タグ:建築 ( 209 ) タグの人気記事
2014-03-01 それでも我々は主張し続ける 新国立競技場案について:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol301」
特別寄稿 それでも我々は主張し続ける 新国立競技場案について:槇文彦
 「新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える」が『JIA MAGAZINE』295(2013年8月)号に発表されてから5ヵ月半、2020年オリンピックの東京開催が決定されてからも5ヵ月が経過した。この間「新国立競技場案」をめぐり多くの論評、議論、報道がなされ、その波紋は国内だけでなく国際的な拡がりもみせている。
 まだ実現しない一建築プロジェクトがこれだけの社会的注目を浴び、活発な議論を巻き起こしたのは日本の建築の歴史の中でも稀有の出来事であった。それは何故なのだろうか。
 当然それが7年後のオリンピックの主要施設だからという答えだけではない。これまで私個人に対していただいた多くの書面から、最も印象に残った2つをまずこの文の冒頭に紹介しておきたい。一つは東京郊外のある自閉症、発達障害の子供達の施設の責任者からのものであった。そこに園児の描いた1枚の白黒の絵が同封されていた。彼が家並みが終わるところに立ち、眼前に広がる林と空だけの自然に向かって両手をあげている後姿であった(図1)。
 この責任者は冒頭の私のエッセイで紹介された巨大施設の写真を見て、それが我々が使う抽象的な景観という概念でなく、本来人間が持つ抑圧/解放という原初的な心理問題として捉えてみたいという。これは建築家の私にとっても景観の本質に対する重要な示唆であった。
 もう一つは未知の方からの突然のメールであった。その人は日本の著名な大学で経済史を教えていて、現在は大学からの長期休暇制度を利用して英国のケンブリッジ大学に研究滞在中であるという。彼の説明によれば、たまたま彼の従兄弟の一人に建築家がいて、その人がPDFファイルで私のエッセイを送ってくれたという。彼は一読後直ちに大学のトップを含め経済学部の同僚にその記事を送り返し、多くの人々から賛同の意思表示をもらい、特にその中の一人からは「今我々に何か出来ることはないか」という返事をもらったという。「今我々に何か出来ることはないか」という問いは、健全な市民社会形成への第一歩に繋がる声なのだ。何故私が冒頭のエッセイを書くに至ったか、その背後には「今我々に何か出来ることはないか」という同じ思いにも繋がっている。

■それでも我々は主張し続ける 新国立競技場案について:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol301」


2013-10-11 シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
2013-08-01 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える:槇文彦-「JIA MAGAZIN vol295」
新国立競技場 国際デザインコンクール

2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 槇文彦
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-03-01 00:00 | 2014/03
2014-02-26 京都にみる近代建築の保存と活用:笠原一人-「京のまちづくり史セミナー」
京都にみる近代建築の保存と活用:笠原一人

*当日セミナー時に配布された資料を講師の方の許可を得て掲載させていただきます。
笠原先生どうもありがとうございました。


セミナー名京都にみる近代建築の保存と活用
主 催公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター
講 師笠原 一人氏(京都工芸繊維大学大学院助教)
日 時平成26年2月26日(水)  19:00 - 21:00
会 場京都市景観・まちづくりセンター  ワークショップルーム
定 員50名(先着順)
申込締切日定員に到達次第  
詳細はこちら  
費 用無料

d0226819_22331648.jpg
d0226819_22332891.jpg
d0226819_22333643.jpg
d0226819_22334690.jpg
d0226819_22335458.jpg

■京都にみる近代建築の保存と活用:笠原一人-「京のまちづくり史セミナー」
平成25年度 景観・まちづくり大学
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-26 00:00 | 2014/02
2014-02-07 鈴木博之さん死去 建築史家、東京駅舎復元に尽力-「朝日新聞」
鈴木博之さん死去 建築史家、東京駅舎復元に尽力
2014年2月7日01時49分

西洋建築史、建築評論の第一人者で、近代建築の保存にも力を注いだ建築史家で東京大名誉教授の鈴木博之(すずき・ひろゆき)さんが3日、肺炎のため死去した。68歳だった。葬儀は3月24日午後1時から東京都新宿区四谷4の34の東長寺で。喪主は美術史家の妻杜幾子(ときこ)さん、葬儀委員長は建築家の安藤忠雄さん。

 東大建築学科卒。ロンドン大留学などを経て、母校の助教授、教授に。博物館明治村館長、青山学院大教授も務めた。西洋建築史研究に裏打ちされた建築・都市評論を展開し、文化財保護政策に力を注いだほか、東京の国際文化会館など近代建築の保存や東京駅舎の復元に関わった。

 芸術選奨文部大臣新人賞の「建築の七つの力」、サントリー学芸賞の「東京の『地霊』」、「建築の世紀末」「現代の建築保存論」など著書多数。朝日新聞の連載「奇想遺産」の執筆者の一人でもあった。

■ 鈴木博之さん死去 建築史家、東京駅舎復元に尽力-「朝日新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-07 00:00 | 2014/02
2014-02-07 建築史家の鈴木博之さんが死去
建築史家の鈴木博之さんが死去


d0226819_2341658.jpg


ご冥福をお祈りいたします。

・2006-04-01 前川國男の前衛性 鈴木博之-「建築家 前川國男の仕事」
http://kyoto21c.exblog.jp/14946080/

・2011-08-31 京都会館保存へ 山田洋次監督ら28人がアピール-「京都新聞」
http://kyoto21c.exblog.jp/14468367/

・2011-10-10 -京都会館保存要望書-賛同メッセージ集-直筆版(10/10到着分)-「京都会館を大切にする会」
http://kyoto21c.exblog.jp/14770728/
d0226819_07831.jpg


・2011-10-16 京都会館は保存改修に-「京都民報」
http://kyoto21c.exblog.jp/14793518/

・2011-10-24 前川國男設計の京都会館/保存改修を著名建築家ら申し入れ-「日刊建設通信新聞社」
http://kyoto21c.exblog.jp/14832546/

・2011-12-18 第2回シンポ「京都会館のより良き明日を考える」講演 鈴木博之 。
http://kyoto21c.exblog.jp/15395013


・2012-09-05 京都会館の10日解体着工ノー・イコモス「警告」に従え(1)鈴木博之さん-「京都民報Web」
http://kyoto21c.exblog.jp/16761280/

・2011-10-10 「京都会館を大切にする会」賛同者からのメッセージ集より-鈴木博之
http://kyoto21c.exblog.jp/16761925/

・2012-10-04 日本の戦後モダニズム建築の修復・保存活動が世界の模範に:日土小学校
http://kyoto21c.exblog.jp/16979945/

・2012-08-08 京都会館再整備基本設計に対する意見書-「DOCOMOMO Japan」 
http://kyoto21c.exblog.jp/16591390/

東京の地霊(ゲニウス・ロキ) (ちくま学芸文庫)

鈴木 博之 / 筑摩書房

庭師 小川治兵衛とその時代

鈴木 博之 / 東京大学出版会


■建築史家の鈴木博之さんが死去
鈴木博之-Wikipedia
[PR]
by 2011-kyoto | 2014-02-07 00:00 | 2014/02
 2013-08-15 現代のことば「建築というバトン」 松隈洋-「京都新聞」
現代のことば 松隈洋

建築というバトン


この夏、四国・高松市の香川県立ミュージアムで、生誕100年を迎えた建築家・丹下健三(1913-2005年)の展覧会が開催中だ。

 原爆ドームに焦点を当てた平和のモニュメントである広島平和記念公園と資料館(1955年)に始まり、東京オリンピックのメーン会場となった国立屋内総合競技場(1964年)、日本万国博覧会のお祭り広場(1970年)、そして、先ごろ姿を消した赤坂プリンスホテル(1983年)や東京都庁舎(1990年)に至るまで、戦後日本の歩みを象徴する建築を数多く手がけた世界的な建築家として、その名はすでに歴史に刻まれている。 

 また、東京大学教授として、槇文彦や谷口吉生、磯崎新、故・黒川紀章ら、やはり世界的に活躍する建築家を多く育てたことでも知られる。そんな丹下の代表作のひとつが、戦後民主主義の時代に相応しい庁舎建築の姿を具現化したと評される香川県庁舎(1958年)である。おりしも瀬戸内国際芸術祭2013とも重なった今回の建築展は、そのことがきっかけで実現した。筆者は後から実行委員会の末席に加わったにすぎないが、むしろ開催までのプロセスに今までの建築展とは次元の異なる強い印象を受けたので、ここではそのことを紹介したい。

 展覧会に先立つ5年前の2008年、県庁舎の竣工から50周年を迎えるにあたって、香川県の職員有志約30人が建築という領域を超えて集まり、自分たちの働く庁舎の歴史を記録にまとめるべくプロジェクトチームを結成する。

 彼らは、丹下の下で設計を担当した神谷宏治や長島正充ら丹下研究室の元所員と当時の県の担当者、さらに工事に携わった職人まで、さまざまな関係者へのヒアリングを行いながら資料を発掘し、1年がかりで報告書をまとめ、一般向けの冊子も発行する。その中で、建設までの経緯や苦難、そこに込められた思いや刻まれた歴史など、さまざまな発見をしたという。

 それは、市街地の8割を空襲によって焼失した城下町高松の戦後復興の途上で、人々の心のよりどころとなる新しい県庁舎を求めた先人たちの営為を再確認する作業でもあったに違いない。こうして、その地道な蓄積が人と人とをつなぎ、今回の展覧会へと結実したのである。だからなのだろう。驚いたことに、会期中の毎日、休むことなく県庁舎のガイドツアーが職員有志によって開催されている。

 このように、香川県では職員が自ら身近な空間の由来を知り、建築というバトンを次世代へ手渡そうとしているのだ。おそらく、そうした眼差しの伝播によって、人々の建築への理解と愛着も深まっていくのだろう。また、この展覧会では、、県庁舎に続いて建てられた香川県内の建物にとどまらず、広く瀬戸内海を取り囲む広島市、岡山県倉敷市、淡路島、愛媛県今治市、八幡浜市といった各地域に穂ついた戦後の近代建築も紹介されている。ぜひ、現地を訪れて、手づくりの展示と建物に触れてほしい。
(京都工芸繊維大教授・近代建一築史)
d0226819_23233520.jpg

■現代のことば「建築というバトン」 松隈洋-「京都新聞」(夕刊)

松隈洋関連記事

2013-08-17 生き続ける魂 ~香川県庁舎建築ストーリー~-「You Tube」
2013-08-18 丹下建築を再評価/高松で生誕100周年シンポ-「SHIKOKU NEWS」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-18 23:27 | 2013/08
2013-10-09 京のまちづくり史セミナー「調停する都市」 開催のご案内
10/9 京のまちづくり史セミナー「調停する都市」
主催 公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター
開催日 平成25年10月9日(水)
開催時刻 19:00~21:00
締切日 定員に到達次第
会場 京都市景観・まちづくりセンターワークショップルーム
定員 50名(先着順)
申込方法 電話,ファックス又はE-mail
費用 無料

内容詳細
講師:中川 理氏(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授)
内容:民衆社会に基づく強固な歴史性をもった京都において、近代は、様々な対立的な二面性が特に生まれた時代でした。しかし京都はその二面性を巧みに調整していきます。果たして、行政は、そして市民は、どのように状況を打開していったのでしょうか。京都に起こった様々な「調停」の場面に焦点を当て、現在の京都に至った経緯を探ります。

問い合わせ先
(公財)京都市景観・まちづくりセンター
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)
「ひと・まち交流館 京都」地下1階
TEL  075-354-8701  
FAX  075-354-8704
d0226819_17435769.jpg
d0226819_1744515.jpg

■10/9 京のまちづくり史セミナー「調停する都市」

京都市景観・まちづくりセンター

2013-08-24 HONESTY AND MODESTY 京都岡崎地区をめぐる文化地政学トーク・シリーズ 他のご案内-「HAPS」
2011-12-10 とーく 京都工芸繊維大学大学院教授 中川理さん-「ねっとわーく京都1月号」
2011-04-04 建築季評-中川理-「読売新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-10-09 00:00 | 2013/10
2013-09-10 「吉村篤一建築展」開催のご案内-「アートステージ567」
「吉村篤一建築展」開催のご案内

吉村篤一建築展
-囲うとは如何なる事件か-


2013年9月10日(火)-9月16日(月・祝)
11:00-18:30 入場無料


鼎談:9月13日(金)18:30~
吉村篤一(建築家)
前田忠直(建築家・京都大学名誉教授)
佐野春仁(建築家・京都建築専門学校教務主任)
参加費:一般1000円・学生500円
定員30名・予約制


アートステージ567

〒604-0863 京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92
烏丸・夷川交差点を西へ40m南側
地下鉄丸太町駅6番出口より徒歩1分
アクセス

d0226819_1417292.jpg

■「吉村篤一建築展」開催のご案内-「アートステージ567」

2012-04-01 建築人 吉村篤一-「建築人4月号 No.574」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-09-10 00:00 | 2013/09
2013-09-03 歴史的建造物の活用探る 公開講座に60人-「佐賀新聞」
歴史的建造物の活用探る 公開講座に60人

 歴史的建造物の保存活用策を考える公開講座(県建築士会主催)が31日、唐津市の旧唐津銀行で開かれた。大分県臼杵市で古民家再生などに携わる市民団体「臼杵デザイン会議」の齋藤行雄さん(52)ら2人が、歴史的建造物の活用や修理法について語った。

 歴史的建造物の保全や活用策を行政などに提案する「ヘリテージマネジャー」を育成する講座の一環。講座には県内外から受講生ら約60人が集まった。

 齋藤さんは、建造物に備わる従来の機能や役割から活用策を考えるべきとし、「建造物だけでなく、建造物に関連する地域の歴史や風土に合致するものも一緒に見せ、いろんな市民組織と連携して活用策を考えることが必要だ」と語った。神奈川大学の西和夫名誉教授は建造物の修理法などを講義した。

 参加した神埼市の設計事務所に勤める一級建築士の三井孝幸さん(39)は「建物に思い入れのある周辺住民と連携し、保存活動や活用策を考える機運を高める大切さが分かった」と話した。

 次回は7日、佐賀市の徴古館で開かれる。問い合わせは同会、電話0952(26)2198。
2013年09月03日更新

■歴史的建造物の活用探る 公開講座に60人-「佐賀新聞」
全国ヘリテージマネージャーネットワーク協議会の設立につきまして-「日本建築士会連合会」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-09-03 00:26 | 2013/09
2013-07-06 京都会館再整備計画に関するこれまでの経緯
京都会館再整備計画に関するこれまでの経緯
(作成:吉村篤一氏)

この資料は2013年7月3日に開催されました第1回関西建築保存活用サミットにて発表されたものです。作成・発表者の了解を得て、掲載させていただきます。この場をお借りして御礼申し上げます)

(クリックすると拡大します)
d0226819_21205340.jpg

■京都会館再整備計画に関するこれまでの経緯


関西建築保存活用サミット


2013-07-06 関西建築保存活用サミットのご案内-「 精華小校舎 愛好会」
2013-09-15 第2回関西建築保存活用サミットのお知らせ
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-08-29 21:24 | 2013/07
2013-07-05 20世紀の遺産残す動き 世界的広がり ドコモモジャパン代表松隈洋氏-「日刊建設工業新聞」
20世紀の遺産残す動き 世界的広がり
ドコモモジャパン代表 松隈洋氏


地域に根付き、愛され続ける建築を掘り起こし励ます
20世紀の建築の重要な潮流だったモダン・ムーブメント。その歴史的・文化的な重要性を認識し、成果を記録するとともに既存建築・環境の保存を訴える「ドコモモ・ジャパン」の代表に建築史家の松隈洋氏(京都工芸繊維大学教授)が就いた。近代建築の展覧会に数多く携わり、保存運動にも力を注ぐ松隈氏は「20世紀の建築遺産を残していくという認識が世界的に広がって
きている」と語る。( 編集部・山口裕照)
--重要な近代建築をどう守っていくのですか。
「ドコモモは、シンボル的な形でしか動けないのも事実です。メディアに取り上げられた著名な建築をリスト化し、日本建築学会と共に保存を訴えています。しかし全国には、メディアに紹介されなくても地域の中に根付き、人々に愛され続けている建築がたくさんあります。そういう建築を丁寧に掘り起こし、励ましていくような活動を行っていきたいと考えています」
「建築は建築の世界の人たちだげでは守れません。-般の人たちが建築に関心を持ち、地域の資産として大事にしてもらうことが重要です。既に背森県の弘前や広島などでは市民組織が生まれ、それらが互いに交流し、刺激し合うような動きも出始めています。地域で建築を考える人たちのネットワークをさらに広げながら、今年5月に開館した『国立近現代建築資料館』(東京・湯島)や、地域の近代建築資産保存活動組織などが連携し発信していく。展覧会やシンポジウム、見学会などいろいろな方法で建築を知ってもらいたい。建築を知れば景色や風景、世界が変わって見えるのです」
 --教育の重要性も訴えています。
「建築界の最終的な目標は、子どもの教育だと思います。現状では、衣食住を学ぶ家庭科で住まいやまち、都市のことが教えられていません。その結果、日本には建築についてきちんと語れる知識人や文化人が少なくなっています。
 情けないことです。海外の知識人や文化人は当たり前のように建築について語ります。日本でも初等教育で建築について教える仕組みが必要でしょう」。

d0226819_23282430.jpg

■20世紀の遺産残す動き 世界的広がり ドコモモジャパン代表 松隈洋氏-「日刊 建設工業新聞」
日刊建設工業新聞

松隈洋関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-08-03 23:32 | 2013/07