2012-08-14 京都市長に差し止め訴え 京都会館解体-「朝日新聞」
京都市長に差し止め訴え 京都会館解体

 京都市が建て替える計画の京都会館(左京区)の第1ホールについて、地元住民ら112人が13日、門川大作・京都市長を相手取り、建物の解体の差し止めを求める住民訴訟を京都地裁に起こした。

 訴状によると、原告らは建築家の故・前川国男の設計で1960年にできた京都会館は歴史的、文化的な価値が高く、解体は「財産の効率的な運用」を定めた地方財政法に違反すると主張。市がまちづくりの方針を定める「地区計画」を利用して、周辺の高さ規制を15メートルから31メートルまで緩和した手続きは、地区計画制度の目的に反しているとしている。

 市は第1ホールを9月から取り壊し、2015年度の開館を目指している。市の担当者は「訴状は見ていないが、違法性がないことを裁判で訴えていきたい」と話している。(合田禄)
d0226819_13413890.jpg

■京都市長に差し止め訴え 京都会館解体-「朝日新聞」

2012-08-13 京都会館解体工事差止を請求する住民訴訟を提訴、記者会見が行われました
京都会館問題住民訴訟関連記事
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-08-14 00:04 | 2012/08
<< 2012-08-14 京都会館... 2012-08-14 京都会館... >>