人気ブログランキング |
2012-03-06 京都会館建物価値継承委員会 第4回会議 傍聴メモ(1) 事務局説明 改修部分について他
※京都市の第4回京都会館の建物価値継承に係る検討委員会 摘録が03/27に公開されましたので、下記にあわせて掲載させていただいています。(2012/03/27記)


京都会館建物価値継承委員会 第4回会議 傍聴メモ(1) 事務局説明 改修部分について他
岡崎委員:

今回の会議は前回議論になりました、共通ロビーの考え方と、既存意匠の継承に関する前回の議論を踏まえまして具体的に検討された内容について説明していただきます。これらを踏まえた基本設計案についてそれぞれ、説明をいただきます。これを受けまして本委員会の当初の目的にもありますように、建物価値の継承の考え方と外観デザインについて最終的な方向性を示していただきたいと考えています。

これ以外にもご意見ある方は提言していただいて結構かと思います。
それでは事務局からお願いいたします。

平家(事務局)

本日も宜しくお願いいたします。
ただいま委員長から話しがありましたように、京都会館の建物価値についてご検討していただきました、今後その価値の継承の仕方についても更に議論をしていただいたところです。
本日それを受けまして、私どもから3点ご説明させていただきたいと思います。
まず1点は、京都会館のマテリアルごと、材料ごとの既存意匠ごとの継承についてご説明させていただきます。
また2点目は共通ロビーの意匠の考え方
3点目は景観に関する説明等々説明させていただきます。


福島(事務局)

それでは配布しました資料の1から6まで説明させていただきます。

3回の検討委員会で京都会館の建物価値として優れているところとして確認していただいた二条通りからピロティを抜けて中庭に至る動線、さらには第1ホールエントランスから冷泉通りを見通せる抜けをしっかりと継承することとしています。またピロティ中庭の価値を継承し、魅力的な空間として整備することにしています。
さらに建て替える第1ホールは大庇とその陰影やその壁面位置は継承することにしています。
これらの建物価値をしっかり継承した上で機能面で現代的ニーズにこたえられるように基本設計作業をすすめています。

本日提示しました、配置図、平面図案については現在検討中のものであり、関係部署等々調整により、若干変わることもありますので、ご承知おきください。

1枚目の配置図兼1階平面図 pdfダウンロード

では、二条通りから中庭を経て共通ロビーとして東側の屋外空間の広がりをもたせた開放感のある抜けの空間を確保しています。
建て替える第1ホールについても大庇とその陰影を守り、北側及び東側の壁面位置を継承しています。

中庭の床仕上げについては竣工時の意匠を回復させピロティの床仕上げと連続させることとします。また会議棟北側の中庭は屋外イベントも可能な床仕上げを検討して魅力的な空間として整備します。
d0226819_22284589.jpg

2枚目の2階平面図では第1ホールと第2ホール、会議棟をつなぐ共通ロビーを設けております。内部空間の流れを魅力的なものとするとともに、吹き抜けや階段により上下階の空間が一体的になる工夫を行っております。また多目的ホールについてはバリアフリーに配慮し、新たに2階からの人の出入りが可能なように動線を確保しました。
d0226819_22285624.jpg

3枚目の3階平面図では第2ホール横の階段と吹き抜けを生かして上下階の空間のつながりをもたせ各ホールの新たな人の流れを創出しております。前回の平面図から2階便所の位置を見直すことによって吹き抜けのひろがりをもたせました。

d0226819_2229652.jpg

4枚目は4階、5階平面図と屋上を示しております。屋上緑化の範囲については今後検討していくつもりです。
d0226819_22291712.jpg


次に資料2の改修部分色分け図をご覧ください。pdfダウンロード

第3回の検討委員会で今回の再整備により建物の外観に影響する部分が図面がどのように改修されるのかわかるようなものが必要であるとのことで、整備内容を比較的健全な状態で補修の必要がないものを緑色、補修を要するものを水色、著しい劣化がみられ、交換が必要なものは赤色、それ以外の更新する箇所をオレンジ色で立面図に色分けしたものです。

1枚目上段は南側立面図を示しています。
大庇の出隅部分は交換しますが、それ以外は現状を残し必要な補修を行います。
第2ホール西側のホワイエ、会議棟1階のにぎわい施設部分開口部については更新を

下段は西側立面図を示しています。
第2ホールの大庇の出隅部分は交換しますがそれ以外は現状を残し必要な補修を行います。第1ホール、第2ホール1階の便所は更新をします。
d0226819_2225192.jpg

2枚目は東側立面図を示しております。
第1ホールについては南側1スパン分は残し、それ以外は更新します。
既存建物の大庇の出隅部分は交換しますが、それ以外は現状を残し必要な補修を行います。会議棟1階壁面、及び第2ホール1、2階東側、共通ロビー部分は更新します。
尚、北側立面図については建物すべてを更新する第1ホール部分ですので、図面は割愛させてもらいます。
d0226819_22321.jpg

資料3の立面図案です。pdfダウンロード


A3サイズの図面が5枚(*)ございます。
(*)尚、3/9(金)現在 京都市情報館より公開中の「京都会館の建物価値継承に係る検討委員会」における配布資料3/7公開 資料3 立面図案(ファイル名:4_04_siryou3.pdf サイズ:1.37 メガバイト)では3/6委員会当日配布中5枚のうち2枚が掲載されていません。掲載されていないものは2枚目の北側立面図4枚目の東側立面図です。したがって、本項掲載分は3/6委員会当日配布資料より再掲いたしました。(2012年3月9日12:00記す)



各立面図案は上段が現況の立面図で、下段が再整備後の立面図で、建物の外観として重要な要素と、改修方法、仕上げ等について示しています。
1枚目の立面図は南側立面図を示しています。
大庇の出隅部分は撤去し、プレキャストコンクリートにより竣工時の意匠に交換します。それ以外の既存部分は下地補修を行ったのちコンクリート中性化防止のため樹脂塗装を行い、その陰影を守ります。サッシカーテンウォールについては建具補修し、現状のものを使用することとします。
ただしガラスについては耐震性と断熱性を向上させる必要があるため交換いたします。
会議棟1階の賑わい施設のコンクリートルーパーについては出入り口など機能上必要な部分は撤去します。
d0226819_2231128.jpg


2枚目の立面図は北側立面図を示しています。建て替える第1ホールの大庇は既存部分と同じ形状でプレキャストコンクリートで再現します。柱、梁部分については既存の割付を継承し、コンクリート打放し仕上げを検討しています。開口部は既存のサッシ割りを踏襲し材料については現在検討しています。
d0226819_23104368.jpg


壁面部は色味風合いを合わせたレンガ積みを検討しております。
客席上部の屋根部分は金属板トキとし、大庇の水平線を強調しボリューム感をなくす工夫をしています。フライタワー部分の壁につきましては、分割したテラコッタタイルの打ち込みプレキャストコンクリート板として上部はプレキャストコンクリート板を仕上げとしています。そうすることにより景観に溶け込むデザインとしています。
3枚目の立面図は西側立面図を示しています。建て替える第1ホールの舞台側壁面は第2ホールの壁面位置とそろえるとともに、杉板化粧型枠打ち放しコンクリート仕上げとしています。舞台資材の搬入のため、第1ホールから第2ホールに連続して雨よけの庇を設けます。
d0226819_2232555.jpg


4枚目の立面図は東側立面図を示しています。今回第1ホールと第2ホール、会議棟を内部空間でつなぎ新たな人の流れをつくるため、あらたにガラスのカーテンウォールを設けています。また会議棟1階の増築された部分については竣工時の壁面位置にもどします。
建て替える第1ホールの柱、梁部分は既存の割付を継承し、杉板化粧型枠のコンクリート打ち放し仕上げとしています。開口部については既存のサッシ割を踏襲します。
d0226819_2311133.jpg


5枚目の立面図は中庭側の立面図を示しています。図面左側の立面図はにぎわい施設のコンクリートルーバーについては、出入り口など機能上必要な部分については撤去します。
図面右側の共通ロビー部分は新たにガラスのカーテンウォールを設けています。
今回第1ホールと第2ホール、会議棟を内部棟でつなぎ、あらたな人の流れをつくるためガラスのカーテンウォールを設けていますが、既存のバルコニーの手すりをガラス越しにみせることにより、既存の建物の雰囲気が感じられるように工夫をしています。
d0226819_2233570.jpg


岡崎甚幸 武庫川女子大学生活環境学部建築学科教授、京都大学名誉教授 委員長に選任
平家直美 公共建築担当部長 都市計画局公共建築部事務局員
福島正俊 建築担当課長 都市計画局公共建築部事務局員

■京都会館建物価値継承委員会 第4回会議 傍聴メモ(1) 事務局説明 改修部分について他

■京都会館の建物価値継承に係る検討委員会関連記事
京都会館の建物価値継承に係る検討委員会について-「京都市情報館」
2012-03-06 京都会館の建物価値継承に係る検討委員会-第4回出席者紹介/配布資料



第4回京都会館の建物価値継承に係る検討委員会 摘録より
pdfダウンロード
1 開 会
(1) 資料の確認
事務局

2 議 題

岡﨑委員長

・ それでは,本日の議事を進めさせていただく。
今回の会議では,前回に議論のあった共通ロビーの考え方,既存意匠の継承に関する議論を踏まえ,具体的に検討された内容について,また,これらの検討内容を踏まえた基本設計案について,それぞれ事務局から説明を受ける。
・ これを受けて,本委員会の当初の目的にあるように,建物価値の継承の考え方と外観デザインについて,最終的な方向性を示していきたいと考えている。
・ 今回の説明以外にも各委員の皆さんから御意見があれば,発言をお願いしたい。
それでは,事務局から説明をお願いする。


事務局(平家都市計画局公共建築部長)

・ これまで,この委員会で京都会館の建物価値について,また,その価値の継承の仕方について御議論を重ねていただいた。
本日,これらの議論を受けて,事務局から以下の3点について説明をさせていただきたい。
①京都会館のマテリアルごと,材料ごとの既存意匠の継承に関する検討について
②共通ロビーの意匠の考え方
③景観に関する検討
について説明させていただく。


事務局(福島都市計画局公共建築部建築担当課長)

・ 配布した資料1から6について説明させていただく。
これまで3回の委員会で,京都会館の建物価値の優れているところとして確認いただいた,二条通からピロティを経て,中庭に至る動線,さらに,第一ホールのエントランスから冷泉通を見通せる「抜け」をしっかりと継承することとしている。
・ また,ピロティ,中庭の価値を継承し,魅力的な空間として整備することとしている。
さらに,建て替える第一ホールについては,大庇とそれによって生じる陰影や壁面位置は,継承することとしている。
・ これらの建物価値をしっかり取り入れたうえ,ホールとして機能面で現代的ニーズに応えられるよう基本設計の作業を進めている。
・ 本日提示した配置図案,平面図案及び立面図案等については,本検討委員会や施設利用者等の御意見を踏まえ,検討を行っている基本設計案である。
今後,関係部署との協議等により,若干変更もあり得る点は御承知願いたい。

(1) 基本設計案についての説明
(資料1「配置図・平面図案」の説明)
・ 配置図兼1階平面図では,二条通から中庭を経て共通ロビーと東側の屋外空間の広がりを持たせた開放感のある「抜け」の空間を確保している。
建て替える第一ホールについても,大庇とそれによる陰影を守るとともに,北側及び東側の壁面位置を継承する。
・ 中庭の床の仕上げについては,竣工時の意匠を回復させ,ピロティの床仕上げと連続させることとする。また,会議棟北側の中庭は,野外イベントも可能な床仕上げを検討し,魅力的な空間として整備する。
・ 2階平面図では,第一ホール,第二ホール及び会議棟をつなぐ共通ロビーを設け,内部空間の流れを魅力的なものとするとともに,吹抜けや階段により,上下階の空間が一体的になる工夫も行った。また,多目的ホールについては,バリアフリーに配慮し,新たに2階からの人の出入りが可能なように動線を確保する。
・ 3階平面図では,第二ホール横の階段と吹抜けを活かし,上下階の空間的なつながりを持たせ,各ホールに新たな人の流れを創出する。なお,前回提示した平面図案から2階便所の位置を見直し,吹抜け部分に広がりを持たせた。
・ 4階,5階平面図と屋上において,屋上緑化の範囲については,今後の検討である。

(資料2「改修部分色分け図」の説明)
・ 第3回の検討委員会で,今回の再整備により,建物の外観に影響する部分がどのように改修されるのか分かるような資料が必要であるとの御意見をいただいた。
・ 整備内容を「比較的健全な状態であり,下地等補修の必要がないものを緑色」,「補修を要するものを水色」,「著しい劣化が見られ,交換が必要なものを赤色」及び「それ以外の更新する箇所をオレンジ色」で立面図に色分けしたものである。
・ 1枚目の上段は南側立面図を示している。
大庇の出角(ですみ)部分は交換するが,それ以外は現状を残して必要な補修を行う。
第二ホール1階ホワイエの西側の便所及び会議棟1階の賑わい施設部分の開口部については更新する。
・ 1枚目の下段は西側立面図を示している。
第二ホールの大庇の出角部分は交換するが,それ以外は現状を残し,必要な補修を行う。
第一ホール全体及び第二ホール1階の便所にあたる部分は更新する。
・ 2枚目は東側立面図を示している。
第一ホールについては,南側1スパン分は残し,それ以外は更新する。
既存部分の大庇の出角部分は交換するが,それ以外は現状を残し,必要な補修を行う。
会議棟1階壁面及び第二ホール1,2階東側の共通ロビー部分は更新する。
なお,北側立面図については,建て替える第一ホール部分のみが表されるため,割愛している。

(資料3「立面図案」の説明)
・ 各立面図の上段が現況の立面図,下段が再整備後の立面図であり,建物の外観として重要な要素と改修方法及び仕上げ等について示している。
○ 南側立面図
・ 大庇の出角部分は撤去し,プレキャストコンクリートにより竣工時の意匠で交換する。
それ以外の既存部分は,汚れを取り除いた後,コンクリートの中性化防止のため,樹脂塗装を行い,庇により生じる陰影を守る。
・ サッシ,カーテンウォールについては,補修及び建具の調整を行い,現状のものを引き続き使用することとする。
ただし,ガラスについては,耐震性及び断熱性を向上させる必要があるため交換する。
・ 会議棟1階の賑わい施設部分にあるコンクリートルーバーについては,新たな出入口等,機能上必要な部分は撤去する。
○ 北側立面図
・ 建て替える第一ホール部分の大庇については,既存部分と同じ形状で,プレキャストコンクリートで再現する。
・ 柱,梁部分については,既存の割付を継承し,杉板化粧型枠のコンクリート打放し仕上げを検討している。
・ 開口部は,既存のサッシの割付を踏襲することとし,材料については,現在検討している。
・ 大庇よりも下にある壁面は,色味や風合いを合わせた煉瓦積みを検討している。
・ 客席上部の屋根部分は金属板葺とし,水平線を強調させることでボリューム感をなくす工夫をしている。
・ フライタワー部分の壁面は,上下を2つに分割することでスケール感を減らし,その下部の仕上げはテラコッタタイルを打ち込んだプレキャストコンクリート板,上部はプレキャストコンクリート板素地による仕上げとし,景観に溶け込むデザインといる。
○ 西側立面図
・ 建て替える第一ホールの舞台の壁面は,第二ホールの壁面位置にそろえ,特殊化粧型枠コンクリート打放し仕上げとする。
舞台資材の搬入のため,第一ホールから第二ホールに連続した雨よけの庇を設ける。
○ 東側立面図
・ 今回,第一ホール,第二ホール及び会議棟を内部空間でつなぎ,新たな人の流れをつくるため,新たにガラスのカーテンウォールを設ける。
・ 会議棟1階に増築された部分については,竣工時の壁面位置に戻す。
・ また,建て替える第一ホールの柱,梁部分は既存の割付を継承し,杉板化粧型枠のコンクリート打放し仕上げを検討している。
開口部についても,既存のサッシの割付を踏襲する。
○ 中庭側立面図
・ 図面左側の南側立面図の1階賑わい施設部分のコンクリートルーバーについて,出入口等の機能上,必要となる部分は撤去する。
・ 図面右側の北側立面図の1,2階の共通ロビー部分は,新たにガラスのカーテンウォールを設ける。


by 2011-kyoto | 2012-03-06 00:01 | 2012/03
<< 2012-03-06 京都会館... 2012-03-06 京都会館... >>