2011-11-11 京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-3 松隈洋--「ねっとわーく京都12月号」
京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-3 松隈洋--「ねっとわーく京都12月号」
連載2のつづき

 こうして、前川が独自に切り拓き、京都会館に実現させた、モダニズム建築の地平が理解できると思う。そこに生み出されたのは、まったく新しい、都市へと開かれた公共空間なのだ。
だれもがふらりと立ち寄って、たたずむことのできる場所であり、歩むに従って、次々に風景が展開し、どこからどこまでが建物でどこからが庭園だという境界も消えた、ある全体性をもった居心地の良い空間の連続する風景・・・。まさしく、浜口の言う、「人間的」で、「大勢の人間が楽しくそこに集う日」に「そのもっとも見事な姿」を示す、そのような空間こそ、前川は示そうとしたのだと思う。
 残念ながら、京都会館に実現された公共空間は、それ以降に建てられた周囲の建物に引き継がれることはなかった。だからこそ、その価値を見つめ直し、共有することが求められているのではなかろうか。ぜひ、そんな目で、京都会館【図5】を追体験してみてほしい。新たな発見があるに違いない。

d0226819_12384550.jpg

d0226819_12385486.jpg

d0226819_123933.jpg

■京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-3 松隈洋--「ねっとわーく京都12月号」

関連リンク
2011-12-10 京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-4 最終回 松隈洋--「ねっとわーく京都1月号」
2011-11-11 京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-3 松隈洋--「ねっとわーく京都12月号」
2011-10-11 京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-2 松隈洋--「ねっとわーく京都11月号」
2011-09-10 京都会館と 建築家 前川國男の求めたもの-1 松隈洋--「ねっとわーく京都10月号」
松隈洋関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2011-11-11 00:00 | 2011/11
<< 2011-11-12 次期都市... 2011-11-08 京都市議... >>