2012-08-14 「京都会館解体は違法」 工事差し止め求め住民ら提訴-「産経新聞」
「京都会館解体は違法」 工事差し止め求め住民ら提訴
2012.8.14 02:02

 京都市が全面改修計画を進めている京都会館(同市左京区)をめぐり、会館第一ホールの解体工事は違法として、地元住民ら112人が13日、工事の差し止めを求める住民訴訟を京都地裁に提起した。

 原告側は、歴史的価値の高い会館の建て替えは、「財産の効率的な運用を定める地方財政法に違反する」と主張。また、会館のある岡崎地区では、景観保護の観点から建築物の高さが15メートル以内に制限されていたにもかかわらず、市が制限を緩和して約30メートルのホールの建設を計画していることは裁量権の逸脱で無効としている。

 訴状などによると、会館は昭和を代表する近代建築家、前川國男氏が設計したコンサートホールで、昭和35年に開館。老朽化のため、市は事業費約110億円をかけて9月にも全面改修工事に取りかかる予定。

 市文化芸術企画課は「訴状が届いていないので詳しいことはコメントできないが、工事は合法と考えている」としている。

d0226819_112133.jpg

■「京都会館解体は違法」 工事差し止め求め住民ら提訴-「産経新聞」
2012-08-13 京都会館解体工事差止を請求する住民訴訟を提訴、記者会見が行われました
京都会館問題住民訴訟関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-08-14 00:01 | 2012/08
<< 2012-08-14 京都会館... 2012-08-13 戦後モダ... >>