2013-02-14 京都市予算案/普建費11%増598億/防災・老朽化対策に力点ー「建設通信新聞」
京都市予算案/普建費11%増598億/防災・老朽化対策に力点

京都市は13日、2013年度予算案を公表した。一般会計は前年度比0.2%減の7365億5300万円。特別会計は2.0%減の7120億円、企業会計は16.8%減の2301億9000万円となり、総額は2.0%減の1兆6787億4300万円となった。
 12年度の特殊要因を除くと実質的には、12年度当初予算を上回り、同年度2月補正予算案115億円(国の経済対策分)を含め、積極予算として編成した。
 普通建設事業費は、防災・老朽化対策に力点を置いた結果、11.0%増の598億円3200万円となり、一般会計に占める割合は8.1%となった。補正予算案の経済対策分115億円を合わせると、前年度比32.0%増の約714億円となる。
 市庁舎整備基本計画策定に5080万円、京都会館再整備に28億9926万円、ハンナリーズアリーナ改修に14億9400万円を計上した。
 このほかの主な事業は次のとおり(単位100万円、新は新規事業)。
 ▽美術館将来構想策定=8▽新「京都市動物園構想」推進=1087。管理棟整備など▽宝が池公園体育館整備基本調査=5(新)▽市有建築物耐震改修=43(新)▽京都動物愛護センター(仮称)整備=268(新)。
 ▽既存建築物耐震化対策強化=296▽京都駅南口駅前広場整備=167。調査・設計▽「歩いて楽しい東大路」歩行空間創出=50。予備設計など▽駅などのバリアフリー化推進=46▽京都のまちにふさわしい公共交通検討調査=10(新)。LRT、BRT導入検討。
 ▽平成の京町家普及促進=50▽市営住宅ストック総合活用=650。鈴塚市営住宅新棟建設など▽新たな崇仁まちづくり=103。改良住宅建設、区画整理第2地区の基礎調査と用地測量など▽梅小路公園周辺整備=139。歩道整備▽四条通拡幅=429(新)▽梅小路公園拡張整備=350▽無電柱化=200。
 ▽いのちを守る都市基盤防災・減災対策プロジェクト=2160。橋梁健全化推進など▽防災センターリニューアル整備=100(新)▽地下鉄烏丸線可動式ホーム柵整備=247。
 ▽上水道施設整備=11000▽公共下水道建設=17800▽老朽化水道管更新・耐震化促進=6748▽大規模太陽光発電設置=804。2カ所。
 ▽学校新増改築=3344。御所南小学校校舎基本計画策定、設計業務。錦林小学校・新洞小学校統合整備など▽学校施設耐震化=419▽学校体育館・プール整備=651。
[ 2013-02-14 13面]
d0226819_9365523.jpg


■京都市予算案/普建費11%増598億/防災・老朽化対策に力点ー「建設通信新聞」
[PR]
by 2011-kyoto | 2013-02-14 00:00 | 2013/02
<< 2013-02-13 神宮道1... 2013-02-12 外観その... >>