2012-08-14 京都会館解体中止を求め提訴-「京都新聞」
京都会館解体中止を求め提訴 京都地裁に市民ら

 京都市が2015年度内の開館を目指す京都会館第1ホール(左京区)の建て替えをめぐり、会館の保存を訴える市民112人が13日、門川大作市長に対し、建て替え後の会館の基本設計が地区計画や市風致地区条例に違反するなどとして、同会館の解体工事の差し止めを求めて京都地裁に提訴した。

 訴状によると、新たな京都会館の基本設計は最高部の高さが約31メートルあり、勾配屋根のない箱形部分が建物にあることなどから「近隣景観との調和が破壊される」とし、地区計画や同条例などに反するとした。また、地域住民の居住しない会館周辺に絞って市が建物の高さ規制を緩和した点について「手続き上、許されない」とした。

 原告代表の吉田和義さん(79)=左京区=は「住民の意思を尊重せずに建設を進めることは納得できない」と主張し、市文化芸術企画課は「景観への影響計について議論を踏まえた上の設計で、良好な景観に寄与できる」としている。

d0226819_13363084.jpg


■京都会館解体中止を求め提訴-「京都新聞」

2012-08-13 京都会館解体工事差止を請求する住民訴訟を提訴、記者会見が行われました
京都会館問題住民訴訟関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-08-14 00:05 | 2012/08
<< 2012-08-15 京都会館... 2012-08-14 京都市長... >>