タグ:資料 ( 69 ) タグの人気記事
2013-06-01 景観問題に関する覚書-都市空間の劫掠と対時して-中島晃-「地方自治研究」
景観問題に関する覚書-都市空間の劫掠と対時して-中島晃

 日本を代表する歴史都市である京都もまた、60年代に入札急速な都市化にともなって、都市開発の波にあらわれ、景観が危機にさらされた。そこで京都では、いち早く、建物の高さ規制などの景観政策が取り入れられ、1972年には市街地景観条例が制定されることとなったが、その際いわれたことは“景観はみんなもの"という考え方であった。そこでは、市民が景観を平等に享受できるという「平等性の視座」が基本とおかれていたということができる。
“景観はみんなのもの"という考え方を、都市景観の特質に即して、より具体的に検討していくと、良好な景観を享受するためには、景観を構成する空間の利用者全員が相互に、景観維持のための共通ルールを尊重し、遵守するという互換的な利害関係によって結ばれているということができる。この点に関して、東京都国立市の通称大学通りに面して建築された高層マンションが建築条令に違反するとして、違反部分について住民が除去命令を求めた事件で、2011年12月4日、東京地裁は次のような注目すべき判決を下している。「景観は、通りすがりの人にとってはー方的に享受するだけの利益にすぎないが、ある特定の景観を構成する主要な要素の一つが建築物である場合、これを構成している空間内に居住する者や建築物を有するものなどのその空間の利用者が、その景観を享受するためには、自らが景観を維持しなければならないという関係に立っている。しかも、このような場合には、その景観を構成する空間の利用者の誰かが、景観を維持するためのルールを守らなければ、当該景観は直ちに破壊される可能性が高く、その景観を構成する空間の利用者全員が相互にその景観を維持・尊重し合う関係に立たない限り、景観の利益は継続的に享受することができないという性質を有している。」
ここでいう互換的な利害関係とは、良好な景観を住民が平等に享受するためには、高さ規則などの景観維持のための共通のルールを住民全員が平等に受け入れて、これを道守していくことが必要であるという関係にあることを示すものにほかならない。いいかえれば、景観ルールの平等が確保されること(=景観ルールの平等性)は、景観享受の平等を実現するための不可欠の前提条件となっている。以上からすると、“景観はみんなのもの"というのは、景観享受の平等性と景観ルールの平等性の2つの意味を含むものであり、景観ルールの平等性が損なわれると、景観享受の平等性も失われるという関係にあるということができる。
さて、1970年代初頭に、京都で市街地景観条例が制定される際に言われた、“景観はみんなのもの"という考え方は、その後次第に後退し、やがて、景観は主観的なものであって、個々人の判断に委ねられているという考え方に取って代わられることになる。
しかしいま京都の景観は新しい危機に直面している。 それは、京都市が新景観政策によって、市内全域で強化した建物の高さ制限を、今度は逆に、地区計画を使って藤和しようという動きを見せていることである。すでに、2012年1月、岡崎公園にある京都会館の建て替えのために、京都市は地区計画によって、それまで最大15メートルであった高さ制限を31メートルに引き上げたのをはじめ、2012年7月には、島津製作所本社三条工場の高さ制限を向様に20メートルから31メートルに引き上げる規制緩和を行った。このように特定の事業者のためにのみ、高さ規制を緩和するという特別ルールをつくるやり方は、京都市が自ら景観ルールの平等性を破壊するものであって、これによって景観享受の平等性が損なわれることになることは明らかである。
d0226819_2342727.jpg
d0226819_2345492.jpg
d0226819_23516100.jpg

「地方自治研究」「2013年6月号所収

■景観問題に関する覚書-都市空間の劫掠と対時して-中島晃-「地方自治研究」

2012-06-18 京都会館問題監査請求 陳述聴取会 陳述人提出資料紹介6-中島晃
2011-10-12 【賛同のお願い】 日本近代建築の巨匠前川國男の代表作京都会館の保存をねがうアピール
2011-11-15 シンポジュウム「地元住民と専門家が語る京都会館と岡崎の保存を求めて」開催のご案内
2011-08-10 「時を超え、光り輝く京都の景観づくり」の精神は何処へ 中島晃-「ねっとわーく京都9月号」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-12-21 23:34 | 2013/06
2013-07-06 京都会館再整備計画に関するこれまでの経緯
京都会館再整備計画に関するこれまでの経緯
(作成:吉村篤一氏)

この資料は2013年7月3日に開催されました第1回関西建築保存活用サミットにて発表されたものです。作成・発表者の了解を得て、掲載させていただきます。この場をお借りして御礼申し上げます)

(クリックすると拡大します)
d0226819_21205340.jpg

■京都会館再整備計画に関するこれまでの経緯


関西建築保存活用サミット


2013-07-06 関西建築保存活用サミットのご案内-「 精華小校舎 愛好会」
2013-09-15 第2回関西建築保存活用サミットのお知らせ
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-08-29 21:24 | 2013/07
2013-07-30 第2回 景観専門小委員会設計説明資料(公開用)-「京都市」
第2回 景観専門小委員会設計説明資料(公開用)

pdfダウンロード
諮問資料(公開用)はこちら

d0226819_13194083.jpg
d0226819_1319542.jpg
d0226819_1320833.jpg
d0226819_13202348.jpg
d0226819_13203832.jpg
d0226819_13205390.jpg
d0226819_1321447.jpg
d0226819_13211639.jpg
d0226819_13212715.jpg

■第2回 景観専門小委員会設計説明資料(公開用)-「京都市」
2013-07-30 第2回 景観専門小委員会諮問資料(公開用)-「京都市」

2013-07-30 平成25年度京都市美観風致審議会第2回景観専門小委員会の開催について-「京都市情報館」
2013-07-31 7/30美観風致審議会景観小委員会での京都会館再整備についての協議 -とがし豊/子育て市議奮戦記

2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-1
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-2
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-3
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-4

2013-03-26 【広報資料】平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会の開催について
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会 配付資料
2013-01-09 【広報資料】平成24年度京都市美観風致審議会第4回景観専門小委員会の開催について
2012-05-30 平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会の開催について
2012-06-04 京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会 配布資料
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-08-27 13:17 | 2013/07
2013-07-30 第2回 景観専門小委員会諮問資料(公開用)-「京都市」
第2回 景観専門小委員会諮問資料(公開用)
pdfダウンロード
設計説明資料(公開用)はこちら
d0226819_11204674.jpg

d0226819_11205915.jpg
d0226819_11211825.jpg

d0226819_2319657.jpg
d0226819_23192066.jpg
d0226819_23193220.jpg
d0226819_23194569.jpg
d0226819_2320165.jpg
d0226819_23201654.jpg
d0226819_23203192.jpg
d0226819_23204530.jpg


■第2回 景観専門小委員会諮問資料(公開用)-「京都市」
2013-07-30 第2回 景観専門小委員会設計説明資料(公開用)-「京都市」

2013-07-30 平成25年度京都市美観風致審議会第2回景観専門小委員会の開催について-「京都市情報館」
2013-07-31 7/30美観風致審議会景観小委員会での京都会館再整備についての協議 -とがし豊/子育て市議奮戦記

2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-1
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-2
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-3
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会議事録(要旨)-4

2013-03-26 【広報資料】平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会の開催について
2013-03-26 平成24年度京都市美観風致審議会第5回景観専門小委員会 配付資料
2013-01-09 【広報資料】平成24年度京都市美観風致審議会第4回景観専門小委員会の開催について
2012-05-30 平成24年度京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会の開催について
2012-06-04 京都市美観風致審議会第1回景観専門小委員会 配布資料
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-08-26 00:00 | 2013/07
2013-02-19 真のクライアントは誰なのか 藤本昌也-「住宅建築2013年4月号」
真のクライアントは誰なのか
藤本昌也

公共建築の真のクライアントは、市民である

(中略)

成熟した市民社会のとるべき、”文化としての作法””だと考えられないでしょうか。
京都会館はすでに改修工事が始まっていると聞きました。こうした事態は、今後も全国各地で起こることが予想されます。これからは、推進の立場の方々も反対の立場の方々も、ノーサイドの立場に立って、特例許可などの制度のあり方も含め、ユーザークライアントニーズをどういう社会的仕組みで民主的に集約できるか、その”術”を市民・行政・専門家三者が共通のフィールドで議論していただきたい。京都だからこその新しい仕組み”京都作法”を提起し、実践し、先導役を務めていただきたい。

ふじもと・まさや 談
文責/編集部
d0226819_10205075.jpg

■真のクライアントは誰なのか 藤本昌也-「住宅建築2013年4月号」
藤本昌也 株式会社 現代計画研究所

2013-02-19 建築は誰のものか-京都会館は問い続ける 松隈洋-「住宅建築2013年4月号」

住宅建築HP
住宅建築 2013年 04月 号
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-28 10:24 | 2013/04
2013-01-10 「建築ストック時代の公共建築の現況と課題に関する調査」における経年比較-宮田農夫雄
建築ストック時代の公共建築の現況と課題に関する調査」における経年比較
Re : Building maintenance & management
宮田農夫雄
d0226819_1515483.jpg


宮田農夫雄-第二研究部主任研究員
「どうする?公共建築の維持修繕」 建築保全センター-建築ネット

2013-01-10 「建築ストック時代の公共建築の現況と課題に関する調査(2012)」の概要報告-川野清司
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-26 15:02 | 2013/01
2013-01-10 「建築ストック時代の公共建築の現況と課題に関する調査(2012)」の概要報告-川野清司
「建築ストック時代の公共建築の現況と課題に関する調査(2012)」の概要報告
Re : Building maintenance & management
川野清司
d0226819_1422074.jpg
d0226819_1422917.jpg

■「建築ストック時代の公共建築の現況と課題に関する調査(2012)」の概要報告

川野清司-建築保全センター主任研究員
「どうする?公共建築の維持修繕」 建築保全センター-建築ネット
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-26 01:47 | 2013/01
2013-02-19 建築は誰のものか-京都会館は問い続ける 松隈洋-「住宅建築2013年4月号」
建築は誰のものか-京都会館は問い続ける 松隈洋

 2012年12月、京都会館は、過半を占める第1ホールがすべて取り壊されて建築としての統一感を失い、その生命を絶たれた。これは、2011年6月に京都市が策定した再整備基本計画の基本方針、「多様な要望に応えるための舞台機能の向上」による増改築のために先行して行われた解体工事の結果である。しかし、基本方針には、「既存の建物価値の継承」とも謳われていた。はたして、半分以上を取り壊しても、建物の価値は継承できるのだろうか。常識的に考えて、この論理が成り立たないことは明らかだ。もしそれで良いのなら、私たちはなぜ建築の設計にこれほどの精力を注ぎ込むのだろう。また、基本方針が策定されるまでの間に、どのような議論が尽くされ、建物価値として何が特定されたのだろうか。実際には、何ら具体的には公表されていないし、専門家と市民を交えた開かれた議論もまったく行われていない。こうして、本来、喜びをもって迎えられるはずの文化施設にもかかわらず、模型すら一般公開されない状態が続いている。このような不透明なプロセスで健全な結果が生まれると誰が期待できるのだろう。建築の創造は手品ではなし。

 ヨーロッパには、「壊す時には、壊す前にその建物がなぜ建てられたかを考えてみよ」という格言があるという。そこで、ここでは、京都会館がなぜ建てられたか、そこにどんな考え方が込められていたのか、を再確認したい。その上で、今回の取り壊し問題が何を意味するのか、について書き留めておきたい。先回りして言ってしまえば、問われているのは、ひとつの建築をめぐる単なる取り壊しの是非ではないと思う。建築は誰のものか、より良き環境はどのようなコミュニケーションによって守り育てることができるのか、そして、どうしたら私たちは私たちの時代の建築文化を共有し、次の世代へ引き継ぐことができるのか、という切実な問いへとつながっている。


d0226819_189496.jpg
d0226819_1810686.jpg
d0226819_18104843.jpg
d0226819_18105899.jpg
d0226819_18123984.jpg

■建築は誰のものか-京都会館は問い続ける 松隈洋

住宅建築HP
住宅建築 2013年 04月 号
松隈洋関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-24 18:11 | 2013/02
2013-02-01 検証・京都の新景観政策5年 中林浩-「都市問題2013年2月号」
検証・京都の新景観政策5年
中林浩
都市問題 第104巻第2号、2013年2月号


1 はじめに
 京都市域では1980年代バブル経済の時期に、都心居住地で高層マンション建設をめぐる建築紛争が頻発した。1990年ころには、高さ60mの京都駅ピルや京都ホテルの建設問題が起こる。バブル経済崩壊後もマンションの規模が大きくなるなど、問題はさらに激化した。京都を特徴づける都心の低層高密居住地の景観は、高層建築と駐車場でむしばまれて消滅してしまうのではないかという状況に追い込まれた。

 いまだに痛々しい状況もあるが、2004年の景観法制定を契機として、2007年新景観政策が登場した。危機一髪で持ちこたえたといえるだろうか(写真1)。政府はこの法の制定にあたっては、京都市域で大胆な施策を行うことを念頭においていた。衆議院の議決では「我が国の都市を美しさと風格を備えた世界に誇れる都市へと再生させるため、都市再生に係る諸制度の運用にあたっては、良好な景観の形成、緑地の保全及ぴ緑化の推進に関し適切に対応すること。特に、京都などの世界に誇る歴史的な価値を有した美しい都市の景観の回復・保全を図るため特段の配慮を行うこと」という附帯決議が付いた。筆者は景観法の審議にさいし、衆議院の国土交通委員会で京都の景観問題を例として意見陳述をおこなっている。その内容にも照らして新政
策5年目を検証する。

 新政策によってなにが守られたのかを論じつつ、景観問題・建築紛争のなかで反対運動・提言活動をくりかえしてきた、まちづくり運動の意義を再確認してみたい。ここで「まちづくり運動」と呼んでいるのは、おもに、京都・まちづくり市民会議1) を中心とする活動である。なおここで「京都」といって
いるのは京都市域であり、「都心居住地」は東大路通・北大路通・西大路通・九条通で閉まれたいわゆる!日市街地であり、これは市電が走っていたころの外周線内の区域でもある。また「田の字地域」とは河原町通-御池通・堀川通・五条通で固まれる、他の大都市ではCBD(中心業務地域)にあたる地域である(図1)
d0226819_22411763.jpg
d0226819_22413328.jpg
d0226819_22414551.jpg
d0226819_2242289.jpg
d0226819_22421525.jpg
d0226819_22422884.jpg

■検証・京都の新景観政策5年 中林浩-「都市問題2013年2月号」
月刊誌『都市問題』

中林 浩-神戸松蔭女子学院大学
中林浩まちづくり研究日誌

2013-04-16 まちづくり共同研究会開催のご案内-「景観と住環境を考える全国ネットワーク」他
2012-10-03 「世界遺産条約40周年市民プレ・シンポ」講演:中林浩
2011-10-12 【賛同のお願い】 日本近代建築の巨匠前川國男の代表作京都会館の保存をねがうアピール
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-04-18 22:43 | 2013/02
2012-12-30 京都会館問題と岡崎公園と疎水の会紹介記事-「紛争事例集2012」
京都会館問題と岡崎公園と疎水の会 紹介記事-「紛争事例集2012」

全国の紛争事例を集めた報告集です。
建築紛争がどんな場所でどのようにして起きているのか、法律や制度にどのような問題があるのか。実際に起きている問題を市民の手によってまとめたものです。
(カラー48ページ 販売価格:1000円)
2012年版紛争事例集完成 軽量版pdf こちらからダウンロードできます。
d0226819_23174988.jpg

d0226819_2318211.jpg

d0226819_23181451.jpg

■岡崎公園と疎水の会紹介記事-「紛争事例集2012」
景観と住環境を考える全国ネットワーク
2013-03-10 岡崎公園と疎水を考える会ニュースNo.17-規制緩和でどうなる岡崎公園!?
住民訴訟に関する記事一覧
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-03-19 23:25 | 2012/12