て替えられるケースも増えています。その中には、古い建築の部材やデザインを新しく建てられる建築の一部に取り入れる試みも見られます。大阪歴史博物館では、こうした近代建築を次世代に伝えるため、建築の忘れ形見ともいえるステインドグラスやテラコッタの装飾など、特徴的な一部分を収集しています。

今回の展示では、これまで当館が収集した近代建築の一部分を中心に、関連する資料を交え、近代建築の魅力とその記憶の継承について紹介します。

■「近代建築の記憶」展開催のお知らせ-「大阪歴史博物館」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-18 00:00 | 2013/12
2013-12-06 まちづくり市民塾(第1回)「人口減少、高齢化時代の都市を考える」開催のご案内
まちづくり市民塾(第1回)「人口減少、高齢化時代の都市を考える」
最終更新日:2013年12月3日

講師:矢作弘(龍谷大学政策学部教授)

まちづくりについて市民に開かれた塾です。どなたでもご参加できます。

アメリカでは、近い将来かなりの数の自治体財政が立ち行かなくなり、破産していくと言われています。アメリカの工業の象徴的な都市であったデトロイトが破産し、大きく注目されました。日本でも、格差と貧困の拡大、人口減少、高齢化がこれからも続き、過疎化も激しくなると予想されています。アメリカでの都市問題、都市計画について学び、今後の日本でのまちづくりに生かしていきたいと考え、学習会を開催します。ぜひ、ご参加ください。


日時:2013年12月6日(金曜日)18時30分~
会場:ウイングス京都 2階 セミナー室B アクセス
参加自由・無料

主催:京都・まちづくり市民会議
d0226819_23391325.jpg

■まちづくり市民塾(第1回)「人口減少、高齢化時代の都市を考える」開催のご案内-「新建京都」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-06 00:01 | 2013/12
2013-12-06 「まちづくり市民塾」開催のご案内(速報)
「まちづくり市民塾」開催のご案内

日時:12月6日(金)午後6時30分~
場所:ウイングス京都2階 セミナー室B アクセス

お話のタイトル:「人口減少、高齢化時代の年を考える」
         ・デトロイトの最近事項
         ・縮小都市研究の動向
         ・縮小都市論VSコンパクトシテイ論
         ・集約型都市構造

講師:矢作 弘龍谷大学教授

■「まちづくり市民塾」開催のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-06 00:00 | 2013/12
2013-11-24 第3回関西建築保存活用サミットのお知らせ
第3回関西建築保存活用サミットのお知らせ

第3回関西建築保存活用サミット in 昭和町
 
日時 2013年11月24日(日)
    第1部12:20〜14:30 第2部15:00〜17:00 交流会17:00〜18:00

内容 第1部 昭和町・文の里見学会 12:20〜14:30
     大阪市立工芸高等学校 (日本基督教教団)南大阪教会 など

    第2部 サミット 15:00〜17:00 寺西家住宅にて
     ① 参加各団体から状況報告
     ② 寺西興一氏(大阪府登録文化財所有者の会事務局長)の講演
       「阿倍野での寺西家阿倍野長屋の再生からまちづくりへ」

    交流会 17:00〜18:00 寺西家住宅にて
   

集合 12:20 大阪市阿倍野区役所前 大阪市阿倍野区文の里1-1-40
     地図はこちら
定員 先着 60名
参加費 500円(場所代、資料代等。学生無料)(当日徴収)
       交流会 会費500円(当日徴収)  

申込  A.申込フォーム
     B.メール;info(a)kanken-summit.net (a)を@に替えて       
     C.FAX;020-4668-0277
        お名前(ふりがな)・ご連絡先電話番号・メールアドレス・交流会参加or不参加をご記入の上、
        お申込ください。

■第3回関西建築保存活用サミットのお知らせ
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-24 00:00 | 2013/11
2013-11-25 公開座談会「市民とともに考える新国立競技場の着地点」開催のご案内
公開座談会「市民とともに考える新国立競技場の着地点」開催のご案内

「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」では、下記の公開座談会を開きます。
この会は、建築や街並み、景観の保存に取り組んできた市民有志の集まりです。
座談会では、当会の共同代表・森まゆみが、新国立競技場について、市民の目線で
計画への疑問や要望を投げかけます。
また、建築や街づくり、景観問題に詳しい専門家とともに、国立競技場の歴史や、
現計画の問題点、今ある競技場の活用の可能性、法律的な課題をふくめ、
成熟社会にふさわしい2度めの東京五輪のあり方を考えます。
後日、この日の討論を集約してさらなる提言も行う予定です。
建築界はもとより、市民の方々の幅広いご参加を心からお待ちしております。
どうぞおでかけください。

◎発言者
森まゆみ(作家、谷根千工房主宰、
    「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」共同代表)/司会
松隈洋 (建築史家、京都工芸繊維大学教授、DOCOMOMO Japan代表)
藤本昌也(建築家、日本建築士会連合会名誉会長)
日置雅晴(弁護士、早稲田大学大学院教授)
平良敬一(建築評論家、『住宅建築』相談役)

◎概要
日時:2013年11月25日(月)18:00-20:00(開場17:30)
会場:日本建築家協会・JIA館1階・建築家クラブ(渋谷区神宮前2-3-18)
   http://www.jia.or.jp/map.html
会費:1,000円
定員:60名・要予約
申込先:神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
▼参加申し込み
公開座談会チラシダウンロード
締切:11/23(土)
問合せ:info@2020-tokyo.sakura.ne.jp
主催:神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会、建築思潮研究所
※座談会の内容は『住宅建築』(2014年4月号・2/19発売)に収録予定。
d0226819_21401091.jpg

■公開座談会「市民とともに考える新国立競技場の着地点」開催のご案内
神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会

2013-11-12 神宮外苑の風致・景観と新国立競技場の 建設再考のお願いについて

わたしたちは「いちばん」をのぞまない-「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」

2013-11-03 文部科学大臣、都知事らに提出された「新国立競技場に関する要望書」の全文

2013-10-11 シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
2013-08-01 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol295」
新国立競技場 国際デザインコンクール

2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-19 21:37 | 2013/11
2013-11-20 京都府立鴨沂高等学校荒神口校舎見学会のお知らせ
京都府立鴨沂高等学校荒神口校舎見学会のお知らせ

京都府立鴨沂高等学校荒神口校舎見学会

平成25年11月8日

京都府立鴨沂高等学校の荒神口校舎は、安心・安全な教育環境を整備するため、全面改築により耐震化を図ることとしております。現在、改築に際しての外観意匠や特徴的な内部空間等をどのように継承するかを含め、検討を重ねているところです。
これまでから、荒神口校舎を心の中に記憶し、懐かしんでいただくための催しも開催してまいりましたが、その機会をお見逃しになった方々から、是非、校舎内部を見せてもらいたいとの御要望が寄せられています。
このようなことに鑑み、下記のとおり学校見学会を開催いたします。


1 見学場所 京都府立鴨沂高等学校荒神口校舎
京都市寺町通荒神口下ル松蔭町

2 見学日時 平成25年11月と12月の第3水曜日
平成25年11月20日・12月18日
午後1時~5時

3 申込方法 ①見学希望日②お名前(複数の方は代表者のお名前)③連絡先(携帯電話等) ④見学者数
を下記連絡先に電話又はメールにてお知らせください。折り返し見学の可否について御連絡いたします。

4 その他・申込み多数となった場合はお断りすることがあります。
・学校には駐車できません。
・学校内は禁煙です。
・学校内での事故・盗難・怪我などについては責任を負いかねます。
・学校内のスケッチや写真・ビデオ撮影は結構ですが、他に転用される場合は事前に承認をお受けください。
・見学中は大きな音をたてたり、騒ぎたてないでください。
・その他、見学に際しては、係員の指示をお守りください。

これまでの催し
☆平成25年7月19日(金) 校舎お別れセレモニー
PTA役員や地域住民代表の方々、同窓生代表の先輩方をお招きして行いました。卒業生である大蔵流狂言師木村正雄氏に謡を御披露いただき、校舎への感謝の意を一同で表しました。
☆平成25年6月23日(日) ホームカミングデー
約400名の同窓生が校舎を訪れ、在校生・保護者・教職員とも交流されました。

連絡先:京都府教育庁管理部管理課
TEL:075-414-5770
FAX:075-432-5985
Email:kyo-kanri@pref.kyoto.lg.jp
d0226819_22164442.jpg

■京都府立鴨沂高等学校荒神口校舎見学会のお知らせ-「京都府教育委員会」
京都府教育委員会 HP
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-11-14 22:18 | 2013/11
2013-10-31 まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える(パートⅡ)
まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える2

【次回まちづくり共同研究会】
日 時  2013年10月31日(金) 18時30分~
会 場  京都第一法律事務所6階会議室
(中京区烏丸二条上るマニュライフプレイス京都ビル4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分)

「地区計画を考える(パートⅡ)」

第1部 講演
 水原渉滋賀県立大学名誉教授(工博)

ドイツの空間計画制度とその中での地区詳細計画(Bプラン)、「計画なくして建築(開発)無し」「建築不自由の原則」の紹介と、日本の都市法制との違い、ドイツから学ぶべきもの等、縦横にお話いただき、質疑応答します。

(みずはら・わたる)  1948年、兵庫県生まれ。京都大大学院修士課程修>了。積水ハウスに入社し、西ドイツ(当時)駐在員を務める。退社後、ドイツの>アーヘン工科大建築学科に編入学。滋賀県立短大教授などや、滋賀県立大環境科学部環境建築デザイン学科教授を経て、現在、同大学名誉教授、非常勤講師。地域計画、住宅論など専攻。現在は空間論にも取り組んでいる。これまで、大津市、彦根市の建築審査会会長、大津市開発審査会会長などを務めてきた。著書に、「西ドイツの国土・都市の計画と住宅政策」(単著)、「現代社会とハウジング」(共著)、「進化する自然・環境保護と空間計画-ドイツの実践、EUの役割」(訳、日本語版共著)などがある。

第2部 報告・交流
 南区の向日市との境界付近の、キリンビール跡地の特区の飛び地で、京都市域にもかかわらず90メートルの地区計画が制定されたままになっていた土地を長谷工が取得し、14階建て、45メートルマンションが計画されていることにつき、隣接し被害を受ける桂ガーデンハイツ管理組合(8階建て。高さ制限15m/25m)より、報告を受け、関連して、キリンビール跡地問題(向日市)の現在の状況についての地元報告を受ける予定です。
 ※この間の各地の住民運動や裁判の取組み状況の報告・交流の時間も設けたいと思います。
 ※様々な住民運動に携わられた多くの皆さんのご参加をお願いします。


■まちづくり共同研究会開催のご案内 「地区計画」を考える(パートⅡ)
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-31 00:00 | 2013/10
2013-10-27 シンポジウム 『鴨沂高校の校舎を考える会』開催のお知らせ
京都府立鴨沂高等学校既存建造物シンポジウム
「鴨沂高校の校舎を考える会」

日時:2013年10月27日(日)
    12:45─16:00(12:30開場)
場所:鴨沂会館
〒6020856 京都市上京区荒神町105番地
 TEL:075-231-1001
参加協力費:1口500円
 (会場・機材レンタル費及び校舎耐震診断セカンドオピニオンにかかる経費として、1口以上のカンパにご協力をお願い申し上げます。
尚、高校生以下は学生証提示にて無料。)

・講演:
笠原 一人
  (日本建築学会近畿支部近代建築部会・主査/京都工芸繊維大学大学院助教)
「文化遺産としての鴨沂高校校舎」
鴨沂高校の歴史的・文化的価値をお話頂くと共に、鉄筋コンクリート造の近代建築の保存活用の
在り方について、国内外の事例を挙げながら、その考え方や方法をご紹介頂く予定です。
西澤英和
  (日本建築学会/関西大学環境都市工学部・建築学科建築保存工学研究室教授)
「戦前のコンクリート建築について~鴨沂高校本館校舎を巡って」

・スライドショー:
写真家・神谷 潔
「鴨沂高校のスクールライフ」
「落成記念帖による新築当時写真と校舎既存建造物写真」
お問い合わせ先:「鴨沂高校の校舎を考える」実行委員会
d0226819_22391674.jpg

■京都府立鴨沂高等学校既存建造物シンポジウム 『鴨沂高校の校舎を考える会』開催のお知らせ

鴨沂高校の校舎を考える会
鴨沂高校を未来に継承する会
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-25 23:33 | 2013/10
2013-10-24 「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」の開催中止について
「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」の開催中止について

10月25日、26日に岡崎地域一帯で開催を予定しておりました「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」は両日とも中止と致します。

 大型の台風27号が太平洋岸に沿って進み、荒天が予想され、準備や運営、安全面を総合的に考慮しました結果、中止と判断致しました。

 来場を予定されていた皆様や、開催に向け御協力いただいた皆様には、何卒御理解を賜りますようお願い申し上げます。

■「岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013」の開催中止について-「岡崎コンシェルジュ」

2013-10-25 岡崎ときあかり~あかりとアートのプロムナード2013-「岡崎コンシェルジュ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-24 00:00 | 2013/10