タグ:シンポジウム等 ( 90 ) タグの人気記事
2013-07-28 国際シンポジウム「SPOLIA 建築・都市の継承と再利用 西洋と東洋の比較を通じて」開催のご案内
国際シンポジウム「SPOLIA 建築・都市の継承と再利用 西洋と東洋の比較を通じて」開催のご案内
2013年07月17日掲載

日時 2013年7月28日(日) 14:00-18:00(開場13:30)
場所 京都大学大学院人間・環境学研究科棟 地下大講義室A

プログラム
講演1 都市の記憶と建築の再利用 ― イタリアと日本の事例から
       黒田泰介(関東学院大学)
講演2 建築における古代の継承 ― イタリアとコロンビアの比較文化
       オリンピア・二リオ(イバゲ大学-京都大学)
講演3 建築<伝世>論 ― <保存>以前から考える日本型SPOLIA
       清水重敦(京都工芸繊維大学)
講演4 都市住居の仮設性と交換可能性 ― 持続のための更新という手法
       中嶋節子(京都大学)
講演5 イメージのリユース ― ボローニャの事例から
       井上典子(追手門学院大学)
全体討論

参加無料・予約不要です。

主催 京都大学大学院人間・環境学研究科
問い合わせ先:岡田温司研究室 075-753-7921
d0226819_19335665.jpg

■国際シンポジウム「SPOLIA 建築・都市の継承と再利用 西洋と東洋の比較を通じて」開催のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-07-28 00:00 | 2013/07
2013-07-07 トークイベント 『残すべき建築-モダニズム建築は何を求めたのか』刊行記念のご案内
トークイベント 『残すべき建築-モダニズム建築は何を求めたのか』刊行記念  松隈洋・松原隆一郎・堀部安嗣
東京中央郵便局や同潤会アパート、京都会館など、1920年代~60年代に建てられたモダニズム建築の多くが、私たちの見慣れた風景から失われようとしています。素材の劣化や用途の変化による改修はやむを得ないとしても、それらの建築が建てられた時代背景や社会状況を踏まえて、その意義を未来に引き継ぐ必要があるのではないでしょうか。本書は、著者の松隈洋さんがモダニズム建築を訪ね歩き、それらに込められた設計者や施主の思いを伝え残すべく、『建築ジャーナル』誌に綴った連載をまとめたものです。

松隈さんとともに登壇するのは、本書の意図を独自の視点で汲み取り、毎日新聞で書評してくださった社会経済学者の松原隆一郎さんと、モダニズム建築に学びながら住宅を中心に設計している建築家の堀部安嗣さんです。堀部さんにとって松原さんは施主でもあり、近作「阿佐ヶ谷書庫」は、松原さんの実家の記憶を引き継ぐ空間となっています。この建築に込められた思いを交えながら、「心の持続性」をテーマにモダニズム建築について語ります。

日時:2013年7月7日(日)14:00~16:00(開場13:30)
会場:東京大学山上会館(東京大学本郷キャンパス内)
東京都文京区本郷7-3-1

入場料:1000円
定員:100名

申込方:以下をご明記のうえ、event@seibundo.comにて誠文堂新光社の久保までお申込みください。件名には「残すべき建築イベント申込」とご明記ください。


1. お名前(ふりがな)
2. 職業(できましたら所属先もお書き添えください)
3. 携帯電話番号
4. メールアドレス
5. 人数(できましたら同伴者の方のお名前もお書き添えください)
6. 登壇者へのご質問など

d0226819_23554098.jpg
d0226819_23573859.jpg

残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか

松隈 洋 / 誠文堂新光社



■トークイベント 『残すべき建築-モダニズム建築は何を求めたのか』刊行記念  松隈洋・松原隆一郎・堀部安嗣

松隈洋関連記事
松原隆一郎 - 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部
堀部安嗣建築設計事務所
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-07-07 00:00 | 2013/07
2013-05-17 「景観に関する共同研究会」開催のご案内-「龍谷大学里山学研究センター」
景観に関する共同研究会のご案内

ドイツで活躍されている建築家水島信氏(主な著書 ドイツ流街づくり読本-ドイツの都市計画から日本の街づくりへ続・ドイツ流街づくり読本-日本とドイツの都市は何故違うのか :鹿島出版会)を交え、龍谷大学の里山学研究センターまちづくり共同研究会の共催で下記の研究会を行います。
貴重な機会ですので、是非ご参加ください。

2013年5月2日

龍谷大学法学部教授・龍谷大学里山学研究センター長  牛尾 洋也
弁護士・立命館大学法学部環境法ゼミ担当講師     飯田 昭



テーマ:「『景観利益』をめぐる諸問題」

日時:2013年5月17日(金曜日)17:30~20:00(終了後、懇親会予定)
場所:龍谷大学深草学舎紫英館(6号館)6階 会議室(下記6号館)
 (住所:〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 代表TEL 075-642-1111)
 「JR稲荷」駅、南西へ徒歩約10分、地下鉄くいな橋駅、東へ徒歩10分
 アクセス

主催:龍谷大学里山学研究センター(問い合わせ先 龍谷大学 里山学研究センター)
共催:まちづくり共同研究会

<内容>
(1)法律学の視点から
① 牛尾洋也(龍谷大学法学部):民法の観点からみた「景観利益」(仮)
② 石塚武志(龍谷大学法学部):行政法の観点からからみた「景観利益」(仮)

(2)ドイツの建築の視点から
水島 信  建築家(ドイツ・バイエルン州建築家協会):「居住空間と景観」

(内容概略)
第一部では、法律学の視点、とりわけ、民法の観点と行政法の観点から景観紛争における「景観利益」の意義と問題点について簡単な検討をします。
第二部では、ドイツの建築家の水島氏より、日本における「景観」という概念の使われ方の問題点から、今日の景観紛争における「原告適格」や「景観利益」の問題の根源を問い直し、具体的な解決策に向けた方向を示唆します。

問い合わせ先)龍谷大学 里山学研究センター事務局 〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 
TEL: 075-645-2184、FAX: 075-645-2240 E-mail:satoyamakenn@ad.ryukoku.ac.jp

■「景観に関する共同研究会」開催のご案内-「龍谷大学里山学研究センター」

牛尾洋也(龍谷大学法学部)
石塚武志(龍谷大学法学部)
水島 信-アーバンデザインの実務の視点から日本の街づくりを俯瞰する-「UR都市機構 都市デザインポータルサイト」

ドイツ流街づくり読本 ドイツの都市計画から日本の街づくりへ

水島 信 / 鹿島出版会


龍谷大学 里山学研究センター
まちづくり共同研究会
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-05-17 00:00 | 2013/05
2013-06-01 「景観と住環境を考える全国ネットワーク/東京集会」のご案内
「景観と住環境を考える全国ネットワーク/東京集会」のご案内

2013年 景住ネット全国集会in東京

2013年6月1日(土)法政大学市ヶ谷キャンパス
会費 一般1500円、会員1000円、学生500円
■第一部
マンション紛争続発全国からの紛争事例報告会

午前10時10分〜12時
マンション紛争、文化財、歴史的な建物保存運動の報告
■報告をご希望の方へ
全国のグループにそれぞれ報告していただきます。
それぞれの持ち時間は参加グループの数によりますが5〜10分程度になると思います。
▼お申し込み
▼情報シート(当日配布します)Word形式

■第二部
なぜ日本でマンション紛争が起きるのか


午後1時〜2時40分
58年館4階 843教室
■■講演
日置雅晴(景住ネット代表・早稲田大学法科大学院教授)
■会場とのディスカッション
日置雅晴氏
高橋倫恵氏(西宮市議)
司会・奈須りえ氏(大田区議)
何が問題なのか、どうすればなくなるのか
防止している事例はあるのか
議会は問題解決に取り組んでいるか

■第三部
空き家・空き地をどうするか


58年館4階 843教室
問題提起 山本 理顕氏(建築家)
■バネラー
五十嵐敬喜氏(法政大学教授)
続く超高層建設と不動産の供給・小磯盟四郎(川崎まち連)
リノベーション・中古市場の活性化・林厚見氏(東京R不動産)
法改正による成長コントロールと総有・日置雅晴氏
空き家の現状・松本恭治氏(住宅問題研究者)
商店街復活へ・三橋重昭氏(中小企業診断士)

■6月2日(日)
建築紛争現場ツアー


午前9時30分飯田橋西口集合または小杉駅10時30分集合
午前のみ、午後のみの参加も可能です。
午前●小杉の超高層マンション群
午後●文京区のマンション紛争

d0226819_23215376.jpg

d0226819_2322764.jpg

■「景観と住環境を考える全国ネットワーク/東京集会」のご案内
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-05-10 23:24 | 2013/06
2013-02-01 検証・京都の新景観政策5年 中林浩-「都市問題2013年2月号」
検証・京都の新景観政策5年
中林浩
都市問題 第104巻第2号、2013年2月号


1 はじめに
 京都市域では1980年代バブル経済の時期に、都心居住地で高層マンション建設をめぐる建築紛争が頻発した。1990年ころには、高さ60mの京都駅ピルや京都ホテルの建設問題が起こる。バブル経済崩壊後もマンションの規模が大きくなるなど、問題はさらに激化した。京都を特徴づける都心の低層高密居住地の景観は、高層建築と駐車場でむしばまれて消滅してしまうのではないかという状況に追い込まれた。

 いまだに痛々しい状況もあるが、2004年の景観法制定を契機として、2007年新景観政策が登場した。危機一髪で持ちこたえたといえるだろうか(写真1)。政府はこの法の制定にあたっては、京都市域で大胆な施策を行うことを念頭においていた。衆議院の議決では「我が国の都市を美しさと風格を備えた世界に誇れる都市へと再生させるため、都市再生に係る諸制度の運用にあたっては、良好な景観の形成、緑地の保全及ぴ緑化の推進に関し適切に対応すること。特に、京都などの世界に誇る歴史的な価値を有した美しい都市の景観の回復・保全を図るため特段の配慮を行うこと」という附帯決議が付いた。筆者は景観法の審議にさいし、衆議院の国土交通委員会で京都の景観問題を例として意見陳述をおこなっている。その内容にも照らして新政
策5年目を検証する。

 新政策によってなにが守られたのかを論じつつ、景観問題・建築紛争のなかで反対運動・提言活動をくりかえしてきた、まちづくり運動の意義を再確認してみたい。ここで「まちづくり運動」と呼んでいるのは、おもに、京都・まちづくり市民会議1) を中心とする活動である。なおここで「京都」といって
いるのは京都市域であり、「都心居住地」は東大路通・北大路通・西大路通・九条通で閉まれたいわゆる!日市街地であり、これは市電が走っていたころの外周線内の区域でもある。また「田の字地域」とは河原町通-御池通・堀川通・五条通で固まれる、他の大都市ではCBD(中心業務地域)にあたる地域である(図1)
d0226819_22411763.jpg
d0226819_22413328.jpg
d0226819_22414551.jpg
d0226819_2242289.jpg
d0226819_22421525.jpg
d0226819_22422884.jpg

■検証・京都の新景観政策5年 中林浩-「都市問題2013年2月号」
月刊誌『都市問題』

中林 浩-神戸松蔭女子学院大学
中林浩まちづくり研究日誌

2013-04-16 まちづくり共同研究会開催のご案内-「景観と住環境を考える全国ネットワーク」他
2012-10-03 「世界遺産条約40周年市民プレ・シンポ」講演:中林浩
2011-10-12 【賛同のお願い】 日本近代建築の巨匠前川國男の代表作京都会館の保存をねがうアピール
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-18 22:43 | 2013/02
2013-04-13 景観と住環境を考える全国ネットワーク 拡大運営委/まちなみWATCHING
「景観と住環境を考える全国ネットワーク 拡大運営委員会」 開催のお知らせ
〇4月13日(土)

拡大運営委員会

日 時  2013年4月13日(土) 午後1時~午後6時半
会 場  京都第一法律事務所6階会議室(中京区烏丸二条上るインターワンプ
レイス京都4F/地下鉄烏丸線丸太町下車南へ3分。烏丸二条東側バス停前)
(定員40名)

■全国各地の事例報告(1~2時)
京都からの報告:船岡山(2/14大阪高裁判決)
        京都会館(3/21京都地裁判決)

■研究会(2~4時)
五十嵐敬喜法政大学教授、
野口和雄都市計画プランナーらの基調報告を受けて意見交換。

■運営委員会(4時~6時半)
都市法制改正、条例づくりなど今後の取組みについて、他
〇4月14日(日)

まちなみWATCHING

(狙い)新景観政策の到達点と課題及びその後生じている京都市の問題点をきっちりと理解していただく。

10時30分 船岡山マンション問題現地(船岡山南側参道階段下=マンション西横集合)案内・見学
12時 京都会館現地 案内・見学。その後、関係住民・市民の方々との懇談。
14時 都心部の町家(=新町通綾小路角)ごはん処「矢尾定」で食事。予算1000円(定員30名)
 ※その場で、三村浩史京都市景観・まちづくりセンター理事長(京都大学名誉教授)や地元の祇園祭関係者・まちづくり関係者からも話をしてもらいます。

15時~修徳学区、明倫学区(案内・見学)
16時 再生された釜座町町家でまとめ(町家再生のお話も)
16時半 修了

■景観と住環境を考える全国ネットワーク 拡大運営委員会/まちなみWATCHING 開催のお知らせ

京都第一法律事務所
船岡山マンション建設事件
景観と住環境を考える全国ネットワーク
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-13 00:00 | 2013/04
本日です!2013-03-24 3月24日(日)「京都会館 2013 ~今、つなげる声」~開催のご案内


京都会館 2013 ~今、つなげる声~

d0226819_6561790.jpg

このたび、2013年3月24日(日)、京都会館に様々な思いをお持ちの方々の『声』が集まる時間を作りたいと考えまして、表題の会を開催致します。

----------------------------------------



日 時 : 2013年3月24日(日) 12:00 ~ 16:00
場 所 : 岡崎いきいき活動センター 会議室2

内 容 :

〇展 示
    京都会館に関連する写真/テキスト/動画等のこれまでの記録
    (実際の活動やweb上での発言などをあつめたもの) 

〇お話会
    小暮宣雄氏 (京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科教授)
    松隈 洋氏 (京都工芸繊維大学教授) 
    地元岡崎地区住民の皆様/市民の皆様


----------------------------------------

京都会館第1ホールが解体され、疏水側からは
比叡山が見えるようになってしまいました。



建て替え計画の発表から今日まで、見えてきたもの
 ・古都においての近代建築の評価の指針
 ・公共空間と景観
 ・舞台芸術の在り方、文化を生み出し継承していく土壌
 ・再整備にかかる意思決定の過程 
 ・世界からの保存の要望に対する京都市政の対応   等

今まで気がつかなかったことや、知らなかったことがたくさんありました。
それらは、人々が関わることで、つながりを持ち、個々の視点とともに大きな視野を持つことの重要性を感じる機会となっています。

 ・幼少期~学生期に京都会館で演奏や舞台公演に立った人々
 ・演歌歌手、ミュージシャン、演奏家の数々のコンサート
 ・日常に溶け込んだ空間

来場者を楽しませ、勇気づけていたのだということ、訪れる人々にとって憩いの空間であったことも分かり、京都会館第1ホールの解体を惜しむ、多くの声に触れることが出来ました。





前川國男設計による京都会館は、かつて加藤周一により、
『近代建築の到達点』と評されました。



前川國男や当時、京都会館建設に関わった多くの人々は、どんな思いを後世の私たちに伝えたかったのでしょうか。
そして、私たちは、どうやって、現在を未来につなげていくのでしょうか。

2013年の今、京都会館で出会った人々が、どのように今回の事態に目を向け、感じ、調べ、声を出したのかを、展示とゲストをお招きしてトーク&ディスカッションを中心に振り返ってみたいと思います。




 この会をより良き時間にしたいと考えておりますので、ご多用とは思いますが、ご参加のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

以 上


----------------------------------------

主催者:京都会館 2013 ~今、つなげる声~ 実行委員会 
(事務局:大藤/河本)

連絡先メール kyotokaikan2013@excite.co.jp
ブログ http://kyoto2013.exblog.jp
ツイッター @kyoutokaikan2013

----------------------------------------

京都市岡崎いきいき市民活動センター
〒606-8342  京都市左京区岡崎最勝寺町2番地
電 話 : 075-761-4484   FAX : 075-752-3351
アクセス方法 
市バス「東山二条」徒歩5分
地下鉄東西線「東山」徒歩10分駐輪場は台数に限りがあります。

d0226819_14413741.jpg

■3月24日(日)京都会館 2013 ~今、つなげる声~開催のご案内

京都会館 2013  ~今、つなげる声~
京都市岡崎いきいき市民活動センター

「こぐれ日乗」(小暮宣雄)
松隈洋関連記事

アーツマネジメント学 芸術の営みを支える理論と実践的展開 (文化とまちづくり叢書)

小暮宣雄 / 水曜社


残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか

松隈 洋 / 誠文堂新光社



2012-02-22 計画中です☆-「京都会館2013」
2012-02-21 3月24日(日)京都会館関連イベント開催のお知らせ-「twitter」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-03-24 00:25 | 2013/03
2013-02-03 シンポジウム「鴨川 まちと川のあゆみ」開催のご案内-「NPO法人京都景観フォーラム」
シンポジウム「鴨川 まちと川のあゆみ」開催のご案内
シンポジウム「鴨川 まちと川のあゆみ」

鴨川に架かる七条大橋は今年竣工百周年を迎えます。
これを記念して、京都の景観まちづくりにおいて重要な鴨川の歴史を振り返り、将来像を探るシンポジウムを開催します。
鴨川と京都の未来を一緒に考えてみましょう。
日時:2月3日(日)14:00~17:00
会場:東山区総合庁舎3階大会議室
   市バス202/206/207系統「清水道」下車すぐ
内容:
第1部:「鴨川の自然と歴史」京都景観フォーラムのメンバーによる報告
第2部:パネルディスカッション「鴨川と京都の未来に向けて」
    「川から橋を見る視点、活かせるエッセンス」
    「名所化の可能性(七条大橋、四条大橋など)」
    を話題にパネリストによる討論
参加費:500円(資料冊子代込み)
申込み不要
定員100名(当日先着順)
HP: http://kyotokeikan.org/
同時開催
「鴨川・まちと川のあゆみ」パネル展
日時:2月3日(日)~8日(金)8:30~17:00
(初日は10時から,最終日は15時まで)
会場:東山区総合庁舎1階展示スペース
入場無料
問い合わせ:kyotokeikanforum@yahh/co.jp

主催:NPO法人京都景観フォーラム
後援:京都市・(公財)京都市景観まちづくりセンター
このシンポジウムは東山区まちづくり支援事業京都市未来まちづくり100人委員会の活動支援事業の助成金を受けて実施いたします。
d0226819_16473028.jpg
d0226819_16474624.jpg

■シンポジウム「鴨川 まちと川のあゆみ」開催のご案内-「NPO法人京都景観フォーラム」
NPO法人京都景観フォーラム
京都市景観まちづくりセンター
平成24年度東山区まちづくり支援事業について-「京都市情報館」
京都市未来まちづくり100人委員会
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-02-03 00:00 | 2013/02
2013-02-16 セミナー「建築と思想の交差点~空間の”豊かさ”とは?~」開催のご案内
セミナー「建築と思想の交差点~空間の”豊かさ”とは?~」開催のご案内

時間:15:00~17:00 定員50名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト日埜直彦(建築家、日埜建築設計事務所主宰)、篠原雅武(大阪大学大学院国際公共政策研究科特任准教授)
カフェマスター:篠原雅武(大阪大学大学院国際公共政策研究科特任准教授)
場所:アートエリアB1 アクセス

私たちの生活にはたくさんの建築が関わっています。今回は「建築って何?」という素朴な問いから、昨今の建築や都市をめぐる状況までを、「空間の貧困」に焦点を当てて、参加者の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。ゲストには建築家の日埜直彦さんと現代思想研究者の篠原雅武さんをお招きします。

主催:大阪大学未来戦略機構第一部門(超域イノベーション博士課程プログラム)

d0226819_187251.jpg

■セミナー「建築と思想の交差点~空間の”豊かさ”とは?~」開催のご案内
アートエリアB1
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-02-02 08:30 | 2013/02
2013-02-01 玉村匡報告資料:シンポジウム『京都の景観問題を考えるつどい』
「地区計画と景観、その法的問題点について」
報告:玉村匡氏(弁護士)
2月1日に行なわれましたシンポジウム 『京都の景観問題を考えるつどい』地区計画と京都の景観にて発表の資料の一部を許可を得て公開させていただきます。
クリックすると拡大します↓
d0226819_1658184.jpg
d0226819_16581170.jpg

d0226819_16581893.jpg
d0226819_16584739.jpg

d0226819_16585614.jpg
d0226819_1659411.jpg
d0226819_16591479.jpg
d0226819_16592835.jpg
d0226819_16593891.jpg
d0226819_16594476.jpg
d0226819_16595246.jpg
d0226819_16595928.jpg
d0226819_170646.jpg
d0226819_1701358.jpg

■玉村匡氏報告資料:シンポジウム『京都の景観問題を考えるつどい』
2013-02-01 『京都の景観問題を考えるつどい』地区計画と京都の景観 開催のご案内

2012-08-13 京都会館第一ホール解体問題に関するメモ-弁護士 玉村匡
2012-09-03 ついに解体目前になってしまった@京都会館-「Kazuya Morita Architecture Studio」
2012-08-26 御礼:第4回緊急シンポジウム お越しいただき誠にありがとうございました
2012-08-26 第4回緊急シンポジウム 「京都会館のより良き明日を考える」開催のご案内
2012-06-03 御礼:第3回緊急シンポジウムお越しいだだきありがとうございました
2012-06-02 第3回緊急シンポジウム開催のご案内-「京都会館を大切にする会」
2012-06-03 京都会館:再整備計画考えるシンポ 気軽に使える建物に 疑問や批判次々 /京都

京都会館問題住民訴訟関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-02-01 00:02 | 2013/02