2011-03-15 平成23年第2回定例会会議録(速報版)議案処理等-「京都市会会議録」
議 事 日 程
平成23年第2回定例会会議録(速報版)
3月15日開催分(議案処理等)
開議日時 平成23年3月15日(月)午前10時

普通予算特別委員長(津田大三)
本委員会に付託されました議第1号平成23年度京都市一般会計予算,ほか48件につきまして,審査の経過と結果を御報告申し上げます。
(中略)
次に,市政の総合的な推進や国際交流については,特別自治市を目指す強いメッセージの発信及び取組の推進,京都創生推進フォーラムの総括と一層効果的な事業の推進,広く市民の意見を取り入れた岡崎地域活性化ビジョンの策定及びその推進,地域の各種団体への学生の参画による社会貢献の実現に向けた大学との連携,パートナーシティ提携による市民レベルでの国際交流の推進,留学生や海外からの訪問者の利便性向上に向けた取組の推進などについて質疑や御意見がありました。

とがし豊議員
(中略)
第5は,市民の声も聞かずに公園については特定企業の金もうけに使ったり公共施設などについては資産の売却を進めている点です。梅小路公園では公園の一部をつぶし水族館建設が進んでいます。公園全体の維持管理費用を支えてきた駐車場部分を民間企業に水族館開園期間と同じ30年にもわたる異例の長期貸付けを行い1億3,000万円もの利益を提供するとのことであり認めることはできません。岡崎公園を巡って市長は,市民の反対世論に押され総合特区提案で構想していた公園内への宿泊施設の誘致はしないと表明されました。その一方で公園区域を拡大し,新たに4,100平方メートルもの新規施設建設を可能にしようとしていることが明らかになりました。さらに京都市は,昨年9月に公園内に商業施設を誘致するための大幅な規制緩和を求める総合特区提案を国に行ったことに続いて,総合特区法案が成立すれば今度は正式に総合特区指定を目指すとしています。岡崎活性化ビジョン検討委員会の議論や市民から寄せられた懸念の声に耳を傾けるならば,このような総合特区提案は行うべきではありません。また市長は,市営住宅や公共施設跡地などの資産の売却を進めようとしていますが,保育所や介護施設の増設など市民の要望にこたえるうえでの有効活用も含めて,市民の意見を聞いて物事は決めるべきです。

山元あき議員
(中略)
未来の京都への先行投資については知恵産業の創出や観光振興の充実に力を注いだほか,岡崎地域や梅小路公園整備などの地域資源を生かした取組も予算案に盛り込まれております。このように23年度予算案は,財政構造改革の推進と政策の推進を両立させるとの市長の強い思いが表れた予算案となっております。
いよいよ門川市長の任期の4年目であり,京都未来まちづくりプランの総仕上げとはばたけ未来へ!京プランのスタートダッシュの年を迎えます。また,財政構造改革の本格的な取組を推進する年でもあります。

曽我修議員
(中略)
まず,30周年を迎える地下鉄事業について,特に経営健全化計画の柱であります1日5万人の増客目標の達成に向け,全庁的な地下鉄増客推進本部の下に公共交通優先の歩くまち・京都の取組とともに沿線への施設の誘致をはじめ地下鉄を生かしたまちづくりを進め,特に山ノ内浄水場跡地活用,岡崎地域の活性化などについて全庁挙げてスピード感を持って取り組んでいただくことを強く求めます。また平成25年度での年間5億円の収入確保に向けコトチカ四条に続き,本年5月烏丸御池駅リニューアルに伴う出店をはじめ,京都駅においても平成24年度中の開業を目指し取組をスタートしていただいておりますが,関係機関との協議を着実に進め新たなにぎわいを創出していただき収入確保に取り組んでいただきたいことを求めます


■京都市会会議録速報版
■3月15日開催分(議案処理等)(500KB)

関連リンク
■2011-02-28 平成23年第2回定例会会議録(速報版)代表質疑等-「京都市会会議録」
■2011-03-01 平成23年第2回定例会会議録(速報版)代表質疑等-「京都市会会議録」

■津田大三 自民党 京都市会議員HP
■とがし豊 日本共産党 京都市会議員HP
■山元あき 自民党 京都市会議員HP
■曽我修 公明党 京都市会議員HP
■かどかわ大作 京都市長公式HP
■門川大作-Wikipedia
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-03-15 00:00 | 2011/03
<< 2011-03-17 「京都会... 2011-03-12 「LIV... >>