2012-09-10 半世紀の歴史に幕 京都会館第1ホール-「京都新聞」
半世紀の歴史に幕 京都会館第1ホール

 京都市が全面改修する左京区の京都会館で10日、第1ホールの解体工事が始まった。地上6階地下2階の新ホールを新築する計画で、2015年8月の完成を目指す。

 この日は、業者が資材を搬入した。工事は来年3月までの予定で、第1ホールを鉄板や足場で覆った後、全体を解体する。

 戦後モダニズム建築を代表する建築家・故前川國男氏が設計した会館の文化的価値が損なわれるとして、再整備に反対する住民ら約30人がこの日、「オペラハウスはいらない」「景観条例を守れ」と会館前で声を上げた。

 新第1ホールは舞台屋根の高さを現在の14メートルから27メートルにする。座席数は2001席で、延べ床面積は現ホールの1・3倍となる。第2ホールと会議棟は現建物を生かしながら内部を改装する。

 京都会館は1960年に開設された。バリアフリー対応の遅れが目立ち、近隣府県の大規模ホールとの競争で公演が減っている。
【 2012年09月10日 23時47分 】
(紙面掲載は9月11日)
d0226819_19433258.jpg

■半世紀の歴史に幕 京都会館第1ホール-「京都新聞」

2012-09-10 京都会館の建て替え工事始まる 住民らは反対運動-「朝日新聞」
2012-09-11 「京都会館」改修始まる 15年度オープン目指す-「読売新聞」
2012-09-10 昭和の遺産・京都会館の解体スタート ユネスコ諮問機関が見直し要請も-「msn産経ニュース」
[PR]
by 2011-kyoto | 2012-09-10 00:00 | 2012/09
<< 2012-08-28 京都会館... 2012-09-09 「もっと... >>