2011-02-08 第19回 くらし環境委員会記録-その4-「京都市会会議録」
2011-02-08 第19回 くらし環境委員会記録
-その1-
-その2-
-その3-
-その4-
その3のつづき

○委員長(鈴木マサホ) 
 西野委員。

◆委員(西野さち子) 
 この問題については,種々議論を今,されましたけれども,私もこの流れについてはかなり疑問を持っています。実は昨日,予算の内示がありましたよね。そのときにも,ある一企業と話がついたという風なことまではおっしゃいましたけど,ロームという名前は一切出されませんでした。文化市民局が説明されたんじゃないわけですけれども,その共産党の説明の後,入れ替わって,記者発表があったわけですね。戻って来たら,部屋にこの報告が配られるという流れで,議員よりも先に,なぜ記者発表しなければならないのか,記者にはその直後に発表されているわけですよ。だから,こういう流れを見ても,今,自民党の皆さんもおっしゃいました。青木委員もおっしゃいましたけれども,こういう流れがすべて最後まで貫かれているなということについては,やっぱり議会軽視ということは言わざるを得ないと思います。なぜ,議員よりも先に記者に発表しなければならなかったのか。秘密主義って,先ほどもありましたけれども,そのことが本当に議会にとっていいのか,この京都市にとっていいのか,ここの所が,今,この問題についても問い直さなければならない所だと私は思っています。
 終わります。

○委員長(鈴木マサホ) 
 私,委員長として異例の発言をさせていただきたいと思います。
 岡崎の活性化の問題については,昨年の2月の予算市会でも取り上げ,私自身,代表質問で取り上げさせていただきました。非常に注目をしています。そしてまた京都会館の再整備についても,左京区選手の議員ということも含めて,非常に注目をして参りました。そして,また,昨日,他会派の皆さんと同様に予算の内示について受けました。しかし,今回のこのロームの問題について言えば,電話一本が夕方掛かってきただけです。新聞を見て驚いたというのが現状であります。先ほど大西委員がおっしゃいましたけれども,京都会館というのは長年の市民の財産で,諸先輩が築いてこられたものです。ロームという会社がどういう会社か,私は存じ上げませんが,本当にその名前が付くだけで,年間1億数千万円のために,50年というのが本当に妥当かどうか,私は疑問に思っています。色々これは議論になるんではないかと思いますが,今後議会でも,予算市会でも色々と議論になるという前提で,委員長として異例でありますが,発言させていただきたいと思います。
 以上です。
 ほかの一般質問ということで。津田副委員長。

◆副委員長(津田早苗) 
 すいません,私も先ほど,西野委員と同じように,内示のときに一企業がというお話で,あれっという感じで今もおりますけど,その後,家に夕方帰りましたら,15時14分のあのファックス1枚でロームに決まりましたと。じゃ,さっきの事業主というのは,話がうまく行きましたらというような感じで,そのときに内示で聞いていましたので,それが決まったのかと,それがロームさんだったのかという感じだったんですけど。本当に先ほどから皆さん,言っていらっしゃるように,今,議会の在り方が問われているのに,軽視をされているなというのは,私も,えっと思いながら,そのときに内示を聞きながら,それで帰って来たら,そのファックス1枚であったし,今日の新聞を見たら,去年の夏から着々とこの話が進んでいた。前回の委員会でもお話があったように,そのときに例えば会社名とかは言えなくても,このように進んでいますとか言わなくても,やり方としてはあったんじゃないかなと。民間を使っていきたいなとか,いろんな形でやっていますというようなことを言えたんではないかなというのは,思うんですけれど。もちろん,合意ができていないわけですから,現実には言えなくても,こういう手法がありますというようなことが言えたんではないかなと思うんですけど,いかがでしょうか。

○委員長(鈴木マサホ) 
 平竹室長。

◎文化芸術都市推進室長(平竹耕三) 
 昨日の発表の件等について,先ほどから色々御指摘をいただいているところでございますけれども,実際のところ,合意をするという連絡を頂いたのは,市長の記者発表の直前でございましたので,そういった意味では,それまでは基本的にはまだ何もない状態であったというところでございます。
 確かに,今,津田副委員長も御指摘いただきましたけれども,もう少し言える範囲で事前にお話しできればよかったんですけれども,いろんな状況の中でやはりその部分については,私どもの方から申し上げるというのが,非常に難しい状況にあったということしか,今,申し上げられません。大変申し訳ございません。

○委員長(鈴木マサホ) 
 津田副委員長。

◆副委員長(津田早苗) 
 この内容とかうんぬんというのは,もう言えないのは分かりますけれど,やはり今,私たちも議会基本条例,名古屋とか大阪とかありますように,議会の在り方というものが問われているわけですし,市民の代表として,私たちもこの場に立たせていただいているんですし,じゃ,もう本当に議員が,そこら辺をうまく話を出せなかったのかみたいな感じなのか。でも,こっちは質問していても,そちらの方で秘密を持っていたら,どう聞いても,質問しても出てこない話ですので,手法としてはこんな手法もあります,こんな手法もありますというのをちらちらと聞いていれば,まだ,ここだったのかという話も納得はできると思うんですけど,本当に民間会社とのやり取りというのは大変かも分かりませんけど,手法はあったのじゃないかなと思うと,私も不信と言うか,そういう思いがあります。
 以上です。

○委員長(鈴木マサホ) 
 じゃ,富委員,もう一度どうぞ。

◆委員(富きくお) 
 一言,最後言わせてもらいます。これは市民の財産なんですわ。だから,京都市が独自で持っているものと違うんですよ。そこをはき違えてはるような気がします。だから,民間の持っておられるドームとかそういうものは,民間が資金が足らんから,民間同士で色々企業提携みたいな形で隠密裏にやることは,それは構わない。しかしながら,これは市民の財産ですよ。これ,京都市の皆さんのものじゃないんですよ。市民の財産ですから,だからこういうことをされるんであれば,オープンにしないかんですよ。オープンにやらなきゃいけない。オープンにやらずに,財源がないから,財源を得るためには,例え市民の財産であっても,隠密裏で交渉するということは絶対やってはいけないことやと,私はそのように思います。それを苦言して終わります。

○委員長(鈴木マサホ) 
 青木委員。

◆委員(青木よしか) 
 確認を今までのことでしたいのですが,非常に難しい問題やなと,委員の皆さんの指摘を聞きながら思ったんですが,企業の中でも,どんなことでも,例えば土地をはじめ株式,財産を取得するというのは非常にどの会社でもトップシークレットで行われます。会社の経営,利益,すごく微妙な話でも,取得,売却,財産にかかわる話というのは会社を左右しますので,そういった意味で今回対象となったロームさんに対しても,ロームさんは企業の中で,ローム側としてもトップシークレットで恐らく交渉と言うか,協議に応じてきてくださっただろうし,それをおもんばかった部分が京都市にもあったんだろうというのを,私は推察します。そして,オープンに,オープンにというのは確かにそうなんですが,私が信じたいのは,文化市民局さんが今回,限られた方々だけでこの話を進めてこられたのは,やはり財源がない中で,それでも再整備をしなければいけない,それのためにやっぱり先立つものとして財源を確保しなければならない。本当に守るべきは,この京都会館と,そしてそこで文化を提供する最高の舞台芸術を京都市民に提供するといことが一番守るべきものであって,それまでの手法というのは,それこそこの話がもっと早く,オープンにということで,広く公募をされたりとか,議会への報告も含めて,たくさんの市民の方に言われることで,例えば,今まで破談になっていたとすれば,私はそれは本当の政策目的が何だったのかというのを,今,市民は議論をするべきなんだろうという風に思いますので,結果,議会に報告がなかった。結果,私も報道で知ったことになったわけですが,京都市が守りたかったのは,ロームの利益ではなくて,京都市のとにかく50億円が欲しかったではなくて,その向こうにある政策の目的であるということをしっかりと表明をして,説明をいただきたいと思うんですが,いかがでしょうか。

○委員長(鈴木マサホ) 
 山岸局長。

◎文化市民局長(山岸吉和) 
 先ほどから申し上げておりますように,極めて異例な進め方をしたということは思っております。今,青木委員からもございましたように,景気が低迷している中で企業の業績も非常に不安定な状況でございます。こういう中で,これだけの高額の資金を企業としても出すに当たっては,特にインサイダー情報の問題は厳しく企業の中でも判断されておられます。そういう中で,私どもも同じように秘密の中で進めざるを得なかった,そういう面は確かにございます。ただ,もう少し,どういう発表の仕方,情報の出し方があったのかということについては,私どもも反省すべき点は多くあったと考えております。

○委員長(鈴木マサホ) 
 平竹室長。

◎文化芸術都市推進室長(平竹耕三) 
 青木委員が御指摘になりましたように,我々と致しましては,やはり京都会館を何とかこのタイミングで再整備をしたいと。折角基本計画を策定しておりますので,何とかそれを実現したいということで,市民にそういう発表の場や鑑賞の場を提供し続けたいと。あるいは,岡崎の活性化に寄与したいという風な思いで,私どもとしては事業を進めているというのが根本でございまして,今の財政状況の中でそういった意味ではある程度の民間資金に頼らざるを得ないという状況がある中でそれを進めようということで今回の件に至ったということでございます。

 以上でございます。


2011-02-08 第19回 くらし環境委員会記録-その4-「京都市会会議録」

西野さち子 京都市会議員
京都市会議員 鈴木マサホ 公式Webサイト
津田早苗 京都市会議
富きくお 自由民主党京都市議会議員団
京都市会議員 青木よしか 公式Webサイト
山岸吉和 文化市民局長
平竹耕三 文化芸術都市推進室長

2011-02-08 第19回 くらし環境委員会記録-その1-「京都市会会議録」
2011-02-08 第19回 くらし環境委員会記録-その2-「京都市会会議録」
2011-02-08 第19回 くらし環境委員会記録-その3-「京都市会会議録」

議会 関連記事

関連リンク
2011-10-16 京都会館建て替えに異論続出(2)当初は自民党議員が怒った堀内隆喜-「JANJANブログ」
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-02-08 00:00 | 2011/02
<< 2011-02-09 京都会館... 2011-02-07 50年間... >>